ハンズオンセミナー ハンズオンセミナー 白衣新調記念撮影 入局2年目! 乳腺・一般外科チーム 白衣新調! 祝!入賞記念 教授と記念撮影

先輩の声

 若手スタッフより、滋賀医科大学外科学講座に入局したいきさつ、生い立ち、さらにはその後の輝かしい経過について語ってもらいました。少しでも興味をお持ちの方は是非とも参考にしてください。
 


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 




冨田 香(平成20年卒)
腫瘍センター 特任助教 乳腺外科

平成20年卒業の冨田です。私は聖マリアンナ医大を卒業後、初期臨床研修から出身県にある滋賀医大で働き、乳腺一般外科に入局しました。
 入局直前に結婚し、今では二児の母です。子育てと家事、乳腺外科医としてのフルタイム勤務をなんとか日々こなしています。不十分なところが仕事にも家庭にもあることは重々承知していますが、先輩後輩の理解と協力に大変助けられています。乳腺外科は外来に重点のある科であり、子育て世代の女医さんには働きやすい科です。しかし研修医さんから見て、乳腺専門医取得のための外科専門医が「大変そう」とネックになりがちなのは、全国の乳腺外科共通の悩みです。
 当科では、消化器外科小児外科と同じ病棟、同じ場所で仕事をしており、環境を大きく変えることなく必要な消化器症例、小児症例が得られます。乳腺専門医を目指す修練をしつつ、外科専門医も取得できる流れになっています。
 もともと外科志望でも体育会系でもない私でもできたので、それほど他科と比べても恐れることではないと今では思っていますが、私も当初はたいへんな覚悟をしました。「乳腺外科には興味があるけど、外科系研修は不安」そんな人はぜひ一度、当科を訪れてみてください。

 


 


冨田 香(平成20年卒)
腫瘍センター 特任助教 乳腺外科

平成20年卒業の冨田です。私は聖マリアンナ医大を卒業後、初期臨床研修から出身県にある滋賀医大で働き、乳腺一般外科に入局しました。
 入局直前に結婚し、今では二児の母です。子育てと家事、乳腺外科医としてのフルタイム勤務をなんとか日々こなしています。不十分なところが仕事にも家庭にもあることは重々承知していますが、先輩後輩の理解と協力に大変助けられています。乳腺外科は外来に重点のある科であり、子育て世代の女医さんには働きやすい科です。しかし研修医さんから見て、乳腺専門医取得のための外科専門医が「大変そう」とネックになりがちなのは、全国の乳腺外科共通の悩みです。
 当科では、消化器外科小児外科と同じ病棟、同じ場所で仕事をしており、環境を大きく変えることなく必要な消化器症例、小児症例が得られます。乳腺専門医を目指す修練をしつつ、外科専門医も取得できる流れになっています。
 もともと外科志望でも体育会系でもない私でもできたので、それほど他科と比べても恐れることではないと今では思っていますが、私も当初はたいへんな覚悟をしました。「乳腺外科には興味があるけど、外科系研修は不安」そんな人はぜひ一度、当科を訪れてみてください。



北村 美奈(平成20年卒)

外科学講座 医員 乳腺外科
 私は平成20年に他大学を卒業し、2年間の初期研修を滋賀医科大学病院で研修した後、当講座に入局しました。
 入局後は多くの手術・術後管理や緩和などの経験をし、上級医の先生方から熱心で丁寧な指導を受けさらに学会発表や論文投稿の機会も早い時期から与えて頂きました。
 当講座は、上部・下部消化管、肝胆膵、乳腺一般外科のチーム制で診療を行っており、医員は各チームをローテートすることで専門医取得のための症例もそれぞれで経験出来ます。
 私は関連病院での修練・経験を経て外科専門医を取得し、さらに乳腺専門医を目指しています。また、大学院では病理学教室で研究の機会を与えて頂き、自身の経験にプラスとなっています。
 当講座の乳腺外科の女性医師の方々は子育て・家庭のある先生が多く、科として女性医師の働きやすい環境が整っています。このHPを見て下さった中で女性医師のキャリアプランに不安を感じている先生も、色々相談しやすいと思います。
 他大学出身の私が初期研修後にそのまま滋賀医大で修練しようと思ったのは、素晴らしい先生方に出会えたことが大きかったです。
 滋賀医大で研修を考えている学生さんや、外科志望の研修医の先生方に気軽に見学に来て頂ければ幸いです。



