1. ルート
  2. 初期研修採用
  3. 病院からのメッセージ
  4. 医師臨床教育センター 副センター長

医師臨床教育センター 副センター長

副センター長 メッセージ

 医師臨床教育センター 副センター長 特任講師: 梅田 朋子
 
 
 滋賀県は日本で数少ない人口増加地域であり、大津市と草津市との境に位置する滋賀医科大学は近郊型医療の中心地となっています。また、拠点病院として、東近江医療センターはもちろんのこと県内外の病院との連携を行っています。豊富な多分野における専門医が研修をサポートし、最先端医療の実践をめざすとともに、図書館や研究施設など学びやすい環境も充実しています。保育所が大学内に併設されており、病児保育や夜間保育などにも対応しています。女医も多く、男女ともに働きやすい環境づくりに努力しています。大学内には滋賀県キャリアサポートセンターもあり、様々なライフステージに合わせてキャリアを継続し向上できるような取り組みもしています。人と人のつながりを大事にして、育てる大学です。一流の医療人をめざして、この地で共に歩みましょう。
 
 
 
 
医師臨床教育センター 副センター長  (兼任:血液浄化部 助教) 金崎雅美
 
 研修病院を選択する際、決め手となるのは何でしょうか?経験できる症例数や手技の多さでしょうか。病院の設備や立地条件でしょうか。指導医が充実していることでしょうか。学生の皆さんそれぞれが、様々な基準で研修病院を選択されることと思います。
  確かなことは、人生が一度きりであるのと同じように、初期研修期間も一度きりだということです。つまり、自分が選択した病院での初期研修以外は経験できないのです。そこで、研修病院選びに悩んでいる皆さんに提案です。初期研修中にも多様な選択肢がある病院を選びましょう。初めから将来の進路を決めている人もいますが、多くの研 修医は初期研修中に将来専門とする科を決定します。医師として働きだしてから興味が出てくる科もあるでしょう。自分に向いているのか、自分がやりたいこと なのか、経験してみなければわかりません。初めは何事にも興味と熱意をもって幅広く経験し、その中から次第に自分にあった専門分野を見つけていくのがよい でしょう。
   滋賀医大附属病院では、研修内容に関して多様な選択肢を提供できます。研修する科の選択については、希望に応じて柔軟に対応できます。また、指導医も数多くいますので、目標にしたい指導医や相性のいい指導医と巡り合えれば、必ず良い研修ができるでしょう。
 さらに研修に関して迷った時には、医師臨床教育センターで相談に応じます。場合によっては適切な上級医を紹介し相談にのってもらうなど、きめ細かい対応を心がけています。
 是非、滋賀医大附属病院で研修を行ってください。一緒に質の高い医療を目指しましょう。
 

 

 

 
ICLS講習会 外科ハンズオンセミナー  

他大学学生対象「病院見学(卒後臨床研修説明会)」のご案内
 ←クリックしてく ださい。 


〒520-2192 滋賀県大津市瀬田月輪町 TEL:077-548-2436 FAX:077-548-2832
事務局:滋賀医科大学医学部附属病院 医師臨床教育センター(旧卒後臨床研修センター)(E-mail: kensyu@belle.shiga-med.ac.jp)