1. ルート
  2. 後期研修
  3. 平成28年度後期レジデント
  4. 血液内科

血液内科

血液内科 後期卒後臨床研修プログラム

 

I 血液内科について
1.診療科の特色
   血液内科は、厚生労働省が定める特定疾患の再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病をはじめ、急性・慢性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの悪性疾患、さらには後天性免疫不全症候群(AIDS)を担当する診療科である。
 すなわち担当疾患から、内科学の中でも特にその専門性が重視される診療科であり、基礎科学的な視野からも疾患をとらえる能力を養う科であると言える。また造血幹細胞移植は1989年以来、現在までに多くの症例に対して実施してきており、今後も造血幹細胞(stem cell)に関連した独自の治療法について模索していく。

 

2.診療科の社会的ニーズ・必要性
   造血幹細胞移植については、滋賀県内では唯一の日本骨髄移植推進財団認定移植及び採取病院として多くの症例の非血縁者間骨髄移植、バンクドナー採取を実施している。さらに臍帯血バンク移植認定病院として臍帯血移植療法についても実施している。
 後天性免疫不全症候群については滋賀県の拠点病院として、各診療圏の病院と連携を取りながら診療にあたっている。

 

3.習得できる資格(認定医等)
   日本内科学会認定医、日本血液学会専門医、日本輸血学会認定医

 

4.対象疾患(外来および入院患者で研修する頻度の高い疾患)
   良性疾患:再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、血友病など
 悪性疾患:白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など
 後天性免疫不全症候群(AIDS)

 

5.経験可能な手技
   一般診療手技として:骨髄検査(穿刺・生検)、中心静脈穿刺法、胸・腹水穿刺など
 診断法として:骨髄像検鏡診断、細胞表面マーカ解析、染色体解析、遺伝子診断、体腔超音波検査など
 治療法として:造血幹細胞移植全般、造血器悪性腫瘍化学療法・放射線療法

 なお、卒後3年目からの研修プログラムとして、内科専門医コース(2年間)、大学院コース(4年間)が選択可能である。内科専門医コース終了後に大学院コースの選択も可能。また希望により、内科専門医コース1年終了後に大学院コースの選択も可能。

 

Ⅱ スタッフ
1.コース長
  氏  名 藤山 佳秀
  所属学会 国際粘膜免疫学会、国際血栓止血学会、日本内科学会、日本血液学会、日本臨床血液学会、日本造血幹細胞学会、 日本エイズ学会、日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会、日本癌学会
  認定資格 日本内科学会認定医、日本血液学会認定専門医
  学会の役職 日本内科学会理事(指導医)、日本血液学会代議員、近畿血液学地方会評議員
  専門分野 血液病学、感染症、粘膜免疫

 

2.研修責任者
  氏  名 程原 佳子
  所属学会 米国血液学会、国際血栓止血学会、日本内科学会、日本血液学会、日本臨床血液学会、日本造血細胞移植学会、 日本血栓止血学会、日本輸血学会、日本癌学会、日本臨床腫瘍学会
  認定資格 日本内科学会認定医、日本血液学会認定専門医・指導医、日本輸血学会認定医
  学会の役職 日本血液学会指導医、近畿血液学地方会評議員、日本血栓止血学会評議員、日本輸血学会近畿支部評議員
  専門分野 血液病学、輸血学、造血幹細胞移植
     
  氏  名 安藤 朗
  所属学会 米国免疫学会、日本内科学会、日本血液学会、日本臨床血液学会、日本造血細胞移植学会、日本臨床腫瘍学会
  認定資格 日本内科学会認定総合内科専門医、日本血液学会認定専門医
  学会の役職 日本血液学会指導医、日本臨床血液学会評議員、近畿血液学地方会評議員
  専門分野 血液病学、免疫学

 

3.指 導 医
  氏  名 南口 仁志(輸血部)
  所属学会 米国血液学会、日本内科学会、日本血液学会
  専門分野 骨髄・末梢血・臍帯血幹細胞の可塑性に関する研究
     