北村 美奈(平成20年卒)

外科学講座 医員 乳腺外科
 私は平成20年に他大学を卒業し、2年間の初期研修を滋賀医科大学病院で研修した後、当講座に入局しました。
 入局後は多くの手術・術後管理や緩和などの経験をし、上級医の先生方から熱心で丁寧な指導を受けさらに学会発表や論文投稿の機会も早い時期から与えて頂きました。
 当講座は、上部・下部消化管、肝胆膵、乳腺一般外科のチーム制で診療を行っており、医員は各チームをローテートすることで専門医取得のための症例もそれぞれで経験出来ます。
 私は関連病院での修練・経験を経て外科専門医を取得し、さらに乳腺専門医を目指しています。また、大学院では病理学教室で研究の機会を与えて頂き、自身の経験にプラスとなっています。
 当講座の乳腺外科の女性医師の方々は子育て・家庭のある先生が多く、科として女性医師の働きやすい環境が整っています。このHPを見て下さった中で女性医師のキャリアプランに不安を感じている先生も、色々相談しやすいと思います。
 他大学出身の私が初期研修後にそのまま滋賀医大で修練しようと思ったのは、素晴らしい先生方に出会えたことが大きかったです。
 滋賀医大で研修を考えている学生さんや、外科志望の研修医の先生方に気軽に見学に来て頂ければ幸いです。 



村本 圭史(平成28年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 私は平成28年に滋賀医科大学を卒業し、同附属病院にて2年間の初期研修の後、消化器外科専攻医としての勤務を開始しました。出身は大阪府ですが、滋賀県ののどかな自然、周囲の人たちの温かい人柄に支えられながら、一人前の外科医となるべく日々精進しています。
   大学病院では指導医の先生方の手厚い御指導の下、豊富な文献的資料にも手軽にアクセスできる利点があり、学会発表、論文作成を数多く経験させていただく事ができます。また、一般に大学研修は執刀できる手術症例が少ない印象があると思いますが、当科では医師3年目(外科医1年目)より腹腔鏡下での胆嚢摘出術や虫垂切除術など執刀経験ができ、また、症例数が豊富な系列病院での研修期間も用意されているなどバランスのよい研修プログラムとなっていることが特徴です。
   消化器・乳腺・一般外科に興味のある初期研修医、学部学生の皆様は是非一度当科に見学にいらして下さい。 



村本 圭史(平成28年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 私は平成28年に滋賀医科大学を卒業し、同附属病院にて2年間の初期研修の後、消化器外科専攻医としての勤務を開始しました。出身は大阪府ですが、滋賀県ののどかな自然、周囲の人たちの温かい人柄に支えられながら、一人前の外科医となるべく日々精進しています。
  大学病院では指導医の先生方の手厚い御指導の下、豊富な文献的資料にも手軽にアクセスできる利点があり、学会発表、論文作成を数多く経験させていただく事ができます。また、一般に大学研修は執刀できる手術症例が少ない印象があると思いますが、当科では医師3年目(外科医1年目)より腹腔鏡下での胆嚢摘出術や虫垂切除術など執刀経験ができ、また、症例数が豊富な系列病院での研修期間も用意されているなどバランスのよい研修プログラムとなっていることが特徴です。
  消化器・乳腺・一般外科に興味のある初期研修医、学部学生の皆様は是非一度当科に見学にいらして下さい。 



