• サイトマップ
  • 個人情報の取扱いについて

文字の大きさ

  • 文字の大きさ「小」
  • 文字の大きさ「中」
  • 文字の大きさ「大」

当院のがん診療について:腫瘍センターについて

質の高いがん医療の提供へ

滋賀医科大学医学部附属病院・腫瘍センター長 醍醐 弥太郎

滋賀医科大学は、がん拠点病院である附属病院と地域医療機関のがん医療・教育・研修を活性化し、高度がん医療の均てん化を支援する組織として腫瘍センターを運営しており、県のがん医療の高度化に貢献できる基盤を構築しています。これらを踏まえ、腫瘍センターは、本学のがん診療・研究を有機的に連携させ、県内医療機関と協力して県のがん医療の発展を迅速に推進する組織としての役割を担っています。

また、本学はがんの研究とその臨床展開において多くの実績があり、例えば温熱療法によるがん治療、内視鏡的低侵襲がん診療、がん放射線医療、免疫療法、個別化医療など、全国的にも先進した高度がん医療を実施し、県内医療従事者への研修・啓蒙活動を推進しています。また、緩和ケアチーム活動にも力を注いでおり、切れ目のない質の高いがん医療の提供を進めています。

腫瘍センターの活動

1.標準的薬物療法、高度集学的治療の提供

がん治療に携わる専門医療チームが各科と連携して、質の高い高度がん医療を提供します。

2.化学療法プロトコール審査委員会

各診療科の医師、薬剤師、看護師、事務員より構成されており、大学内で行う化学療法について、治療内容の妥当性、安全性、方向性について検討しています。

3.緩和ケア委員会・緩和ケアチーム

医師、薬剤師、看護師、ソーシャルワーカー等より構成される緩和ケアチームが、がんの早期の段階よりがん性疼痛や患者・家族が抱える精神的な苦痛への対処を行い生活の質(QOL)の維持・向上に向けて包括的にサポートしています。また、緩和ケア委員会は関連する診療科の医師、薬剤師、看護師、事務員等より構成され、院内における緩和ケア活動全般について検討しています。

4.キャンサーボードミーティング

治療困難症例を複数科の診療科の医師、放射線科医師、病理医、薬剤師、看護師、地域連携に関わるスタッフなどが一同に集まり検討を行います。

5.がんプロフェッショナル養成プラン

化学療法、分子標的治療、免疫療法に関与する人材の養成に向けて、学内外より医師・大学院生を受け入れて指導しており、臨床・研究両面で、滋賀県のがん医療に長期にわたり貢献できる人材を育成しています。また、学内各講座、県内病院からも随時、高度先進がん医療の臨床試験への医師・医療スタッフの参加を促し、人材育成を進めています。

6.がん拠点病院活動

地域がん診療連携拠点病院、滋賀県がん診療連携協議会構成病院、滋賀県がん診療連携拠点病院・がん診療高度中核拠点病院として、地域がん医療の均てん化と高度医療の普及に関わる活動を腫瘍センターのスタッフが中心となり進めています。

Copyright 2011 Shiga University of Medical Science Hospital All Rights Reserved.