去年の珠玉の症例(集)

毎年の事ですが、あっという間に一年が過ぎます。日々、大量に読影をする日もあればサボっていることもあり、診断に難渋したはずの症例や、手術結果や臨床経過を確認しておきたい、と強く思った症例も、どんどん記憶から消え去っていきます。
滞り気味の徒然草に、去年のイチオシ症例の事でも書いてみようと思いましたが、すぐには思い出せず、、、。次々と未整理のデータが蓄積するばかりのスマホの写真フォルダからかろうじて、症例を見つけ出しました。それが図1です。
どこがイチオシや、と思われるかと思いますが、よく見てください。何をしてたらこういうことになるのか、未解決のままです(怠慢で調べていない)。
ほか、たいしたもの見つけられなかったのですが、番外編として図2を提示いたします。
頭部打撲の精査のためのCT依頼票に、記載されていたお顔のイラスト、大きなタンコブのようなものがいい味出してます。手書きならではの味わいがありますね。

もっといい症例お持ちの方、ご連絡お待ちしています!