方法 │動物モデル│ ←→テスト法(行動)/刺激

  • 動物を対象とする研究者は、常に研究の意義と重要性を考えなければならない。
  • 犠牲となる動物の数を最小にしなければならない。
  • 動物に与える苦痛を最小にしなければならない。
  • 自分が耐えられない痛みは動物に与えてはならない。

急性持続性疼痛のモデル
神経障害性疼痛のモデル
炎症性疼痛ー関節炎モデル
筋肉痛モデル
骨転移痛モデル
脊髄搊傷モデル
術後痛モデル
ストレスモデル
無痛症のモデル

てんかんの動物モデル  →脳虚血モデル
  • 動物を対象とする研究にも、急性痛に関する研究と慢性痛に関する研究がある。慢性痛に関する研究のためには、慢性疼痛モデルを作製し、痛みや鎮痛法を検討する。
  • 動物を対象とした痛みの研究、特に疼痛モデル動物を対象とした研究では、ヒトを対象とした検査と同様に、動物に与える苦痛を最小にしなければならない。ヒトが耐えられない痛みの研究はしてはいけない。
  • 動物モデルでは、自発痛を対象とした研究は困難である。


●急性持続性疼痛のモデル
 →ホルマリンテスト: 生理的疼痛モデル

●神経搊傷モデル ←→神経障害性疼痛/神経搊傷

●炎症性疼痛ー関節炎モデル ←→炎症/関節炎

●筋肉痛モデル
●骨痛モデル
●脊髄搊傷モデル ←→脊髄搊傷 参考1
●術後痛モデル ←→術後痛
●ストレスモデル →ストレス

●無痛症のモデル ←→先天性無痛無汗症

Pain Relief