塩見 一徳(平成28年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 滋賀医科大学平成28年卒業の塩見です。
 初期研修は関連施設である長浜赤十字病院で過ごし、2018年度より滋賀医科大学の消化器外科専攻医として滋賀医科大学附属病院で勤務しております。僕自身は学生時代より外科系の診療科に興味がありました。単一の臓器にとらわれることなく、幅広い手術のできる外科医に憧れ、腫瘍や緊急手術も含めて多くの外科に携わることのできる外科医を志すようになりした。また、学生時代の病院見学や病院実習を通じ、滋賀県の外科を発展させる一助になれればと思い当院の外科研修プログラムを選択しました。
 当院では、腫瘍など予定手術だけでなく緊急手術の受け入れも盛んに行っています。手術症例も年間で1000例を超え、3年目でも執刀の機会を多く頂いており充実した毎日を送っています。手術だけでなく学会発表や論文作成の機会もあり、日々の臨床から学術的なことまで手厚いご指導の下、幅広い研修を行えることが当講座の魅力といえます。
 外科に少しでも興味のある学生や初期研修医の皆様、是非病院見学や医局にいらしてください。僕たちと一緒に外科道を進んでみませんか。 



塩見 一徳(平成28年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 滋賀医科大学平成28年卒業の塩見です。
 初期研修は関連施設である長浜赤十字病院で過ごし、2018年度より滋賀医科大学の消化器外科専攻医として滋賀医科大学附属病院で勤務しております。僕自身は学生時代より外科系の診療科に興味がありました。単一の臓器にとらわれることなく、幅広い手術のできる外科医に憧れ、腫瘍や緊急手術も含めて多くの外科に携わることのできる外科医を志すようになりした。また、学生時代の病院見学や病院実習を通じ、滋賀県の外科を発展させる一助になれればと思い当院の外科研修プログラムを選択しました。
 当院では、腫瘍など予定手術だけでなく緊急手術の受け入れも盛んに行っています。手術症例も年間で1000例を超え、3年目でも執刀の機会を多く頂いており充実した毎日を送っています。手術だけでなく学会発表や論文作成の機会もあり、日々の臨床から学術的なことまで手厚いご指導の下、幅広い研修を行えることが当講座の魅力といえます。
 外科に少しでも興味のある学生や初期研修医の皆様、是非病院見学や医局にいらしてください。僕たちと一緒に外科道を進んでみませんか。 

 
 


前川 毅(平成28年卒)

長浜赤十字病院 外科
 私は平成28年に滋賀医科大学を卒業し、同附属病院にて2年間初期研修を行い、現在滋賀医科大学外科学講座所属の専攻医として長浜赤十字病院に勤務しております。
 私は、悪性腫瘍に興味があり大学卒業時に消化器外科医になると決心しました。
 滋賀医科大学外科学講座は人とのつながりが強く、とても魅力的な医局で、このチームで一緒に働きたいと思い入局を決めました。初期研修では大学病院で合計で4か月外科で研修を行っていましたが、技術面でも研究面でも優秀な先生方が
親しみやすい距離感で働いておられ、非常に刺激を受けました。また、3年目以降は大学病院と市中病院を移りながら、様々な経験ができるプログラムを用意していただいており、たくさんの先生方の手厚いご指導のもと、日々成長を感じながら充実した生活を送っています。
 将来外科を志す、もしくは興味のある研修医や学生の皆さん、病院見学や医局 主催の催しへの参加、大歓迎です。ぜひ一度お越しください。お待ちしております。



前川 毅(平成28年卒)

長浜赤十字病院 外科
 私は平成28年に滋賀医科大学を卒業し、同附属病院にて2年間初期研修を行い、現在滋賀医科大学外科学講座所属の専攻医として長浜赤十字病院に勤務しております。
 私は、悪性腫瘍に興味があり大学卒業時に消化器外科医になると決心しました。
 滋賀医科大学外科学講座は人とのつながりが強く、とても魅力的な医局で、このチームで一緒に働きたいと思い入局を決めました。初期研修では大学病院で合計で4か月外科で研修を行っていましたが、技術面でも研究面でも優秀な先生方が
親しみやすい距離感で働いておられ、非常に刺激を受けました。また、3年目以降は大学病院と市中病院を移りながら、様々な経験ができるプログラムを用意していただいており、たくさんの先生方の手厚いご指導のもと、日々成長を感じながら充実した生活を送っています。
 将来外科を志す、もしくは興味のある研修医や学生の皆さん、病院見学や医局 主催の催しへの参加、大歓迎です。ぜひ一度お越しください。お待ちしております。



