様々な痛み │がん性痛 Cancer pain│
  ←→治療/PCA/オピオイド/鎮痛補助薬/ホスピス →参考1/2

○内臓器官へのがん浸潤による痛み ←→内臓/内臓痛/腹痛
△消化器のがんの痛み
  1. 胃がんの痛み
  2. 大腸がんの痛み
  3. 肝がんの痛み
  4. 膵臓がんの痛み

泌尿器のがんの痛み
  1. 腎がんの痛み
  2. 膀胱がんの痛み

肺がんの痛み

乳がんの痛み

○白血病の痛み


○がん組織による血管閉塞


○骨転移の痛み  ←→骨転移/骨転移痛/モデル
  • がんの骨転移は、がん組織から遊離したがん細胞が、血行性に骨に漂着し、そこで増殖する。直接がん組織が骨に浸潤することもある。
  • がんの骨転移は、X線写真の所見から、溶骨性造骨性(硬化性)、両者の混合型の3型に分けられる。
     多くの場合、骨転移があると、骨の吸収と形成が同時に進行していて、形成が優位なときには硬化性、逆に吸収が優位なときには溶骨性となり、両者の中間であれば混合型となる。

骨吸収

脊椎骨転移  ←→脊椎関連の痛み

骨転移に続発する椎間板ヘルニア  ←→椎間板ヘルニア

脊髄圧迫


○ニューロパシックペイン=がん組織の末梢神経浸潤による痛み
  ←→神経障害性疼痛/手術における神経損傷による痛み

腕神経叢浸潤への浸潤  ←→腕神経叢

腰・仙骨・陰部神経叢への浸潤

脊髄神経浸潤


○脳内転移

○手術による神経損傷による痛み医原性の医原性のニューロパシックペイン
  ←→がん組織の末梢神経浸潤による痛み/神経障害性疼痛
○化学療法薬 chemotherapy drugによるニューロパシー ←→neuropathic pain
○放射線療法によるニューロパシー


○突出痛 breakthrough pain →参考1



Pain Relief