本文へスキップ

Department of Clinical Nursing, Division of Geriatric Nursing

講座紹介・スタッフ

講座紹介

     

 超高齢社会の到来により、我が国における高齢者の健康問題は多岐にわたっています。当教室は、高齢者のフレイル
や老年症候群の予防、加齢に伴う健康問題について疫学的手法を用いて研究しています。これまでは、転倒予防やフレ
イル予防のための新たな予測因子を明らかにしてきました。今後の研究の方向性としては、これらの知見を重ねていく
こと、さらにこれらの知見を日常のケア場面に反映させたfeasibility studyによる高齢者の健康及び生活の維持に対す
る看護介入の効果検証なども進めていきたいと思っています。
 また、高齢者診療における多職種連携の意義は大きいと考えています。研究においても、臨床看護師や他職種の方々
の力を借りながら、横断的に研究を進めていきたいと思っています。
 私は2017年4月に当教室に着任しました。スタッフも若く発展途上の研究室ですが、論文を読みエビデンスを発見す
る面白さや研究を遂行していく中で種々の研究疑問が解決されていく面白さを共有しながら、楽しく研究を進めていけ
ればと思っています。 高齢者看護に興味のある方、また日頃の臨床での疑問を解決するための研究手法について学びた
い方、当研究室で共に学んでみませんか。スタッフ一同、高齢者の健康問題や研究について、楽しくdiscussionできる
ことを心より願っています。
                                             2017年8月吉日
                                滋賀医科大学 臨床看護学講座 老年看護学
                                           准教授 荻田美穂子

大学院(修士課程)受験希望の方へ→こちらへ



      

スタッフ紹介

  准教授:荻田 美穂子        
      主な研究内容  ・フレイル、要介護予防に関する疫学研究
              ・高齢者の在宅療養移行支援に関する研究
              ・脳神経疾患患者の歩行障害、転倒に関する研究

      メッセージ    7年ぶりに滋賀に戻ってきました。研究の道を志したこの地で再び仕事ができること
               を大変うれしく思っています。日々幸せに老いる方法について考えています。

  助教:簑原 文子        
      主な研究内容  認知症高齢者を介護する家族の代理意思決定支援に関する研究
      
      メッセージ   大学生活、看護師生活、大学院生活、教員生活を滋賀医科大学で学びすこさせていた
              だいております。皆さんとともに高齢者看護学とは何かを学び深めていきたいと思い
              ます。