  氏  名 奥野 貴史
  所属学会 日本内科学会、日本血液学会、日本造血細胞移植学会、日本血栓止血学会、日本感染症学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会
  認定資格 日本内科学会認定医、日本血液学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
  専門分野 血液病学、造血幹細胞移植、緩和ケア
     
  氏  名 瀬川 秀和
  所属学会 日本内科学会、日本血液学会、日本輸血細胞治療学会、日本骨髄腫学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会
  認定資格 医学博士、日本内科学会認定内科医、日本血液学会認定専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
     
  氏  名 古屋 彩
  所属学会 日本内科学会、日本血液学会
  認定資格 日本内科学会認定医

 

Ⅲ 研修概要
1.研修目標
   スタッフの指導のもとに各種血液疾患の主治医となり、診断および治療を担当する。特に骨髄検査、細胞表面マーカー解析、染色体分析(FISH法など)、細胞遺伝学的検査を用いた診断学を学ぶ。また造血器悪性疾患ならびに再生不良性貧血などにおける造血幹細胞移植症例の主治医として、その診断・治療さらには骨髄バンクを通じての非血縁者間造血幹細胞移植のすべてのマネージメントを習得する。日本血液学会では血液塗抹標本をはじめとして形態学的素地の育成の重要性を提唱しており、当科においても血液形態学診断の習得を目指した目標設定を行っています。

 

2.研修スケジュール
   3年目では各種血液疾患の主治医となり実際に診療を担当するとともに、特に診断法として骨髄塗抹標本の作製・染色・検鏡診断、リンパ節スタンプ標本の作製・検鏡診断、細胞表面マーカー解析の実際などを研修する。診断に基づき治療計画を立てるとともに、化学療法の実際を学ぶ。
 4年目では造血幹細胞移植の主治医として、すべてのマネージメントを研修すると同時に末梢血幹細胞の採取、幹細胞評価(CD34陽性細胞数)、幹細胞の凍結法などを研修する。さらに各疾患の細胞遺伝学的検査方法について実施できるように研修する。

 

3.関連病院
   長浜赤十字病院、彦根市立病院、公立甲賀病院において大学病院と同様の臨床研修が行えるよう協力をお願いしている。
   長浜赤十字病院、彦根市立病院、公立甲賀病院、大津市民病院、草津総合病院、水口市民病院、日野記念病院、友仁山崎病院、野洲病院、ヴォーリズ記念病院、生田病院、国立病院機構紫香楽病院、西京都病院、済生会吹田病院、住之江病院、大津赤十字志賀病院

 

4.カンファレンス・抄読会
   毎週(月)午前8時より4C病棟カンファレンス室において抄読会、午後5時30分より新患報告会、引き続いて医局会
   毎週(水)午後5時30分より4C病棟カンファレンス室において造血幹細胞移植カンファレンス(小児科、血液内科合同)
   毎週(木)午後5時15分より4C病棟カンファレンス室において血液カンファレンス(血液内科医、5C病棟看護師、5C病棟担当薬剤師、血液検査技師、輸血部技師合同)

 

5.業務の週間予定
   毎日:必要時に骨髄検査
   火曜日:血液検査室にて末梢血および骨髄像の検鏡
   木曜日午後:必要時に移植骨髄大量採取(手術室)
   その他、外来、病棟業務を出番制にて行う。

 

Ⅳ 研修実績
1.認定資格の取得実績
   日本内科学会認定医、日本血液学会認定専門医になるための準備期間と見なす。

 

2.修了後の進路(平成15年時点)
   関連病院では血液内科を主体としてさらに内科研修の幅を広げる。
 大学院へ進学し、研究を通して血液疾患の知識を深めてゆく。

 

Ⅴ 診療グループ情報
1.外来患者数
   造血器悪性疾患:年間外来患者数約300名
 その他の血液疾患:年間外来患者数約200名

 

