本文へスキップ

Department of Clinical Nursing, Division of Geriatric Nursing

研究活動

     

競争的資金

現在進行中の研究
●文部科学研究費補助金(若手研究B) (~平成31年3月予定)
 研究課題:フレイルと脳老化の進展に影響する社会環境・生活因子の解明
 代表研究者:荻田美穂子 
●厚生労働省科学研究費補助金 長寿科学政策研究事業(~平成30年3月予定)
 研究課題:住民主体の介護予防システム構築に関する研究 
 分担研究者:荻田美穂子 代表研究者:荒井秀典
●厚生労働科学研究費補助金 長寿科学研究開発事業(AMED) (~平成30年3月予定) 
 研究課題:要介護高齢者半減を目指した日常生活動作指標の開発とテーラーメイド型介入方法の検証 
 分担研究者:荻田美穂子 代表研究者:荒井秀典
●文部科学省科学研究費助成事業(若手研究B)(~平成30年3月予定)
 研究課題:認知症高齢者の胃ろう造設意思決定を行った家族への援助
 代表研究者:簑原文子

2017年以前
●平成26年度公益財団法人長寿振興財団 長寿科学関連学会派遣事業
 研究課題:Social participation is associated with physical frailty in Japanese older adults
 研究代表者:荻田美穂子
●平成24年度滋賀県介護予防推進交付金事業(~平成27年3月)
 研究課題:糖尿病患者の要介護予防状態と日常管理に関する滋賀県下全域での啓発活動
 外部運営委員:荻田美穂子
●厚生労働省科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業(~平成27年3月)
 研究課題:未受診・未回収対策を含めた介護予防標準化に向けたテーラーメード型介護予防法の開発
 分担研究者:荻田美穂子 代表研究者:荒井秀典
●文部科学研究費補助金(若手研究B)(~平成26年3月)
 研究課題:高齢心不全患者の再入院予防のための病訪問連携システムと費用対効果への影響
 代表研究者:荻田美穂子
●京都大学国際会議補助金
 研究課題:Association of the judgment of cognitive function by nurses with Mini Mental State Examination
      in elderly patients
 代表研究者:荻田美穂子
●独立行政法人科学振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業助成金(~平成22年3月)
 研究課題:重心動揺の新たな危険因子としての無症候性脳梗塞:脳磁気共鳴画像による検討
 代表研究者:荻田美穂子
●科学研究費補助金(基盤研究C)(~平成24年3月のうち平成22年3月まで参画)
 研究課題:喫煙歴を有する全入院患者への電子カルテ管理禁煙支援プロトコール開発と看護介入効果
 連携研究者:荻田美穂子 代表研究者:宮松直美
●科学研究費補助金(基盤研究C)(~平成21年3月)
 研究課題:重心動揺の新たな危険因子としての潜在的動脈硬化:頸動脈超音波検査による検討
 連携研究者:荻田美穂子 代表研究者:宮松直美
●科学研究費補助金(若手研究;スタートアップ)(~平成21年3月)
 研究課題:転倒リスク評価のための簡易指標の検討
 代表研究者:荻田美穂子
●財団法人千代田健康開発事業団『医学研究助成』(~平成19年3月)
 研究課題:転倒リスク評価のための簡易指標の検討
 分担研究者:荻田美穂子 代表研究者:宮松直美

著書

荻田美穂子. 任和子,大西弘高編.ナーシング・グラフィカ「臨床看護総論」
 「第3章看護活動の視点,1看護活動の場および機会」PP.102-108を担当. メディカ出版. 2014
荻田美穂子,江本千代子. 宇都宮宏子,山田雅子編.
 看護がつながる在宅療養移行支援~病院・在宅の患者像別看護ケアのマネジメント~.
 「第3章疾病管理が必要な患者への在宅療法移行支援,2高齢の慢性心不全患者への在宅移行支援」PP.112-131を担当
  (株)日本看護協会出版会. 2014

学術論文

2017年~
●OKURA M, OGITA M, YAMAMOTO M, NAKAI T, NUMATA T, ARAI H. The relationship of community activities
with cognitive impairment and depressive mood independent of mobility disorder in Japanese older adults.
Archives of Gerontology and Geriatrics 70, 2017, 54-61
●OKURA M, OGITA M, YAMAMOTO M, NAKAI T, NUMATA T, ARAI H. Self-Assessed Kyphosis and Chewing
Disorders Predict Disability and Mortality in Community-Dwelling older Adults. JAMDA 2017 1.e1-1.e6
簑原文子 認知症高齢者の胃ろう造設を代理意思決定した家族の心理的変化 
 —造設から看取り後までー 日本老年看護学会,22(2),2018年1月末発行予定

