新専門医制度での滋賀医科大学で予定している外科専門医研修プログラムについて紹介を致します。現在、日本専門医機構(http://www.japan-senmon-i.jp)でプログラムの審査を受けておりますので、記載内容が日本専門医機構からの指示で変更になる可能性はございます。

2017滋賀医科大学外科専門研修プログラム冊子はこちらです。

新専門医制度の研修プログラム応募手順については、http://www.japan-senmon-i.jp/program/application_flow.htmlをご確認くださいますようお願いします。


本ページ下方に当科若手医師のコメントを集めた、先輩の声を掲載しております。当科での研修に少しでも興味のある方は是非ご覧ください。


・NCD登録数19,890例で、症例数が豊富です。
・選択枝が豊富で、指導体制が充実しています。
・外科領域全般からサブスペシャルティ領域(心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、小児外科)またはそれに準じた外科関連領域(乳腺内分泌領域)の取得に向けた技能教育とシームレスに連動できるようにします。


専攻医登録サイトをご参照ください。

外科学講座(心臓血管外科、呼吸器外科)浅井 徹
TEL: 077-548-2243 E-mail:hqsurge2@belle.shiga-med.ac.jp
外科学講座(消化器外科科、乳腺一般外科)谷 眞至
TEL: 077-548-2238 E-mail:hqsurge1@belle.shiga-med.ac.jp


滋賀医科大学医学部附属病院と滋賀県、京都府、大阪府など連携施設(25施設)により専門研修施設群を構成します。




滋賀医科大学外科専門研修プログラムの1例を示します。専攻医1年目は原則として基幹施設である滋賀医科大学です。専攻医2年目は連携施設、専攻医3年目は基幹施設もしくは連携施設での研修を行います。滋賀医科大学外科専門研修プログラムでの外科専門研修3年間の施設群ローテートにおける研修内容と予想される経験症例数を下記に示します。どのコースであっても内容と経験症例数に偏り、不公平がないように十分配慮します。



サブスペシャルティ領域(消化器外科,心臓血管外科,呼吸器外科,小児外科)または外科関連領域(乳腺外科など)と連動する各科関連施設での外科専門研修を継続することが可能です。外科専門医の取得のための研修からサブスペシャルティ領域への研修へ途切れ目なく移行できるように配慮します。サブスペシャルティ連動コースを選択中も大学院進学や海外留学を並行することは可能です。

消化器外科専門医の取得

 消化器外科専門医の取得には、外科専門医の取得が必要です。滋賀医科大学および関連病院にて外科専門医の取得のためのトレーニングを行います。最短で卒後5年目に外科専門医取得が可能です。卒後6年目以降には消化器外科専門医に進むための臨床経験を積ます。消化器外科専門医の取得には、筆頭著者の論文発表が3報必要です。また、学会発表や学会参加が必要とされます。これらの学会発表・論文化することを学びます。卒後7年目以降に消化器外科専門医資格試験を受験し専門医を取得します。

乳腺専門医の取得

日本乳癌学会の乳腺専門医修練カリキュラムに沿って研修を行っています。滋賀医科大学附属病院では、初発乳癌症例としては年間約100例の手術件数があります。
乳腺専門医の取得には、外科専門医の取得が必要です。滋賀医科大学および関連病院にて外科専門医の取得のためのトレーニングを行います。最短で卒後5年目に外科専門医取得が可能です。外科専門医取得のための症例集積終了後は、乳腺専門医取得のための修練を中心に研修を行います。乳腺専門医に進むための臨床経験をつみ、経験した症例や臨床研究を学会で発表し、論文化を行います。
日本乳癌学会の認定施設および関連施設での修練を5年以上経験し、最短で卒後7年目に乳腺専門医の受験が可能となります。
研修施設:滋賀医科大学附属病院、京都第一赤十字病院、長浜赤十字病院、日野記念病院、ベルランド総合病院