2.入院患者数
   造血器悪性疾患;年間入院患者数約120名
 その他の血液疾患;年間入院患者数約50名

 

3.造血幹細胞移植件数: 2012年7月まで
  1)同種骨髄移植(血縁) 49件  
  2)同種骨髄移植(非血縁) 76件  
  3)同種末梢血幹細胞移植 28件  
  4)自己末梢血幹細胞移植 67件  
  5)臍帯血移植 5件  

 

4.経験可能な疾患
   血液内科で取り扱う疾患全てを含む。

 

5.主な研究分野
  ・巨核球系細胞造血の機序。
  ・新しい抗白血病薬の開発。
  ・GVHD(移植片対宿主病)の病態解明
  ・造血幹細胞の可塑性の研究を通じた新たな細胞治療・再生医療の開発

 

6.施設の学会認定
   日本血液学会認定施設、日本輸血学会認定施設
   日本骨髄移植推進財団(日本骨髄バンク)骨髄移植・骨髄採取認定施設
   日本臍帯血移植認定施設

 

7.国内・国際的評価(研究・診療分野・先端的医療)
  主要研究分野
  1) Nonaka M, Ma BY, Imaeda H, Kawabe K, Kawasaki N, Hodohara K, Kawasaki N, Andoh A, Fujiyama Y, Kawasaki T. Dendritic cell-specific intercellular adhesion molecule 3-grabbing non-integrin(DC-SIGN) recognizes a novel ligand, Mac-2-binding protein, characteristically expressed on human colorectal carcinomas. J Biol Chem. 2011 Jun 24;286(25):22403-13.Epub 2011 Apr 22.
  2) Hodohara K. New crossmatch procedure: computer crossmatch experience in a blood service division. Masui. 2008 Sep;57(9):1117-24. Review. Japanese.
  3) Nonaka M, Ma BY, Murai R, Nakamura N, Baba M, Kawasaki N, Hodohara K, Asano S, Kawasaki T. Glycosylation-dependent interactions of C-type lectin DC-SIGN with colorectal tumor-associated Lewis glycans impair the function and differentiation of monocyte-derived dendritic cells. J Immunol. 2008 Mar 1;180(5):3347-56
  4)
Deguchi Y, Kimura S, Ashihara E, Niwa T, Hodohara K, Fujiyama Y, Maekawa T. Comparison of imatinib, dasatinib, nilotinib and INNO-406 in imatinib-resistant cell lines. Leuk Res. 2008 Jun;32(6):980-3. Epub 2008 Jan 8.
  5) Sato H, Ozawa K, Iwata S, Kaihara S, Ogura Y, Fujimoto Y, Ono M, Hodohara K, Uemoto S, Nakamura H, Takai K, Tanaka K. Role of bcl-2 mRNA in homeostatic proliferation in circulating T-cells in human liver transplant patients after T-cell depletion. J Surg Res. 2005 Aug;127(2):123-30.
  6) Segawa H, Kimura S, Kuroda J, Sato K, Nogawa M, Yuasa T, Yokota A, Hodohara K, Fujiyama Y, Maekawa T. The anti-leukemic efficacy of the third generation bisphosphonate ONO5920/YN529. Leuk Res. 2005 Apr;29(4):451-7.
  7) Minamiguchi H, Ingard JR, Laver JH, Mainali ES, Shultz LD, Ogawa M. An assay for human hemopoietic stem cells based on transplantation into nonobese diabetic recombination activating gene-null perforin-null mice. Biol. Blood and Marrow Transplant. 2005 (in press)
  8) Segawa H, Kimura S, Kuroda J, Sato K, Nogawa M, Yuasa T, Yokota A, Hodohara K, Fujiyama Y, Maekawa T. The anti-leukemic efficacy of the third generation bisphosphonate ONO5920/YM529. Leuk Res. 2005 Apr;29(4):451-457
