1. ルート
  2. 後期研修
  3. 平成28年度後期レジデント
  4. 心臓血管外科

心臓血管外科

心臓血管外科 後期卒後臨床研修プログラム

 

I 心臓血管外科とは何か
1.診療科の特色
   特定機能病院の心臓血管外科として心臓・血管疾患全般の診療にあたっています。狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓弁膜症、胸部および腹部大動脈疾患、不整脈、末梢血管疾患に対し再新医療設備・技術をもちいて高度の診断と手術・治療を行っています。救急医療にも積極的に対応し、同一病棟内の循環器内科と連携した診療を実践しております。
2.診療科の社会的ニーズ・必要性
   県の基幹病院心臓血管外科として心臓血管疾患全般に取り組んでおり、地域社会からの評価も年々高まってきています。また救急医療にも積極的に対応し、LMT症例、心原性ショック症例、PCI不能例、急性A型解離など緊急症例に対しては、紹介医の連絡から手術開始まで時間短縮と、迅速な手術施行で対応しております。また低心機能、透析、他臓器障害を抱える重症例、超高齢者にも対応しております。

 

3.習得できる資格
   外科学会専門医・指導医、胸部外科学会指導医、心臓血管外科専門医、など。

 

4.対象疾患
   虚血性心疾患、弁膜症、胸部大動脈疾患、腹部大動脈疾患、末梢血管疾患、不整脈など。

 

 

Ⅱ スタッフ
1.コース長
  氏  名 浅井 徹
  所属学会
日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本循環器学会、日本冠疾患学会など
  認定資格
日本外科学会指導医 日本胸部外科学会(認定、指導医) 日本心臓血管外科学会専門医 日本循環器学会専門医など
  専門分野 成人心臓外科

 

2.研修責任者
  氏  名 浅井 徹
  所属学会
日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本循環器学会、日本冠疾患学会など
  認定資格
日本外科学会指導医 日本胸部外科学会(認定、指導医) 日本心臓血管外科学会専門医 日本循環器学会専門医など
  専門分野 成人心臓血管外科

 

3.指 導 医
  氏  名 鈴木  友彰
  所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会など
  認定資格 日本外科学会専門医 日本心臓血管外科学会専門医
  専門分野 成人心臓血管外科

 

Ⅲ 研修概要
1.研修目標
   専門を志す若い医師には、代表的な心臓血管疾患の診断、外科手術を中心とする治療を計画、実行する能力を身につけてもらうことを目標とし、研修終了時点では心臓血管外科学会の専門医を取得する資格が得られるようになります。一方、将来他領域を志す短期研修の医師には、最低限身につけておくべき心臓血管外科の知識、技術を教えることを目標としています。

 

2.研修スケジュール
 
 以下は心臓血管外科学会に届けてある研修スケジュール・研修目標ですが、2年の前期研修後にこのプログラムを当科および関連施設でこなすことにより専門医が取得できます。
 
(1年目)a.心臓血管の発生、構造と機能を理解し、心臓血管疾患の病因、病理病態、疫学に関する知識を持つ。b.心臓血管疾患の診断に必要な問診および身体診察を行い、必要な基本の評価ができる。c.高齢者、ハイリスク患者を含む心臓血管疾患および病態について、症例を担当医として十分に経験する。d.開胸、閉胸、グラフト採取、末梢血管の手術の術者、周術期管理を担当する。  
(2年目)a.高齢者、ハイリスク患者を含み心臓血管疾患および病態について、症例を担当医として十分に経験する(重症度A B Cの疾患、主に助手、症例によっては術者)。b.心臓血管外科手術の呼吸、循環動態を理解し、輸液、輸血、感染対策などの周術期管理が適正にできる。術後合併症の早期発見と対策ができる。c.症例検討会で討論者となる。学術集会において心臓血管外科に関する発表を演者として行う。d.開胸、閉胸、グラフト採取、末梢血管の手術の術者、術後管理を行う。  
 (3年目)a.一般状態、加齢、他臓器機能、合併疾患を評価し、心身両面を考慮した総合的な治療計画の策定と手術適応の決定ができ、術式を適切に選択し、安全に実施することができる。b.患者とその関係者に病状と外科治療に関する適応、合併症、予後について十分な説明ができる。c. 高齢者、ハイリスク患者を含み心臓血管疾患および病態について、症例を担当医として十分に経験する。d.人工心肺のON/OFF, ASDなどの単純な開心術、腹部大動脈瘤、末梢血管バイパスの術者、周術期管理を担当する。                                            
 (4年目)a.心臓血管疾患の外科的治療の専門的知識とより高度な技能を習得する。b.医療事故、アクシデント、インシデントの発生に際してはこれを迅速に対処できる。c.心臓血管外科認定機構が定めた修練期間中に修練すべき手術を経験する。d.人工心肺のON/OFF、ASDなどの単純な開心術、腹部大動脈瘤、末梢血管バイパスなどの術者、術後管理を担当する。                 
 (5年目)a.心臓血管外科に関する研究論文および症例報告を行う。b.心臓血管外科修連中の後進の外科医を日常的に指導し、その成果を評価することができる。c.心臓血管外科認定機構が定めた修練期間中に修練すべき手術を経験する。d.単弁置換、冠動脈バイパス、胸部下行大動脈瘤、破裂性腹部大動脈瘤、血管外傷などの術者、周術期管理を担当する。

 

3.関連病院
  岸和田徳州会病院、金沢循環器病院、近江草津徳州会病院、小松市民病院、高知医療センターなど

 