小児外科専門医

年間約100 例の手術件数があり、新生児手術件数も豊富です(年間10 ~20例)。
下にモデルコースを示します。
症に外科専門医の取得には、外科専門医の取得が必要です。滋賀医科大学および関連病院にて外科専門医の取得のためのトレーニングを行います。最短で卒後5年目に外科専門医取得が可能です。外科専門医取得のための症例集積終了後は、小児外科専門医取得のための修練を中心に研修を行います。
小児外科専門医の修練を行う施設として、滋賀医科大学附属病院、京都府立医大小児外科学講座、宇治徳洲会病院、近江八幡市立総合医療センターなど施設があります。経験した症例や、臨床研究について学会で発表し、論文化を行う。小児外科専門医を取得する。

取得可能な専門医のリスト


学会名:日本外科学会
資格名:外科専門医
資格要件:外科学会に入会し、医籍登録後2年6ヶ月以内に修練開始登録を行った場合の修練期間は医籍登録年月日から算定されます。初期研修で経験した症例も経験症例に加算されます。ただし、NCD(National Clinical Databese)に登録されている必要があります。修練期間が5年です。

学会名:日本消化器外科学会
資格名:消化器外科専門医
資格要件:外科専門医取得2年後に受験可能となる。

学会名:日本大腸肛門病学会
資格名:大腸肛門専門医
資格要件:臨床研修終了後、日本大腸肛門病学会の認定施設または関連施設で通算3年以上の修練を行っている。もしくは、外科専門医を取得後、日本大腸肛門病学会の認定施設または関連施設で通算3年以上の修練をおこない、合計6年以上の修練を行っている。
研修可能施設:滋賀医科大学附属病院、長浜赤十字病院、野洲病院、長岡京病院、はえうち診療所は日本大腸肛門病学会認定医療施設および関連施設です。

学会名:日本内視鏡外科学会
資格名:日本内視鏡外科学会技術認定医
資格要件:外科専門医を取得し、胆嚢摘出術であれば50例以上、大腸切除、胃切除であれば20例以上を術者もしくは指導的助手として経験する必要がある。専門領域の内視鏡下のadvance surgeryを独力で遂行でき、これらの手術を指導できることが必要。
学会の連携等の概要:胃、大腸、胆嚢の各領域の技術認定医が手術指導にあります。

学会名:日本肝胆膵外科学会
資格名:日本肝胆膵高度技能専門医
資格要件:高難度肝胆膵外科手術50例以上を、修練施設で高度技能指導医または高度技能専門医の指導(指導的助手を意味する)の下で術者として行うことなどが含まれる。
学会の連携等の概要:滋賀医科大学附属病院は日本肝胆膵高度技能専門医の修練施設です。

学会名:日本小児外科学会
資格名:小児外科専門医
資格要件:外科専門医を取得後、日本小児外科学会の認定施設および教育関連施設での修練を経て受験する。
学会の連携等の概要:滋賀医科大学附属病院は日本小児外科学会の教育関連施設です。

学会名:日本乳癌学会
資格名:乳腺専門医
資格要件:外科専門医を取得後、日本乳癌学会の認定施設もしくは関連施設での通算2年以上の修練を行い、認定医を取得後、専門医の受験資格ができる。
研修可能施設:滋賀医科大学附属病院、京都第一赤十字病院、長浜赤十字病院、日野記念病院、ベルランド総合病院である。

学会名:日本食道学会
資格名:食道外科専門医
資格要件:消化器外科専門医または日本消化器外科学会指導医を有する申請者は日本消化器外科学会認定施設での3年間の勤務実績、呼吸器外科専門医または日本呼吸器外科学会指導医(旧専門医)を有する申請者は日本胸部外科学会認定施設または日本呼吸器外科学会認定施設での3年間の勤務実績を有していること。診療経験として申請する前の5年間に50点以上の食道疾患症例の手術経験(術者および指導的第一助手)を有していることなどが含まれる。
学会の連携等の概要:滋賀医科大学附属病院は食道外科専門医認定施設です。

学会名:日本肥満学会
資格名:肥満症専門医
資格要件:申請時において、基幹学会(日本内科学会、日本外科学会、日本産婦人科学会、日本小児科学会、 日本整形外科学会)の認定医または専門医として認められている者。
基幹学会の認定医または専門医を取得後、申請時までに3年以上日本肥満学会認定肥満症専門 病院にて肥満症の診療に従事している者。
学会の連携等の概要:滋賀医科大学附属病院(消化器外科・糖尿病内分泌内科)は日本肥満学会認定肥満症専門病院である。