辰巳 征浩
(平成28年卒)

外科学講座 医員 乳腺・一般外科
平成28年滋賀医科大学卒業の辰巳です。今年度から外科学講座に入局し、乳腺外科医を目指して日々仕事に励んでいます。
 私は以前獣医師として市役所の動物愛護センターで働いていました。やりがいのある仕事でしたが、自分の能力をもっと違う分野で生かしたいという気持ちが強くなり、医師への方向転換をすることにしました。
 元々人と深く関わり相談に乗るのが好きで、市役所では市民の相談業務なども担当していました。そのため在学中は精神科を志望していました。ところが6年生の時に身内が乳癌になったのをきっかけに乳腺外科に興味が湧き、初期研修で乳腺外科を周る機会をいただきました。そこで乳腺外科の奥深さ、面白さを教わり、乳腺外科医を目指すことに決めました。
 私にとって乳腺外科の魅力は同じ患者さんを検診から手術、術後の薬物療法、ターミナルまで通して関わることができる点です。1人の患者さんと信頼関係を築き、長期間深く関わることができるのは医師冥利に尽きると思います。また、乳癌は検診で早期に発見すれば治すことの出来る疾患です。検診の広報や市民教育など、市役所時代の経験を生かす機会も今後あれば面白いなと密かに考えています。
 手術はもちろん、腫瘍内科的な面や患者さんのメンタルケアなど幅広く仕事ができる乳腺外科に少しでも興味を持たれた方は、男女問わず是非当院の見学にいらしてください。お待ちしております。



辰巳 征浩
(平成28年卒)

外科学講座 医員 乳腺・一般外科
平成28年滋賀医科大学卒業の辰巳です。今年度から外科学講座に入局し、乳腺外科医を目指して日々仕事に励んでいます。
 私は以前獣医師として市役所の動物愛護センターで働いていました。やりがいのある仕事でしたが、自分の能力をもっと違う分野で生かしたいという気持ちが強くなり、医師への方向転換をすることにしました。
 元々人と深く関わり相談に乗るのが好きで、市役所では市民の相談業務なども担当していました。そのため在学中は精神科を志望していました。ところが6年生の時に身内が乳癌になったのをきっかけに乳腺外科に興味が湧き、初期研修で乳腺外科を周る機会をいただきました。そこで乳腺外科の奥深さ、面白さを教わり、乳腺外科医を目指すことに決めました。
 私にとって乳腺外科の魅力は同じ患者さんを検診から手術、術後の薬物療法、ターミナルまで通して関わることができる点です。1人の患者さんと信頼関係を築き、長期間深く関わることができるのは医師冥利に尽きると思います。また、乳癌は検診で早期に発見すれば治すことの出来る疾患です。検診の広報や市民教育など、市役所時代の経験を生かす機会も今後あれば面白いなと密かに考えています。
 手術はもちろん、腫瘍内科的な面や患者さんのメンタルケアなど幅広く仕事ができる乳腺外科に少しでも興味を持たれた方は、男女問わず是非当院の見学にいらしてください。お待ちしております。



松永 隆志
(平成28年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 滋賀医科大学 平成26年卒業の松永です。私は卒業後、大阪市内にある淀川キリスト教病院というところで初期研修および後期研修の3、4年目を過ごしました。この度ご縁があり、卒後5年目になる平成30年4月より消化器・乳腺・一般外科でお世話になっております。 
 クリクラ当時、消化器・乳腺・一般外科の暖かい雰囲気や手術のかっこよさ、患者さんが元気に退院していく姿に憧れて消化器外科医を目指すようになりました。 
 当科では悪性腫瘍の手術から良性疾患、緊急手術まで幅広い分野の手術を行っております。我々レジデントにも執刀機会を多く与えていただいており、忙しいながらも充実した日々を送っています。 
 指導熱心な先生ばかりで、医局員の出身大学、研修病院は様々ですが、私を含めみんな和気藹々とした雰囲気で働いています。 
 少しでも興味をお持ちの方は、いつでも気軽に見学に来てください。一緒に頑張っていきましょう。 