  9) Minamiguchi H, Kimura T, Urata Y, Miyazaki H, Bamba T, Abe T, Sonoda Y. Simultaneous signalling through c-mpl, c-kit and CXCR4 enhances the proliferation and differentiation of human megakaryocyte progenitors: possible roles of the PI3-K, PKC and MAPK pathways. Br J Haematol. 2001 Oct;115(1):175-85.
  10) Amakata Y, Fujiyama Y, Andoh A, Hodohara K, Bamba T.: Mechanism of NK cell activation induced by coculture with dendritic cells derived from peripheral blood monocytes. Clin Exp Immunol., 124(2):214-22., 2001
  11) Takenaka K, Fujiyama Y, Andoh A, Sasaki T, Amakata Y, Matsubara H, Hodohara K, Bamba T.: Prevention of murine acute graft-versus-host disease by staphylococcal enterotoxin B treatment. Clin Exp Immunol, 123(1):155-61, 2001
  12) Kakazu N, Kito K, Hitomi T, Oita J, Nishida K, Masuda K, Miki T, Abe T. Characterization of complex chromosomal abnormalities in B-cell lymphoma by a combined spectral karyotyping (SKY) analysis and fluorescence in situ hybridization (FISH) using a 14q telomere probe. Am J Hematol. 2000 Dec;65(4):291-7.
  13) Minamiguchi H, Yahata N, Kimura T, Fujiki H, Harada S, Wang J, Okuda K, Kaneko H, Hodohara K, Banba T, Yasukawa K, Ohyashiki JH, Ohyashiki K, Abe T, Sonoda Y. Interleukin 6 receptor expression by human cord blood- or peripheral blood-derived primitive haematopoietic progenitors implies acquisition of different functional properties. Br J Haematol. 2000 Aug;110(2):327-38.
  14) Hodohara K, Fujii N, Yamamoto N, Kaushansky K. Stromal cell-derived factor-1 (SDF-1) acts together with thrombopoietin to enhance the development of megakaryocytic progenitor cells (CFU-MK). Blood. 2000 Feb 1;95(3):769-75.
  15) Sakabe H, Kimura T, Zeng Z, Minamiguchi H, Tsuda S, Yokota S, Hodohara K, Abe T, Lyman SD, Sonoda Y. Haematopoietic action of flt3 ligand on cord blood-derived CD34-positive cells expressing different levels of flt3 or c-kit tyrosine kinase receptor: comparison with stem cell factor. Eur J Haematol. 1998 May;60(5):297-306.
  16) Sakabe H, Yahata N, Kimura T, Zeng ZZ, Minamiguchi H, Kaneko H, Mori KJ, Ohyashiki K, Ohyashiki JH, Toyama K, Abe T, Sonoda Y. Human cord blood-derived primitive progenitors are enriched in CD34+c-kit- cells: correlation between long-term culture-initiating cells and telomerase expression. Leukemia. 1998 May;12(5):728-34.