Q-1:大学院の進学はできますか?
 滋賀医科大学大学院(社会人入学)に進学し、基幹施設もしくは関連施設などで常勤医として外科専門研修を行いながら大学院研究を進めることができます。社会人入学であれば、外科専門研修の休止期間を設けることなく学位取得(医学博士)を目指すことが可能です。それにより、サブスペシャルティ領域などの専門医もシームレスに取得することが可能となります。

Q-2:留学することは可能でしょうか?
 専攻医2年目以降で、外科専門研修期間内に外科専門研修の一環として、1ヶ月から3年程度の期間で海外留学を行うことが可能です。海外留学期間が6ヶ月を超えた場合には、研修期間を延長し基幹病院もしくは連携病院にて外科専門研修を継続して行います。

Q-3:将来、心臓血管外科を専門としたいのですがサブスペシャルティの研修についてはどのようになるのでしょうか?
 外科専門医の取得のための研修からサブスペシャルティ領域への研修へ途切れ目なく移行できるように配慮します。専攻医2年目以降で外科専門医研修カリキュラムの技能を習得レベルに達した専攻医には、サブスペシャルティ領域(消化器外科,心臓血管外科,呼吸器外科,小児外科)または外科関連領域(乳腺専門医など)と連動する各科関連施設での外科専門研修を継続することが可能です。

Q-4:将来、乳腺専門医を取得したいのですが、消化器外科や心臓血管外科の症例を経験する必要があるのでしょうか?
 乳腺認定医の申請を行う際に、『学会認定医 会の定める基本 科の認定医または専門医であること』が必要です。外科専門医を取得後に乳腺専門医を取得することになります。外科専門医のカリキュラムで必要とされる最低限の症例数は経験する必要があります。

Q-5:外科専門医研修と医局への入局はイコールですか?
 滋賀医科大学外科専門研修プログラムで研修を行うことと医局への入局はイコールではありません。医局へ入局しなくても滋賀医科大学外科専門研修プログラムで外科専門医研修を行うことは可能です。

Q-6:外科専門医研修の給与はどのようになりますか?
 専攻医の勤務時間、当直、給与、休日は労働基準法に準じて、滋賀医科大学外科専門研修プログラムの中の基幹施設および関連施設の各施設の就業規定に従います。

Q-7:プログラムに記載されていない病院で研修できるのでしょうか?
 プログラムに記載されていない関連施設での修練を行うことは不可能です。また、特別な事由がない限り研修期間中に別のプログラムに移動することも不可能です。

Q-8:初期研修中に経験した症例も経験症例とできるのでしょうか?
 初期臨床研修期間中に外科専門研修基幹施設ないし連携施設で経験した症例は、プログラム統括責任者が承認した症例に限定して、手術症例数(100例上限)に加算することができます。この場合、
滋賀医科大学外科専門医プログラム FAQ
NCDに登録されていることが必須です。NCD登録は毎年入力期限が設けられており、遡って登録することはできませんので、初期研修中にリアルタイムにNCD登録してもらう必要があります。

Q-9:大学で研修する期間はどれくらいなのでしょうか?
 専門医制度の取り決めで、専攻医は3年間の外科専門研修期間中、基幹施設または連携施設で最低6カ月以上の研修を行う必要があります。滋賀医科大学外科専門研修プログラムでは、原則、専攻医1年目を基幹病院で研修し、外科領域を広く研修して頂きます。

大学院進学

 滋賀医科大学大学院に進学し、基礎的・臨床的医学研究を行うことが可能です。外科学講座内でも様々な研究を行っています。もちろん、大学院に進学した際でも、関連病院にて継続して臨床経験を積むことが可能であり、サブスペシャリティ専門医資格を併行して取得することも可能です。

(これまでの主な海外留学先)
1) Johns Hopkins University
2) Harvard University
3) University of Alabama at Birmingham
4) The University of Texas

