滋賀医科大学へのご支援をお願いいたします

写真:学長塩田浩平

滋賀医科大学は昭和49年(1974年)の開学以来、関係各位のご支援によって着実に発展してきました。医学科・看護学科の卒業生は5千名近くになり、滋賀県をはじめとする医療機関、大学、行政機関などで活躍しています。医学部では特色ある研究で国際的に注目される成果を挙げ、附属病院では高度先進医療、総合医療、質の高い看護実践に力を入れ、信頼される医療機関として高い評価を受けています。

平成16年の国立大学法人化以来、各大学が自助努力によって特色ある教育•研究・診療等を充実発展させることが求められています。一方、国の財政事情により、国からの国立大学法人への運営費交付金が10年間で10%以上(総額1400億円)削減され、大学運営が危機に瀕しています。

滋賀医科大学では、学生の教育や課外活動の支援、若手研究者の研究支援や海外研修の支援、附属病院の機能や患者サービスの充実などを目的として、「滋賀医科大学支援基金」を設け、同窓会組織である「湖医会」、医学科ならびに看護学科の後援会と協力しながら、大学活動を向上充実させるための基金活動を進めています。

ご寄附いただくに当たりましては、大学運営全般、附属病院運営、学生の修学支援のいずれかをお選びいただくことができます。
皆様方には、本基金の趣旨をご理解いただき、ぜひともご協力を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

国立大学法人 滋賀医科大学
学長 塩田 浩平
同窓会「湖医会」会長 渡邊 一良
医学科後援会長 中村 保
看護学科後援会長 伊庭 敬二

支援基金の概要

この基金には目的別に以下の3種類を設けています。
どの資金にご支援いただくかは、お申し込み時に特定してご寄附いただくことになります。

大学運営資金

広く大学運営全般に役立たせていただきます。

附属病院運営資金

病院運営全般に役立たせていただきます。また、寄附者のご意向で特定部署に一定割合を配分することも可能です。
なお、寄附金の一部は大学運営資金に充当させていただきますことをご了承願います。

わかあゆ育成資金

経済的理由により修学が困難な学生に対する以下の事業に役立たせていただきます。

  • 授業料、入学料等の減免
  • 奨学金の貸与又は給付
  • 留学費用の支援
  • 教育研究補助者に学生を雇用して賃金として支援するための経費

※ 一般の寄付と比べて税制が優遇されます。