4.カンファレンス
   月曜日 症例検討カンファレンス
   水曜日 症例検討カンファレンス

 

5.業務の週間予定
   月曜日 外来および手術
   火曜日 手術
   水曜日 外来
   木曜日 手術
   金曜日 外来および手術

 

 診療グループ情報
1.外来患者数
   2000人

 

2.入院患者数
   約380人

 

3.手術件数
   約360人(全身麻酔のみ)    

 

4.経験可能な手技
  心拍動下冠動脈バイパス、僧帽弁形成および置換、大動脈弁置換、胸部大動脈人工血管置換、左室形成、腹部大動脈置換、腹部大動脈ステントグラフトなど

 

5.主な研究分野
  短期長期成績を見すえた冠動脈バイパスモデルの研究
  長期成績のための僧帽弁形成術の研究
  動脈グラフトの機能的研究
  低侵襲化を目指した胸部大動脈手術の研究など

 

6.施設の学会認定
  日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会など

 

7.国内・国際的評価
   臨床研究の実績は国内外で高く評価されている。
   
Tomoaki Suzuki, Tohru Asai,    The Heart Surgery   Forum 2008
   Early and Midterm Results of Off-pump Coronary  Artery Bypass Grafting without    
                 Patients selection.
   
Tomoaki Suzuki Tohru Asai    General  Thoracic and Cardiovascular Surgery  2008
   Off-pump coronary artery bypass grafting using  in situ bilateral skeletonized internal
                 thoracic arteries.
   
Tomoaki Suzuki Tohru Asai     General   Thoracic and Cardiovascular Surgery 2008
      Early and midterm outcome after off-pump  coronary artery bypass grafting in patients
      with poor left ventricular  function compared with patients with normal function.
   
Takeshi Kinoshita, Tohru Asai    Heart Surgery Forum 2009
    Does off-pump bilateral internal thoracic artery grafting increase operative risk in
            dialysis patients?
   
Takeshi Kinoshita Tohru Asai      Innovations    2009
          Impact of previous PCI on hospital mortality after off-pump coronary artery bypass
            grafting in diabetic patients with multivessel disease
   
Tomoaki Suzuki Tohru Asai      Ann Thorac Surg  2010
       Left main coronary artery disease does not affect the outcome of off-pump coronary        
       artery bypass grafting
   
Takeshi Kinoshita  Tohru Asai   Ann Thorac Surg 2010
        Efficacy of bilateral  internal thoracic artery grafting in patients with chronic kidney
        Disease
   
Takeshi Kinoshita  Tohru Asai  Circulation journal 2010
        Role of Renin-Angiotensin system inhibitors in patients undergoing off-pump coronary
        artery bypass grafting.
   
Takeshi Kinoshita  Tohru Asai    Circulation journal 2010
        Statin for prevention of atrial fibrillation after off-pump coronary artery bypass grafting
        in Japanese  patients.
   
Takeshi Kinoshita  Tohru Asai    Circulation journal 2010
        Preoperative renal dysfunction and mortality after off-pump coronary artery bypass grafting in
        Japanese.
   
Takeshi Kinoshita  Tohru Asai    The heart surgery forum 2010
        Steal from skeletonized internal thoracic srtery graft during hemodialysis after coronary
       artery bypass grafting.
   
Takeshi Kinoshita  Tohru Asai    The heart surgery forum 2010
        Bilateral versus single internal thoracic artery grafting in dialysis patients with multivessel
        disease.
   
Takeshi Kinoshita  Tohru Asai   Ann Thorac Surg 2010
        Bilateral versus single skeletonized internal thoracic artery grafting in patients with disbetes.
   
Tomoaki Suzuki Tohru Asai     Interactive Cardiovasc and Thorac Surg 2010
       Safety and afficacy of central cannulation through ascending aorta for type A aortic disection
   
Tomoaki Suzuki  Tohru Asai    Ann Thorac Surg 2011
       In off-pump surgery, skeletonized gastroepiploic artery graft is superior to saphenous
       vein graft in patients with bilateral internal thoracic artery grafting
   
Takeshi Kinoshita  Tohru Asai   Ann Thorac Surg 2011
      Preoperative heart rate variability predicts atrial fibrillation after coronary bypass grafting
   
Tohru Asai                         Innovations 2011
    A novel design of posterior leaflet butterfly resection for mitral valve repair
   
Hosoba So   Tohru Asai    Heart Surgery Forum 2011
        Syphilitic aortitis causing bilateral coronary ostial stenosis
   
Hosoba So   Tohru Asai        Heart Surgery Forum  2011
         Surgical repair of a giant atrial septal aneurysm with patent foramen ovale.

  

Ⅵ メッセージ
1.コース長: 
  
2.指導医
 
 我々滋賀医大心臓外科浅井教授は世界レベルの心臓外科医です。学ぶことがたくさんありかなりの刺激があります。志高く頑張りましょう。

    

Ⅶ 問い合わせ窓口
1.担当者: 鈴木 友彰

 

2.TEL: 077-548-2244   FAX: 077-544-2901

 

3.E-mail: suzukit@belle.shiga-med.ac.jp


〒520-2192 滋賀県大津市瀬田月輪町 TEL:077-548-2436 FAX:077-548-2832
事務局:滋賀医科大学医学部附属病院 医師臨床教育センター(旧卒後臨床研修センター)(E-mail: kensyu@belle.shiga-med.ac.jp)