• サイトマップ
  • 個人情報の取扱いについて

文字の大きさ

  • 文字の大きさ「小」
  • 文字の大きさ「中」
  • 文字の大きさ「大」

がん相談支援部門:がんになるということ

がん療養において大切なこと

‘がん’になると誰でも心に衝撃と計り知れない不安を感じるのではないでしょうか。
それは、描いている将来への見通しが立ちいかなくなる不安や、大事にしていることが揺るがされる思いなどを感じるからかもしれません。

がん相談支援部門は、できる限り心の負担を和らげ、がんと診断されても、自分らしく生き抜く皆様を支援することを目指しています。

自分らしくがん療養を歩む上で大切なことは、

がん療養において大切なこと

  1. ‘がん’とはどういう病気か、どのような治療法があるのか一般的な知識を学ぶ
  2. 自分自身のがんの状態を知る
  3. 多様な選択肢を吟味し、最適と思える方法を選ぶ
  4. 症状やストレスへの対処法を備える
  5. 大切な人と良い関係を保つ
  6. 医療者と良い関係を保つ
  7. どのように生きたいか、自分自身と向き合うこと

などといえます。これらを一人ではなく、サポートを受けながら行うことで、一人ではないという心強さとともに、より深みのある人生を歩んでいただけることを願っています。

Copyright 2011 Shiga University of Medical Science Hospital All Rights Reserved.