診療内容

乳 腺 外 科


乳腺疾患
 検査はマンモグラフィーと超音波検査を中心に行っています。 適宜、穿刺吸引細胞診や生検、あるいはマンモトーム生検(予定)を行い、 更にdynamic MRIを用い、より正確な癌の進展度を検討しています。
手術は乳房温存手術を積極的に施行しています。更にセンチネルリンパ節生検や内視鏡補助下手術など最新の手技を応用し、さらなる低浸襲性治療を目指しています。
術後補助療法(内分泌療法、化学療法)はエビデンスに基づいたレジュメを作成し、 患者様との十分なインフォームドコンセントのもと施行しています。
乳癌再発症例については、QOLの維持を考慮して外来治療を積極的に行っています。 また、乳房再建術も積極的に導入しています。
 
センチネ ルリンパ節生検
 乳癌の予後(再発しやすさ)を決定する最大の因子は、 腋窩リンパ節(わきのリンパ腺)への転移があるかどうかです。 そのため、乳癌の手術を行なう場合には、腋窩リンパ節をすべて切除することが 必要とされてきました。
しかし、腋窩リンパ節を切除すると、腕が腫れたり、しびれたりするなどの 術後合併症や後遺症が起こることがあります。 乳癌全体で腋窩リンパ節に転移がある確率は30%といわれており、70%の乳癌の方は無駄な腋窩リンパ節摘出術を受けていることになります。
CT検査、超音波検査などさまざまな方法で、術前に腋窩リンパ節転移の有無を診断する試みが行われてきましたが、確立されたものはないのが現状です。 センチネル(見張り)リンパ節とは、乳癌の近くにあるリンパ管に入った癌細胞が 最初に流れ着くリンパ節のことです。このセンチネルリンパ節を見つけ出して摘出するのが、 センチネルリンパ節生検です。このリンパ節に転移がなければ、リンパ節転移は無いので、それ以上のリンパ節を切除する必要が無くなります。 方法としては、乳頭直下に色素を注入し、染色された腋窩リンパ節を摘出して、手術中に転移の有無を判定します。 転移があれば残りのリンパ節を切除し、無ければリンパ節切除を省略しています。
ただし、この方法はまだ完全なものではありませんので、十分納得いただいた方のみに行っています。
 

内視鏡補助下乳腺腫瘍摘出術

  今までの乳腺腫瘍の手術は、腫瘍の真上の皮膚を切開して腫瘍を切除するというものでした。 また最近では、比較的小さな乳癌は、乳癌の部分を大きめに取る乳房温存手術が行われるようになってきました。 しかし、これらの手術では乳房の皮膚に傷を残し、生理時に乳房に痛みを感じるなどの欠点がありました。内視鏡補助下乳腺腫瘍摘出術はこの点を解消するために生まれた手術法です。
腋の下に約3~4cmの傷を加え、この部分から内視鏡を使って乳腺腫瘍を切除します。 乳房の表面を温存するように切除しますので、変形もほとんど目立ちません。 手術後の経過も良好で、術後2~3日で退院が可能です。 すべての患者さんにこの手術が可能とは限りませんが、なるべくご希望に沿えるように対応させていただいています。
内視鏡補助下で乳腺腫瘍を摘出した術後写真です。
 

 

(患者さんの許可を得て掲載しています)
 
 

乳房再建術

近年、乳癌で手術を受けられる方が多くなってきましたが、同時に乳房を失うという絶望感でうつ状態になる方も増えてきています。
失った乳房を取り戻すことのできる乳房再建は、女性の一生を考える上でとても大切な選択肢の一つといえます。
乳房切除術を受けた方でも、温存術で部分切除を受けた方でも、どのような方でも再建は可能です。 また、乳房切除術を受けてから1~2年後であっても、10年以上経っていても、 いつでも再建は受けることができます(異時性再建)。
これから乳がんの手術をされる方の場合には、乳房を切除すると同時に再建する方法(同時再建)もあります。
 
手術法 乳房の再建方法には、おもに次の3つがあります。
・人工乳房あるいはティッシュ・エキスパンダー(組織拡張器)を用いる方法
・広背筋皮弁による方法
・腹直筋皮弁による方法
 
どの方法を選択するかについては、乳房切除術の種類、皮膚と筋肉の状態、反対側の乳房の大きさ、背部や腹部の手術痕の有無、また将来妊娠出産を希望されるか否かによって異なります。
まずは形成外科医の診察を受けていただき、ご希望をお聞きしたうえで最適な方法を選んでいきます。
右乳房切除後広背筋皮弁にて再建した症例です。
(患者さんの許可を得て掲載しています)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乳 腺 外 科

乳腺疾患
 検査はマンモグラフィーと超音波検査を中心に行っています。 適宜、穿刺吸引細胞診や生検、あるいはマンモトーム生検(予定)を行い、 更にdynamic MRIを用い、より正確な癌の進展度を検討しています。
手術は乳房温存手術を積極的に施行しています。更にセンチネルリンパ節生検や内視鏡補助下手術など最新の手技を応用し、さらなる低浸襲性治療を目指しています。
術後補助療法(内分泌療法、化学療法)はエビデンスに基づいたレジュメを作成し、 患者様との十分なインフォームドコンセントのもと施行しています。
乳癌再発症例については、QOLの維持を考慮して外来治療を積極的に行っています。 また、乳房再建術も積極的に導入しています。
  センチネ ルリンパ節生検