 

  診療分野
   血液良性疾患
  1) Ukai Y, Fujimoto N, Fujii N, Shirai M, Wakabayashi M, Uenishi T, Koizumi Y, Hodohara K, Shimizu K, Tanaka T. Case of muscle abscess due to disseminated nocardiosis in a patient with autoimmune hemolytic anemia, and review of the published work. J Dermatol. 2012 May; 39(5):466-9. doi: 10.1111/j.1346-8138.2011.01393.x. Epub 2011 Oct 20.
  2) Fujimoto N, Nakanishi G, Shirai M, Fujii N, Minamiguchi H, Hodohara K, Tanaka T. Catastrophic gangrene caused by heat-insoluble cryoglobulins. Eur J Dermatol. 2011 Sep-Oct;21(5):817-8. No abstract available.
  3) Hirose M, Nakanishi K, Kaku S, Moro H, Hodohara K, Aotani H, Takebayashi K, Noda Y. Fetal hemolytic disease due to anti-Rh17 alloimmunization. Fetal Diagn Ther. 2004 Mar-Apr;19(2):182-6.
  4) Konishi H, Kanemoto K, Ikuno Y, Minouchi T, Inoue T, Hodohara K, Fujiyama Y, Yamaji A. Flucuation in therapeutic control associated with interchange of predonisolone tablet formulations: Assessment of bioequivalence by dissolution test. Yakugaku Zasshi 2002 Oct 122(10);813-817
  5) Shibata N, Ikuno Y, Tsubakimoto Y, Hoshino N, Minouchi T, Yoshio K, Inoue T, Taga T, Ando A, Hodohara K, Ohta S, Fujiyama Y, Bamba T, Yamaji A.: Adsorption and pharmacokinetics of cyclosporin A in relation to mode of infusion in bone marrow transplant patients. Bone Marrow Transplant, 25(6):633-8, 2000
  6) Yasunaga M, Fujiyama Y, Miyagawa A, Inoue T, Andoh A, Hodohara K, Bamba T, Inoue T, Yawata Y, Harano K, et al. Thalassemia incidentally found by marked erythrocytosis due to an ochre mutation at codon 35 in a Japanese man. Intern Med. 1995 Dec;34(12):1198-200.
  7) Kanzaki A, Yasunaga M, Okamoto N, Inoue T, Yawata A, Wada H, Andoh A, Hodohara K, Fujiyama Y, Bamba T, et al. Band 4.2 Shiga: 317 CGC-->TGC in compound heterozygotes with 142 GCT-->ACT results in band 4.2 deficiency and microspherocytosis. Br J Haematol. 1995 Oct;91(2):333-40.

 

   血液悪性疾患
  1) Izumiya S, Ishida M, Hodohara K, Yoshida T, Okabe H. Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disorder developed following autologous peripheral blood stem cell transplantation for relapsing  Hodgkin's lymphoma. Oncol Lett. 2012 Jun;3(6):1203-1206. Epub 2012 Apr 3.
  2) Ishida M, Hodohara K, Okabe H. Mediastinal seminoma occurring in down syndrome.  J Pediatr Hematol Oncol. 2012 Jul;34(5):387-8.
  3) Ishida M, Hodohara K, Yoshida T, Okabe H. Intravascular large B-cell lymphoma colonizing in senile hemangioma: a case report and  proposal of possible diagnostic strategy for intravascular lymphoma. Pathol Int. 2011 Sep;61(9):555-7. doi: 10.1111/j.1440-1827.2011.02697.x. No abstract available.
  4) Ishida M, Hotta M, Hodohara K, Okabe H. A case of intravascular large B-cell lymphoma colonizing in senile hemangioma. J Cutan Pathol. 2011 Feb;38(2):251-3. doi: 10.1111/j.1600-0560.2010.01633.x. Epub 2010 Sep 30. No abstract available.
  5) Fujimoto N, Wakabayashi M, Tanaka T, Minamiguchi H, Hodohara K. Herpes folliculosebaceous ulcer in a patient with chronic lymphocytic leukaemia: an ulcerative variant of herpes folliculitis associated with herpesvirus invasion of folliculosebaceous units in immunocompromised hosts.  Clin Exp Dermatol. 2010 Jun;35(4):447-9. Epub 2009 Oct 12. No abstract available.
  6) Itoh Y, Segawa H, Kito K, Hodohara K, Ishigaki H, Sugihara H, Fujiyama Y, Ogasawara K. Lipoid pneumonia with chronic myelomonocytic leukemia. Pathol Res Pract. 2009;205(2):143-7. Epub 2008 Sep 20.
  7) Matsuo S, Sato Y, Miyamoto A, Nakae I, Saeki M, Hodohara K, Horie M. Primary malignant lymphoma of the right atrium resulting in superior venacaval syndrome in an HIV-positive patient: depiction at multislice computed tomography and magnetic resonance imaging. Cardiovasc Revasc Med. 2006 Oct-Dec;7(4):255-7.
  8) Sakabe H, Bamba M, Nomura K, Kitamura S, Segawa H, Yasui H, Inoue T, Taniwaki M, Fujiyama Y, Bamba T. MALT lymphoma at the base of tongue developing without any background of immunodeficiency or autoimmune disease. Leukemia & Lymphoma 2003;44(5):875-878
  9) Inoue T, Fujiyama Y, Kitamura S, Andoh A, Hodohara K, Bamba T.: Trisomy 10 as the sole abnormality in biphenotypic leukemia. Leuk Lymphoma, 39(3-4):405-9, 2000
  10) Tsujikawa T, Uda K, Ihara T, Inoue T, Andoh A, Fujiyama Y, Bamba T.: Changes in serum diamine oxidase activity during chemotherapy in patients with hematological malignancies. Cancer Lett, 147(1-2):195-8, 1999
  11) Hodohara K, Fujiyama Y, Hiramitu Y, Sumiyoshi K, Kitoh K, Hosoda S, Sugiura H. Disseminated subcutaneous Nocardia asteroides abscesses in a patient after bone marrow transplantation. Bone Marrow Transplant. 1993 Apr;11(4):341-3.
  12) Hodohara K, Fujiyama Y, Inoue T, Niwakawa M, Kitoh K, Andoh A, Bamba T, Hosoda S, Abe T. Trisomy 4 in a case of acute lymphocytic leukemia (L1). Cancer Genet Cytogenet. 1992 Aug;62(1):88-91.