先輩の声

 若手スタッフより、その生い立ちや滋賀医科大学外科学講座に入局したいきさつ、さらにはその後の輝かしい経過について語ってもらいました。少しでも興味を持たれている方は是非とも参考にしてください。

  • 竹林 克士
  • 外科学講座 医員
  • 平成17年卒
  • 上部消化管外科

 私は平成17年に滋賀医科大学を卒業し、同附属病院にて2年間の臨床研修を経て、平成19年に当講座に入局しました。その後、虎の門病院消化器外科、滋賀医科大学大学院、静岡がんセンター食道外科にて研究・研鑽を積んできました。平成28年度からは上部消化管外科所属で母校に帰ってきました。
 もともと滋賀県出身で、以前から外科医への道を考えていたので、大学病院での研修を選択し、そのまま母校の外科を選択しました。滋賀医科大学での臨床研修は他科の先生方も含めて指導に熱心な先生が多く、その頃の経験の多くが今の僕の基礎を作り上げてくれたと思っています。
 私はがんセンターや大学病院などの特定機能病院に勤める機会が多かったのですが、その中で思ったことは、日常臨床の積み重ねを経た上でClinical questionを常に持ち続け、新しい研究をすすめ、新しい情報を発信し医学に貢献するという意識が高い場所だと感じることです。今こうして大学に帰ってきて思うことは、よく言われる臨床、研究、教育の3本柱をどのように充実させていくかということです。専門性、質の高い医療を患者さんに提供しながら、新しい研究に取り組み、さらにこれまでの経験や目の前の症例を通じてどれだけのものを次の世代に伝えていけるか、いくら年数を積んでも新しく出会うばかりなので終わりがあるものではないのですが、それが新しいモチベーションになることにも気付かされます。
 

  • 冨田 香
  • 外科学講座 医員
  • 平成20年卒
  • 乳腺外科

 平成20年卒業の冨田です。私は聖マリアンナ医大を卒業後、初期臨床研修から出身県にある滋賀医大で働き、乳腺一般外科に入局しました。
 入局直前に結婚し、今では二児の母です。子育てと家事、乳腺外科医としてのフルタイム勤務をなんとか日々こなしています。不十分なところが仕事にも家庭にもあることは重々承知していますが、先輩後輩の理解と協力にたいへん助けられています。乳腺外科は外来に重点のある科であり、子育て世代の女医さんには働きやすい科です。しかし研修医さんから見て、乳腺専門医取得のための外科専門医が「大変そう」とネックになりがちであるのは、全国の乳腺外科共通の悩みです。
 当科では、消化器外科小児外科と同じ病棟、同じ場所で仕事をしており、環境を大きく変えることなく必要な消化器症例、小児症例が得られます。乳腺専門医を目指す修練をしつつ、外科専門医も取得できる流れになっています。
 もともと外科志望でも体育会系でもない私でもできたので、それほど他科と比べても恐れることではないと今では思っていますが、私も当初はたいへんな覚悟をしました。「乳腺外科には興味があるけど、外科系研修は不安」そんな人はぜひ一度、当科を訪れてみてください。


  • 北村 美奈
  • 外科学講座 医員
  • 平成20年卒
  • 乳腺外科

 私は平成20年に他大学を卒業し、2年間の初期研修を滋賀医科大学病院で研修した後、当講座に入局しました。
 入局後は多くの手術・術後管理や緩和などの経験をし、上級医の先生方から熱心で丁寧な指導を受けさらに学会発表や論文投稿の機会も早い時期から与えて頂きました。
 当講座は、上部・下部消化管、肝胆膵、乳腺一般外科のチーム制で診療を行っており、医員は各チームをローテートすることで専門医取得のための症例もそれぞれで経験出来ます。
 私は関連病院での修練・経験を経て外科専門医を取得し、さらに乳腺専門医を目指しています。また、大学院では病理学教室で研究の機会を与えて頂き、自身の経験にプラスとなっています。
 当講座の乳腺外科の女性医師の方々は子育て・家庭のある先生が多く、科として女性医師の働きやすい環境が整っています。このHPを見て下さった中で女性医師のキャリアプランに不安を感じている先生も、色々相談しやすいと思います。
 他大学出身の私が初期研修後にそのまま滋賀医大で修練しようと思ったのは、素晴らしい先生方に出会えたことが大きかったです。
 滋賀医大で研修を考えている学生さんや、外科志望の研修医の先生方に気軽に見学に来て頂ければ幸いです。


