ナビゲーション外科 

 

1.        ナビゲーション外科とは、

現在までの手術は、手術をする人の経験と勘に頼ることが多かったのですが、科学技術の進歩に伴って手術中に様々な器械を使って、今までに見えなかった部分を見えるようにしておこなう手術法です。腹腔鏡や胸腔鏡のような内視鏡を使う手術もこれに含まれますが、オープンMRを使った手術もこれに含まれます。

 

l         対象疾患:胆石症・肝臓癌・腹腔内腫瘍などがあります。

l         主に使用する器械:オープンMR装置・内視鏡など

 

2.        スタッフ

l          来見良誠 : ナビゲーション外科全般

l          遠藤善裕 : 大腸・骨盤内腫瘍

l          阿部 元 : 乳腺

 

l          仲 成幸 : 肝胆膵

 

l          塩見尚礼し塩見尚礼 : 肝胆膵

 

 

l          森川茂廣 : オープンMRにおける画像処理

l          阿部 元亜部

 

 

 

3.      装置の紹介(オープンMR装置)

装置の名称は、Signa SP/I (GE社製)で、2000年に本邦の第1号機として、滋賀医科大学に導入されました。現在でも、世界中に十数台しかありません。図のように、装置の中にある液晶の画面を見ながら、手術を行います。お腹の手術や骨盤の手術に適しています。消化器外科・乳腺一般外科では、肝臓癌・骨盤内腫瘍・皮下腫瘍などの手術に使用しています。

 

4.        オープンMRIの特徴

l          放射線被曝がない

l          空気・骨に影響されない

l          MRIの中で画像を見ながら手術ができる

l          温度画像が見える

l          いろいろな角度から見える

 

5.        連絡先

l          滋賀医科大学医学部附属病院 消化器外科・乳腺一般外科 077-548-2238 または 077-548-2556

l          担当:来見良誠  E-mail: kurumi@belle.shiga-med.ac.jp