 

   後天性免疫不全症候群
  1) Sanada M, Koizumi Y, Hodohara K, Kwai H. Muliple cerebral  aneurysms caused by HIV-associated vasculopathy. Intern Med. 2010;49(18):2029-30. Epub 2010 Sep 15. No abstract available.
  2) Songok EM, Fujiyama Y, Tukei PM, Vulule JM, Kiptoo MK, Adungo NO, Kakimoto K, Kobayashi N, Genga IO, Mpoke S, Ichimura H. The use of short-course zidovudine to prevent perinatal transmission of human immunodeficiency virus in rural Kenya. Am J Trop Med Hyg. 2003 Jul;69(1):8-13.
  3) Songok EM, Lihana RW, Kiptoo MK, Genga IO, Kibaya R, Odhiambo F, Kobayashi K, Ago Y, Ndembi N, Okoth F, Fujiyama Y, Imanishi J, Ichimura H. Identification of env CRF-10 among HIV variants circulating in rural western Kenya. AIDS Res Hum Retroviruses. 2003 Feb;19(2):161-5.
  4) Songok EM, Kakimoto K, Genga I, Okello C, Makokha E, Kageyama S, Kobayashi N, Fujiyama Y, Ichimura H: Prenatal short-course zidovudine reduces mortality in children born to human immunodeficiency virus-positive mothers in rural Kenya. J Infect Dis, 183(10):1540-1, 2001

 

Ⅵ メッセージ
1.コース長: 藤山 佳秀 教授
   血液疾患の基礎は血液形態学であり、血液内科学の研鑽はこれに始まり極めることにある。日々の臨床の中で、例えば造血幹細胞移植後の緊張した毎日の中で血液塗抹標本に単球さらには顆粒球を見出した時の感激はきっと医師としての生涯で忘れることのできない経験となると想像に難くない。現在、造血幹細胞は新たな細胞治療そして再生医療への展開をみせてきている。臨床の場で様々な困難に立ち向かい、それを糧として研究に没頭する、そして新たな治療法へと臨床にトランスレートする。このようなダイナミズムを実体験として経験できる血液内科の研修を是非とも堪能して欲しい。

 

2.研修責任者: 程原 佳子 講師
   この四半世紀で、白血病は2倍、悪性リンパ腫は3倍、多発性骨髄腫は4倍に増えました。分子生物学的製剤の開発や幹細胞移植の発展により、これら造血器悪性腫瘍も治癒しうる疾患となっていますが、医療を駆使する血液内科医がいなければ、せっかく治る病気も治すことはできません。血液内科医は、決して病気だけを診ているのではありません。「血液」が表しているとおり、患者さんの全身を駆け巡り、探り、支え、治し、癒すことが仕事です。