 乳癌の予後(再発しやすさ)を決定する最大の因子は、 腋窩リンパ節(わきのリンパ腺)への転移があるかどうかです。 そのため、乳癌の手術を行なう場合には、腋窩リンパ節をすべて切除することが 必要とされてきました。
しかし、腋窩リンパ節を切除すると、腕が腫れたり、しびれたりするなどの 術後合併症や後遺症が起こることがあります。 乳癌全体で腋窩リンパ節に転移がある確率は30%といわれており、70%の乳癌の方は無駄な腋窩リンパ節摘出術を受けていることになります。
CT検査、超音波検査などさまざまな方法で、術前に腋窩リンパ節転移の有無を診断する試みが行われてきましたが、確立されたものはないのが現状です。 センチネル(見張り)リンパ節とは、乳癌の近くにあるリンパ管に入った癌細胞が 最初に流れ着くリンパ節のことです。このセンチネルリンパ節を見つけ出して摘出するのが、 センチネルリンパ節生検です。このリンパ節に転移がなければ、リンパ節転移は無いので、それ以上のリンパ節を切除する必要が無くなります。 方法としては、乳頭直下に色素を注入し、染色された腋窩リンパ節を摘出して、手術中に転移の有無を判定します。 転移があれば残りのリンパ節を切除し、無ければリンパ節切除を省略しています。
ただし、この方法はまだ完全なものではありませんので、十分納得いただいた方のみに行っています。

内視鏡補助下乳腺腫瘍摘出術

 今までの乳腺腫瘍の手術は、腫瘍の真上の皮膚を切開して腫瘍を切除するというものでした。 また最近では、比較的小さな乳癌は、乳癌の部分を大きめに取る乳房温存手術が行われるようになってきました。 しかし、これらの手術では乳房の皮膚に傷を残し、生理時に乳房に痛みを感じるなどの欠点がありました。内視鏡補助下乳腺腫瘍摘出術はこの点を解消するために生まれた手術法です。
腋の下に約3~4cmの傷を加え、この部分から内視鏡を使って乳腺腫瘍を切除します。 乳房の表面を温存するように切除しますので、変形もほとんど目立ちません。 手術後の経過も良好で、術後2~3日で退院が可能です。 すべての患者さんにこの手術が可能とは限りませんが、なるべくご希望に沿えるように対応させていただいています。
内視鏡補助下で乳腺腫瘍を摘出した術後写真です。

 

 

(患者さんの許可を得て掲載しています)

乳房再建術

 近年、乳癌で手術を受けられる方が多くなってきましたが、同時に乳房を失うという絶望感でうつ状態になる方も増えてきています。
失った乳房を取り戻すことのできる乳房再建は、女性の一生を考える上でとても大切な選択肢の一つといえます。
乳房切除術を受けた方でも、温存術で部分切除を受けた方でも、どのような方でも再建は可能です。 また、乳房切除術を受けてから1~2年後であっても、10年以上経っていても、 いつでも再建は受けることができます(異時性再建)。
これから乳がんの手術をされる方の場合には、乳房を切除すると同時に再建する方法(同時再建)もあります。
手術法 乳房の再建方法には、おもに次の3つがあります。
・人工乳房あるいはティッシュ・エキスパンダー(組織拡張器)を用いる方法
・広背筋皮弁による方法
・腹直筋皮弁による方法
どの方法を選択するかについては、乳房切除術の種類、皮膚と筋肉の状態、反対側の乳房の大きさ、背部や腹部の手術痕の有無、また将来妊娠出産を希望されるか否かによって異なります。
まずは形成外科医の診察を受けていただき、ご希望をお聞きしたうえで最適な方法を選んでいきます。

右乳房切除後広背筋皮弁にて再建した症例です。
(患者さんの許可を得て掲載しています)
 
 

 一般外科


ヘルニア
ヘルニア 体の壁の弱いところから、体の中の臓器等が脱出する疾患です。従来、筋膜といって体の上部な膜 で穴を塞ぐ方法(従来法)が主流でした。最近、種々の人 工材料が開発され、これにより穴を塞ぐ方法(メッシュ法)は体に無理な緊張がかからず、再発率も低いことがわかってきており、こちらが主流となっています。 人工材料には下記のようなものがあり、症例に応じて適切な材料を用い治療しています。また、小児例、感染例などで人工材料を使いにくい症例に関しては、従来法で治療しています。

 
 
 
  一般外科

ヘルニア
ヘルニア 体の壁の弱いところから、体の中の臓器等が脱出する疾患です。従来、筋膜といって体の上部な膜 で穴を塞ぐ方法(従来法)が主流でした。最近、種々の人 工材料が開発され、これにより穴を塞ぐ方法(メッシュ法)は体に無理な緊張がかからず、再発率も低いことがわかってきており、こちらが主流となっています。 人工材料には下記のようなものがあり、症例に応じて適切な材料を用い治療しています。また、小児例、感染例などで人工材料を使いにくい症例に関しては、従来法で治療しています。


 

 

 

 
 
 

HOME | 乳腺外科