<img src="/counters/dbcounter.php?cid=toruasai&dir=black"> HOME > 急性心筋梗塞合併症

死亡率がいまだに高い心室中隔穿孔は
新手術で高い救命率を達成しています。



 急性心筋梗塞の後起きる合併症として、心室中隔穿孔と乳頭筋断裂で起こる僧帽弁逆流による急性心不全があります。稀ではありますがその頻度は今日でも減少せず、手術しない場合の早期死亡率は90%を超えます。
 私たちの心室中隔穿孔手術は、従来の手術法を根本から見直し再発のない新術式(Asai’s Extended Sandwich Patch法)を考案導入して以来高い救命率を達成し、国内外で注目されるようになりました。
 また、乳頭筋断裂はこれまで困難と考えられた僧帽弁形成の新術式を考案適応し弁置換せず救命してきました。他院からでも連絡が入り次第いつでもただちに治療準備態勢を整えています。心原性ショック状態の症例こそ私たちのスペシャリティです。お送りください。いつでも救命治療いたします。

Repair of Postinfarction VSD through RV incision and VSD



Techniques of repair for postinfarction VSD were demonstrated. The method is a double patch technique by large bite horizontal mattress. The method preserves RV and LV function, and have secure leak-free repair of the ventricular septum.

Techniques of mitral valve repair for papillary muscle rupture



Techniques of mitral valve repair for acute MR due to papillary muscle rupture following myocardial infarction. 急性心筋梗塞の後に合併する乳頭筋断裂による僧帽弁閉鎖不全に対する弁形成手術手技の­ビデオ。

ページの先頭へ