肝癌に対するマイクロ波凝固療法 

MCT(癌の部分を焼灼する方法)

←オープンMRを使用したMCTは当科で開発した「切らずに治す治療法」で、他の病院ではできません

癌に直接マイクロ波電極針を刺入して癌を焼き殺してしまう方法です。マイクロ波による焼灼は原理的には電子レンジとおなじで、100℃近い高温で癌細胞を確実に凝固し殺してしまいます。滋賀医大外科では世界で唯一、垂直型オープンMRIを用い、MR画像を見ながらこの治療を行っています。侵襲の小さな治療法で、複数回の治療が可能です。

 

 

 

 

1.        切らない肝臓の手術ができる条件

l          肝硬変の程度があまりひどくない

l          腹水のコントロールが可能

l          胆道系の感染がない

l          出血傾向がない

l          結節が5個以下

l          直径が5cm以下

 

 

2.        MR−MCT(肝腫瘍マイクロ波凝固療法)の良い点

l          治療途中に効果判定ができる

l          超音波で見えない部分でも治療ができる

l          腹腔鏡や胸腔鏡も併用できる

l          コンピュータを使った高精度の位置決めが可能である

l          温度の表示が可能

l          治療済みの部分のマーキングが可能

 

 

《温度表示画像》

4分割の画面の上段が温度画像。温度の変化がリアルタイムに分かる。

 

 

《胸腔鏡使用例》

超音波では見えない部位にあってもオープンMRを使用すると見えるので、治療が可能です。コンピュータを使った画像処理方法で、治療をおこないます。

 

 

 

 

《フットプリント》

凝固が完了した部分にコンピュータを使って画面上に色を付けて、必要な部分だけを正確に治療できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.        治療成績

l          全症例数    150例

l          原発性肝癌    75例  

l          転移性肝癌    75例  (大腸癌 :60例  乳 癌 :8例  その他 :7例)

  

 

4.        連絡先

l          滋賀医科大学医学部附属病院 消化器外科・乳腺一般外科 077-548-2238 または 077-548-2556

担当:来見良誠  E-mail: kurumi@belle.shiga-med.ac.jp    

     (外来担当: 来見良誠・・・木曜日   仲 成幸・・・火曜日)

l          外来受診を希望される方は、上記にご連絡下さい。