 

3.指導医: 南口 仁志 輸血部助教
   DICなど凝固線溶系に係わる出血性疾患の病態把握・鑑別や、輸血医学(危機的出血への対応、超緊急輸血時の血液製剤の選択(異型輸血)、アルブミンの適正使用)など、将来的にどの診療科に進んでも役に立つ知識、実践を身につけることができるだけでなく、さらに血液内科学における鑑別診断・血液腫瘍学におけるがん化学療法等の治療にチーム医療として参加し、医師としてレベルアップをしていきましょう。

 

 

  指導医: 奥野 貴史 助教
 
 血液内科学は、従来より研究の成果と診療が結びつきやすい分野で、分子標的薬や抗体療法の成功、造血細胞移植治療の進歩によって、白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫といったこれまで難治と思われてきた病気で、長期の寛解が得られるようになりました。
 長期の生存が得られるようになってきた反面、抗癌剤の副作用によって生じる慢性疾患とも闘ってもらわなくてはならないようになり、内科全般に渡る知識が必要になってきます。それこそ、外来、病棟の診療の場面、場面で内科医としての醍醐味を感じられることと思います。
 もちろん、闘いに敗れ末期の場面に立ち会うこともあります。悪性疾患と診断したその日から、我々は緩和ケアも始める必要があります。
 医学の進歩を感じること、それを患者さんに還元すること、一方で医学の限界を感じること、そこから立ち上がって研究に還元すること、これらを十分に経験できる環境を提供します。そして、我々の仲間になってくれることを期待します。

 

  指導医: 瀬川 秀和 特任助教
   患者さんにとって病気になってしまうのは決してよいことではないけれども、僕たちは医師として患者さんの人生に関わり、その人生がよりよくなるための努力を日々続けています。身体所見、検査所見の少しの変化から患者さんの病態を把握し、総合的に適切な治療を行います。研修医の皆さんと一緒に考え、ともに人間として成長していきたいと思っています。たくさんの若い先生と出会えるのを楽しみにしています。

 

  指導医: 古屋 彩
   
 血液疾患に馴染みがない方は、ぜひ顕微鏡をのぞいて骨髄像、血液像を観察してみてください。そこには骨髄芽球、赤芽球、巨核球、顆粒球、リンパ球・・・私たちの体内をめぐる血液がどのような姿をしているのかを観察することができます。同じ病気でも骨髄像、血液像は多種多様です。病気を知り、患者一人ひとりに寄り添った医療を一緒に提供していきたいです。

 

4.レジデント: 細羽 桜 (所属学会 内科学会、血液学会、造血幹細胞移植学会)
   
 血液内科は病気と最初から最後まで向き合う科です。楽しい時間も辛い時間もどちらも共有するので、患者さんの快復を、自分のことのように喜べる科です。当科では医師だけでなく看護師、リハビリ科、薬剤部、輸血部、MSWが一緒にカンファを重ね、それぞれの意見を尊重しながら、人のことを想い、人のために何ができるかをみんなで必死に考えています。「自分のもてる最大限の力で誰かの一助になりたい」そんな当たり前のようで忘れがちな初心を、決して忘れない人たちが当科には集まっています。

 

Ⅶ 問い合わせ窓口
1.担当者: 奥野 貴史

 

2.TEL: 077-548-2217   FAX: 077-548-2219

 

3.E-mail:  takabee@belle.shiga-med.ac.jp


〒520-2192 滋賀県大津市瀬田月輪町 TEL:077-548-2436 FAX:077-548-2832
事務局:滋賀医科大学医学部附属病院 医師臨床教育センター(旧卒後臨床研修センター)(E-mail: kensyu@belle.shiga-med.ac.jp)