<img src="/counters/dbcounter.php?cid=toruasai&dir=black"> HOME > 急性A型大動脈解離

救急車から手術室に最短時間で直接入室
劇的な手術時間の短縮で、奇跡的救命が!




心臓や大動脈の重症疾患は、急変して手術までたどり着けない方がまだいるのが現状です。どんな高い技術があっても全く役に立ちません。これまで助けられなかった悔しさから、滋賀医科大学病院では手術室スタッフと麻酔科医師の協力のもと手術室に直接入る「手術室直接入室システム」を確立し、緊急手術要請から最短時間で手術を開始できるようになりました。
 急性A型大動脈解離は現在でも一刻を争う重症ですが、手術自体でも上行大動脈からの送血管直接挿入を導入。これまでの腋窩動脈と大腿動脈の3つの送血ルートを症例に応じて使い分け、脳合併症を最少限とし出血を確実に止める手技を開発し、劇的な手術時間の短縮と出血量・輸血量の減少を達成しました。大動脈瘤破裂、ショック状態、心タンポナーデに対しても、救急車から手術室に最短時間で直接入るシステムを確立し、多くの命が奇跡的に救われています。

Axillary Artery Cannulation for Acute Type A Aortic Dissection



Axillary Artery Cannulation is a "must" item for cardiac surgeons to master for treatment of thoracic aortic diseases. In this video, a direct cannulation to the right axillary artery was performed for the emergency opertaion for acute type A aortic dissection. Hypothermic circulatory arrest was introduced for open distal anastomosis. The intimal tear was found at the anterior aspect of the arch. It was eliminated and designed obliquely for hemiarch anastomosis. Hemostasis was obtained and patient did well.

ページの先頭へ