松永 隆志
(平成28年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 滋賀医科大学 平成26年卒業の松永です。私は卒業後、大阪市内にある淀川キリスト教病院というところで初期研修および後期研修の3、4年目を過ごしました。この度ご縁があり、卒後5年目になる平成30年4月より消化器・乳腺・一般外科でお世話になっております。 
 クリクラ当時、消化器・乳腺・一般外科の暖かい雰囲気や手術のかっこよさ、患者さんが元気に退院していく姿に憧れて消化器外科医を目指すようになりました。 
 当科では悪性腫瘍の手術から良性疾患、緊急手術まで幅広い分野の手術を行っております。我々レジデントにも執刀機会を多く与えていただいており、忙しいながらも充実した日々を送っています。 
 指導熱心な先生ばかりで、医局員の出身大学、研修病院は様々ですが、私を含めみんな和気藹々とした雰囲気で働いています。 
 少しでも興味をお持ちの方は、いつでも気軽に見学に来てください。一緒に頑張っていきましょう。 

 


安川 大貴
(平成22年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 滋賀医科大学平成22年卒の安川大貴です。
 私は初期研修を大津赤十字病院、後期研修を西神戸医療センターで行った後、天理よろづ相談所病院で3年間外科医員として働きました。この度平成30年4月より、大学院への進学を機に母校の消化器・乳腺・一般外科に大学院生としてお世話になっています。
 当科では悪性腫瘍を中心に消化器疾患を幅広く網羅し、ロボット手術を含めた最先端の治療も行なっているため、外科医として様々な経験ができると思います。また大学院生としては、週1回の学内講義に加え、定期的に基礎に特化した論文指導を受けることができます。また、今後は海外の施設と共同研究を視野に入れた交流も行われる予定です。
 熱心な指導医にも恵まれ、医局の雰囲気も非常に良く、有意義な生活を送っています。外科を志す先生や、今後大学院入学を考えている先生がいらっしゃれば、是非ご相談下さい。



安川 大貴
(平成22年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 滋賀医科大学平成22年卒の安川大貴です。
 私は初期研修を大津赤十字病院、後期研修を西神戸医療センターで行った後、天理よろづ相談所病院で3年間外科医員として働きました。この度平成30年4月より、大学院への進学を機に母校の消化器・乳腺・一般外科に大学院生としてお世話になっています。
 当科では悪性腫瘍を中心に消化器疾患を幅広く網羅し、ロボット手術を含めた最先端の治療も行なっているため、外科医として様々な経験ができると思います。また大学院生としては、週1回の学内講義に加え、定期的に基礎に特化した論文指導を受けることができます。また、今後は海外の施設と共同研究を視野に入れた交流も行われる予定です。
 熱心な指導医にも恵まれ、医局の雰囲気も非常に良く、有意義な生活を送っています。外科を志す先生や、今後大学院入学を考えている先生がいらっしゃれば、是非ご相談下さい。

 


森 治樹
(平成22年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 平成22年卒業の森治樹です。私は滋賀医科大学を卒業後、大垣市民病院で臨床研修も含めて6年半経験を積み、2016年10月から当科にお世話になっています。
 もともと腫瘍に興味があったのと、研修医時代に手術の魅力に魅せられて消化器外科医を志しました。消化器・乳腺一般外科は扱う臓器も幅広く、腫瘍などの悪性疾患から、良性疾患まで幅広い分野をカバーしており、この多様性も魅力の一つと言えます。少しでも外科に興味の持たれている方、是非われわれの仕事を覗きに来て下さい。皆様と熱く共に働ける日々を心待ちにしています。



森 治樹
(平成22年卒)