2017年以前 (主要論文抜粋)
簑原文子、畑野相子:要介護高齢者における皮膚油分水分量の経時的変化と掻痒感の実態 
 滋賀医科大学看護ジャーナル,14(1),2016
●MORIMOTO A, SONODA N, UGI S, MORINO K, SEKINE O, NEMOTO K, OGITA M, TATSUMI Y,
 MURATA S,  MAEGAWA H, MIYAMATSU N. Association between attentional function and postual instability
 in Japanese older patients with disabetes mellitus. Diabetol Int, 2015(in press)
●MORIMOTO A, SONODA N, UGI S, MORINO K, SEKINE O, NEMOTO K, OGITA M, TATSUMI Y,
 MURATA S, MAEGAWA H, MIYAMATSU N. Association between symptoms of bilateral numbness and/or
  paresthesia in the feet and postural instability in Japanese patients with diabetes.
 Diabetol Int, 2015(in press)
●MALINOWSKA B K, OKURA M, OGITA M, YAMAMOTO M, NAKAI T, NUMATA T, ARAI H.
 Effect of self-reported quality of sleep on mobility in older adults. Geriatrics and Gerontology International,
  16(2), 266-271, 2016  (2016年Impact Factor: 2.229)
●SEWO SAMPAIO P Y, CARVALHO SAMPAIO R A, YAMADA M, OGITA M, ARAI H
 Comparison of frailty among Japanese, Brazilian Japanese descendants and Brazilian community-dwelling
  older women. Geriatrics and Gerontology International, 15(6), 762-769, 2015
 (2016年Impact Factor: 2.229)
簑原文子、畑野相子、岡みどり:ライフインタビュー体験の共有がもたらす効果 
 高齢者イメージとエイジズムの観点からの考察 滋賀医科大学看護ジャーナル,13(1),43−46,2015
●AKIGUCHI I, SHIRAKASHI Y, BUDKA H, WATANABE Y, WATANABE T, SHIINO A, OGITA M, KAWAMOTO Y,
 JUNGWIRTH S, KRAMPLA W, FISCHER P. Disproportionate subarachnoid space hydrocephalus—outcome and
 perivascular space. Annals of Clinical and Translational Neurology, 1(8), 562-569, 2014
●SEWO SAMPAIO P Y, CARVALHO SAMPAIO R A, YAMADA M, OGITA M, ARAI H.
 Validation and translation of the Kihon Checklist (frailty index) into Brazilian Portuguese. Geriatrics and
 Gerontology International, 14(3), 561-569, 2014 (2016年Impact Factor: 2.229)
簑原文子、畑野相子:高齢者理解を目的としたライフインタビューの効果 エイジズムをアウトカムとした学びの分析
 滋賀医科大学看護ジャーナル,12(1),27−30,2014
荻田美穂子,荒井秀典. 高齢者における経管栄養療法の現状と課題
 ~医師・看護師へのアンケート調査からみえてきたこと~ Problem of tube feeding for Japanese older adults;
  Questionnaire survey to geriatricians and registered nurse. 日本老年医学会雑誌, 50(4), 498-501, 2013
OGITA M, UTSUNOMIYA H, NIN K, ARAI H. Knowledge and tube feeding practices for older adult patients
  among Japanese registered nurses. International Journal of Clinical Medicine, 4, 208-216, 2013
●MIYAMATSU N. OKAMURA T. NAKAYAMA H. TOYODA K. SUZUKI K. TOYOTA A. HATA T. HOZAWA A.
  NISHIKAWA T. MORIMOTO A. OGITA M. MORINO A. YAMAGUCHI T. Public awareness of early symptoms of
  stroke and information sources about stroke among the general Japanese population: The acquisition of
  stroke knowledge study. Cerebrovascular Diseases, 35, 241-249, 2013 (2016年Impact Factor: 3.359)
●SEWO SAMPAIO P Y, CARVALHO SAMPAIO R A, YAMADA M, OGITA M, ARAI H.
 Importance of physical performance and quality of life for self-rated health in older Japanese women.
 Physical and Occupational Therapy in Geriatrics, 31(1), 1-11, 2013
●CARVALHO SAMPAIO R A, SEWO SAMPAIO P Y, YAMADA M, OGITA M, ARAI H. Urban-rural differences in
 physical performance and health status among older Japanese community-dwelling women.
 Journal of Clinical Gerontology and Geriatrics, (3), 127-131, 2012
OGITA M, TAKECHI H, KOKURYU A, KONDOH H, HAMAKAWA Y, ARAI H.
 Identifying cognitive dysfunction using the nurses’ rapidly clinical judgment in elderly inpatients. Journal of
  Clinical Gerontology and Geriatrics, (3), 21-24, 2012
OGITA M, UTSUNOMIYA H, AKISHITA M, ARAI H. Indications and practice for tube feeding in Japanese
  geriatricians: Implications of multidisciplinary team approach. Geriatrics and Gerontology International,
  12(4), 643-651, 2012 (2016年Impact Factor: 2.229)
荻田美穂子,森本朱美,加藤みのり,吉田裕子,盛永美保,中西京子,小河望,宮松直美. 急性期脳卒中ケアにおける
 神経徴候の観察とアセスメントの実態:滋賀県パイロット調査からの検討. 日本循環器看護学会誌, 6(2), 28-35, 2010
●MORIMOTO A, MIYAMATSU N, OKAMURA T, HOZAWA A KADOTA A, MORINAGA M, OGITA M, KASHIWAGI A,
  UESHIMA H. What psychosocial characteristics are associated with smoking cessation behavior and
  readiness to quit smoking among Japanese male ever-smokers with type 2 diabetes mellitus?
 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 17(4), 361-368, 2010 (2015年Impact Factor: 2.495)
荻田美穂子,森本明子,盛永美保,宮松直美,秋口一郎. 無症候性脳梗塞患者における過去一年間の転倒経験の
 保有状況およびバランス能力. 滋賀医科大学看護学ジャーナル, 7(1), 39-42, 2009
  

学会発表

2017年~