  • 油木 純一
  • 外科学講座 医員
  • 平成25年卒
  • 消化器、乳腺・一般外科

 私は、農学部を卒業してから医学部に学士編入学しました。外科に進むと決めたのは研修1年目の秋でした。少し早いと思われるかもしれませんが、決め手は業務内容自体に非常にやり甲斐を感じたことであり、私はその感性に従うことにしました。どの診療科が向いているかは自分にしかわかりませんし、やってみなければわからないと思います。医局の雰囲気や仕事の忙しさは常に変化しますが、自分の感性はなかなか変化しないものです。
 私が感じる外科の魅力とは、言葉では言い表せないというのが正直な意見です。最近、外科には縦の深さと横の深さがあることに気づきました。つまり、手術には小手術から何時間もかかる大手術まであります。さらに、それぞれの手術をより深く追及したり、他施設ではしていないような特殊な手術をされている先生方もおられます。それぞれの手術は奥が深く、それだけで全国学会が存在したりします。臨床経験を重ねていく過程で幅広く仕事することもできる一方で、自分が興味のあるものに特化して経験することもできると思います。私のように一度他分野を勉強して医師になった方にとっても以前の経験が役立つ場が大いにあると思います。
 滋賀医大の消化器外科、乳腺・一般外科は4チーム(①上部消化管、②下部消化管、③肝臓・胆嚢・膵臓、④乳腺・一般外科・小児外科)に分かれており、それぞれの先生方が自分の信念を持って毎日の業務をこなされております。レジデントはこのチーム間をローテートして技術を磨いていきますが、ローテートの順番や期間は希望に沿って決まります。なので、漠然と外科に進みたい方から将来の展望が明確な方まで臨機応変に対応してもらうことができます。
 少しでも外科に興味を持たれた方は是非その世界を覗いてみてください。


  • 森 治樹
  • 外科学講座 医員
  • 平成22年卒
  • 消化器、乳腺・一般外科

 平成22年卒業の森治樹です。私は滋賀医科大学を卒業後、市中病院で臨床研修も含めて6年半経験を積み、2016年10月から当科にお世話になっています。
 もともと腫瘍に興味があったのと、研修医時代に手術の魅力に魅せられて消化器外科医を志しました。消化器・乳腺一般外科は扱う臓器も幅広く、腫瘍などの悪性疾患から、良性疾患まで幅広い分野をカバーしており、この多様性も魅力の一つと言えます。少しでも外科に興味の持たれている方、是非われわれの仕事を覗きに来て下さい。皆様と熱く共に働ける日々を心待ちにしています。


  • 全 有美
  • 外科学講座 医員
  • 平成27年卒
  • 消化器、乳腺・一般外科

 は平成27年に、福井大学を卒業し、滋賀医科大学での初期研修の後に、当科に入局いたしました。
 滋賀医大で初期研修をしている間に、手技を始め様々なことを上級医が熱心に指導してくださり、手術でしか救命しえない症例も目の当たりにし、どんどん外科の道に惹かれていく自分がいました。そうして手術も含めた悪性腫瘍の治療に携わりたいと思い、外科の道を志すことを決めました。
 私が当科に入局を決めた理由として強調したいのは、のびのびと研修できると感じたことです。チームに分かれて診療していることで、とても動きやすく、ちょっとした疑問もすぐ聞くことができる環境になっています。またひとりの患者さんからどれだけ自分が成長できるかは、自分次第だと思っていますが、診療で得たことを学会発表・論文投稿させていただくことで、さらに理解が深まっていくことを日々感じています。
 また、滋賀医大には、外科女の会というのがあり、女性外科医として仕事も人生も悩み相談でき、強く結束しています。
 少しでも興味がある方はぜひ、一歩踏み出して見学にいらしてください。本当にあたたかい上級医ばかりです。

医局
Mail: hqsurge1@belle.shiga-med.ac.jp
TEL: 077-548-2238