外科学講座 医員 消化器・乳腺・一般外科
 平成22年卒業の森治樹です。私は滋賀医科大学を卒業後、大垣市民病院で臨床研修も含めて6年半経験を積み、2016年10月から当科にお世話になっています。
 もともと腫瘍に興味があったのと、研修医時代に手術の魅力に魅せられて消化器外科医を志しました。消化器・乳腺一般外科は扱う臓器も幅広く、腫瘍などの悪性疾患から、良性疾患まで幅広い分野をカバーしており、この多様性も魅力の一つと言えます。少しでも外科に興味の持たれている方、是非われわれの仕事を覗きに来て下さい。皆様と熱く共に働ける日々を心待ちにしています。

 


油木 純一
(平成24年卒)

能登川病院 外科
 私は、農学部を卒業してから医学部に学士編入学しました。外科に進むと決めたのは研修1年目の秋でした。少し早いと思われるかもしれませんが、決め手は業務内容自体に非常にやり甲斐を感じたことであり、私はその感性に従うことにしました。どの診療科が向いているかは自分にしかわかりませんし、やってみなければわからないと思います。医局の雰囲気や仕事の忙しさは常に変化しますが、自分の感性はなかなか変化しないものです。 
 私が感じる外科の魅力とは、言葉では言い表せないというのが正直な意見です。最近、外科には縦の深さと横の深さがあることに気づきました。つまり、手術には小手術から何時間もかかる大手術まであります。さらに、それぞれの手術をより深く追及したり、他施設ではしていないような特殊な手術をされている先生方もおられます。それぞれの手術は奥が深く、それだけで全国学会が存在したりします。臨床経験を重ねていく過程で幅広く仕事することもできる一方で、自分が興味のあるものに特化して経験することもできると思います。私のように一度他分野を勉強して医師になった方にとっても以前の経験が役立つ場が大いにあると思います。 
 滋賀医大の消化器外科、乳腺・一般外科は4チーム(①上部消化管、②下部消化管、③肝臓・胆嚢・膵臓、④乳腺・一般外科・小児外科)に分かれており、それぞれの先生方が自分の信念を持って毎日の業務をこなされております。レジデントはこのチーム間をローテートして技術を磨いていきますが、ローテートの順番や期間は希望に沿って決まります。なので、漠然と外科に進みたい方から将来の展望が明確な方まで臨機応変に対応してもらうことができます。
  少しでも外科に興味を持たれた方は是非その世界を覗いてみてください。



油木 純一
(平成24年卒)

能登川病院 外科
 私は、農学部を卒業してから医学部に学士編入学しました。外科に進むと決めたのは研修1年目の秋でした。少し早いと思われるかもしれませんが、決め手は業務内容自体に非常にやり甲斐を感じたことであり、私はその感性に従うことにしました。どの診療科が向いているかは自分にしかわかりませんし、やってみなければわからないと思います。医局の雰囲気や仕事の忙しさは常に変化しますが、自分の感性はなかなか変化しないものです。 
 私が感じる外科の魅力とは、言葉では言い表せないというのが正直な意見です。最近、外科には縦の深さと横の深さがあることに気づきました。つまり、手術には小手術から何時間もかかる大手術まであります。さらに、それぞれの手術をより深く追及したり、他施設ではしていないような特殊な手術をされている先生方もおられます。それぞれの手術は奥が深く、それだけで全国学会が存在したりします。臨床経験を重ねていく過程で幅広く仕事することもできる一方で、自分が興味のあるものに特化して経験することもできると思います。私のように一度他分野を勉強して医師になった方にとっても以前の経験が役立つ場が大いにあると思います。 
 滋賀医大の消化器外科、乳腺・一般外科は4チーム(①上部消化管、②下部消化管、③肝臓・胆嚢・膵臓、④乳腺・一般外科・小児外科)に分かれており、それぞれの先生方が自分の信念を持って毎日の業務をこなされております。レジデントはこのチーム間をローテートして技術を磨いていきますが、ローテートの順番や期間は希望に沿って決まります。なので、漠然と外科に進みたい方から将来の展望が明確な方まで臨機応変に対応してもらうことができます。
  少しでも外科に興味を持たれた方は是非その世界を覗いてみてください。

HOME | 先輩の声