動物実験処置の苦痛分類

国立大学動物実験施設協議会   


 北米の科学者の集まりであるScientists Center for Animal Welfare (SCAW)がスウェーデンの分類表をもとにCategories of Biomedical Experiments Based on Increasing Ethical Concerns for Non-human Speciesを作成した。

カ テ ゴ リ ー処 置 例 お よ び 対 処 方 法
A生物個体を用いない実験あるいは植物、細菌、原虫、又は無脊椎動物を用いた実験 生化学的研究、植物学的研究、細菌学的研究、微生物学的研究、無脊椎動物を用いた研究、組織培養、剖検により得られた組織を用いた研究、屠場から得られた組織を用いた研究。発育鶏卵を用いた研究。無脊椎動物も神経系を持っており、刺激に反応する。従って、無脊椎動物も人道的に扱わねばならない。
B脊椎動物を用いた研究で、動物に対してほとんど、あるいは全く不快感を与えないと思われる実験操作 実験の目的のために動物をつかんで保定すること。あまり有害でない物質を注射したり、あるいは採血したりするような簡単な処置。動物の体を検査(健康診断や身体検査等)すること。深麻酔下で処置し、覚醒させずに安楽死させる実験。短時間(2〜3時間)の絶食絶水。急速に意識を消失させる標準的な安楽死法。例えば、麻酔薬の過剰投与。軽麻酔下あるいは鎮静下での頸椎脱臼や断首など。
C脊椎動物を用いた実験で、動物に対して軽微なストレスあるいは痛み(短時間持続する痛み)を伴う実験 麻酔下で血管を露出させること、あるいはカテーテルを長時間挿入すること。行動学的実験において、意識のある動物に対して短時間ストレスを伴う保定(拘束)を行うこと。フロイントのアジュバントを用いた免疫。苦痛を伴うが、それから逃げられる刺激*c。麻酔下における外科的処置で、処置後も多少の不快感を伴うもの。
カテゴリーCの処置は、ストレスや痛みの程度、持続時間に応じて追加の配慮が必要となる。
D脊椎動物を用いた実験で、避けることの出来ない重度のストレスや痛みを伴う実験 行動学的に故意にストレスを加え、その影響を調べること。麻酔下における外科的処置で、処置後に著しい不快感を伴うもの。苦痛を伴う解剖学的あるいは生理学的欠損あるいは障害を起こすこと。苦痛を伴う刺激を与える実験で、動物がその刺激から逃れられない場合。長時間(数時間あるいはそれ以上)にわたって動物の身体を保定(拘束)すること。本来の母親の代わりに不適切な代理母を与えること。攻撃的な行動をとらせ、自分自身あるいは同種他個体を損傷させること。麻酔薬を使用しないで痛みを与えること。例えば、毒性実験において、動物が耐えることのできる最大の痛みに近い痛みを与えること。つまり、動物が激しい苦悶の表情を示す場合。放射線障害を起こすこと。ある種の注射、ストレスやショックの研究など。 カテゴリーDに属する実験を行う場合には、研究者は、動物に対する苦痛を最小限のものにするために、あるいは苦痛を排除するために、別の方法はないか検討する責任がある。
E麻酔していない意識のある動物を用いて、動物が耐えることの出来ない最大の痛みに近い痛み、あるいはそれ以上の痛みを与えるような処置 手術する際に麻酔薬を使わずに、単に動物を動かなくすることを目的として筋弛緩薬あるいは麻痺性薬剤、例えばサクシニルコリンあるいはその他のクラーレ様作用をもつ薬剤を使うこと。麻酔していない動物に重度の火傷や外傷をひきおこすこと。精神病のような行動を起こさせること。家庭用の電子レンジあるいはストリキニーネを用いて殺すこと。避けることの出来ない重度のストレスを与えること。ストレスを与えて殺すこと。 カテゴリーEの実験は、それによって得られる結果が重要なものであっても、決して行ってはならない。カテゴリーEに属する大部分の処置は、国の方針によって禁止されており、したがって、これを行った場合は、国から研究費は没収され、そして(または)その研究施設の農務省への登録は取り消されることがある。


 苦痛を伴うが、それから逃げられる刺激←→動物-行動学的研究