<img src="/counters/dbcounter.php?cid=toruasai&dir=black"> HOME > 僧帽弁形成術

僧帽弁形成術はButterfly法導入で
ここ数年100%の形成成功率を誇ります。



 僧帽弁閉鎖不全は、徐々に心機能を悪化させるだけでなく、突然の感染性心内膜炎から多臓器不全を起こし生命予後を脅かすことが明らかになってきました。その経過中、心房細動の発症、三尖弁閉鎖不全による右心不全の発症も無視できません。
 僧帽弁形成術は最もこれまで力を入れて取り組んできたこだわりの手術の一つです。さまざまな原因で生じる逆流に対して、変性余剰組織に応じては三次元的に理想とする弁尖形態を再建する方法(Asai’s Butterfly Technique)を、感染による欠損には自己心膜補填法、また人工腱索再建、弁輪形成も、それぞれの病態に対して確実で耐久性の高いテクニックを用い、ここ数年100%の形成成功率を誇ります。
 僧帽弁形成術は、クオリティにおいて違いが現れます。

Figure 1.jpg

Figure. Designs and areas of leaflet tissue resected in butterfly resection (red lines) are compared with quadrangular resection (dark blue line) and the sliding leaflet technique (light blue line).

大見出しを入力します。

小見出しを入力します。

リード文を入力します。

P22.jpg

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、

大見出しを入力します。

小見出しを入力します。

リード文を入力します。

P23.jpg

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、

Mitral Valve Repair for Prolapsing Posterior Leaflet by Butterfly Technique (2013 Asai)



Butterfly resection allows adjustable height reduction of the new posterior leaflet with minimal tissue resection and no annular plication. This facilitates the use of larger annuloplasty ring and reduces the risk of systolic anterior motion by shifting the coaptation line posteriorly during systole. Butterfly resection can be safely performed without SAM and is durable in midterm followup. By echocardiography, this technique reduces theheight of the posterior leaflet and shifts the coaptation point further away from the septum.
reference: Ann Thorac Surg 2011;92:2097--103

ページの先頭へ