<血管撮影とは>
  足の付け根や手首の血管などから、カテーテル(樹脂でできた直径1-2mmの長い管)を目的の血管まで挿入して造影剤を注入し血管の走行や状態を見る検査です。その時にそのカテーテルを利用して、狭くなった血管を広げたり、腫瘍の血管を詰めたり、また体内の出血を止めるなどの治療にも応用されています。( Interventional Radiology : IVR )


<IVRの種類>
血管系

塞栓術(TAE) 血栓溶解療法(PTR)
動注療法(TAI) 血管形成術(PTA) など

非血管系

経皮的胆管ドレナージ(PTCD) 腎尿路系の外ろう 膿瘍ドレナージ 経皮的エタノール注入療法
胆嚢ドレナージ(PTGBD) 経皮的胃ろう造設術 非血管系ステンティング 経皮的生検(biopsy) など

< 血管撮影室について........>
 当施設は3室に3台の血管撮影装置およびCT装置を有し、診断目的や治療の方法により装置を使い分け、血管撮影やカテーテルを利用した治療( IVR) を最新の医療機器を使用し、患者様にやさしく、高度な医療を地域に提供しています。



主に脳血管撮影、脳血管内手術を行っています。
TOSHIBA Infinix Celev&CT System腹部アンギオ

血管撮影時、部屋を移動すること無くそのままで、CT撮影できます。より安全に確実な診断、治療ができます。
SIEMENS_AXIOMSIEMENS_AXIOM

主に成人、小児の心臓カテーテル検査、治療をします。