よくあるお問い合わせ

よくある質問をまとめました。

受講対象者は?

「情報倫理とセキュリティ」のe-Learning受講対象者は下記のとおりです。

  • 本学のアカウント(メールアドレス)を取得している全学生・教職員が対象です。次のご身分の方も含みます。
    • 名誉教授
    • 非常勤職員
    • 論文投稿中などでメールアドレス利用を延長されている方
    • 本学に籍はないが、本学のアカウント(メールアドレス)を取得している方
    • 休職中・休業中・休学中の方

受講対象であるにもかかわらずコースが表示されない場合は、お手数をおかけいたしますが、メールにて以下の項目をご連絡ください。

宛先: ※E-mailアドレスの[at]は@に置き換えてください。
件名:
内容:


パスワードがわからない場合は?

下記ページをご確認の上、手続きを行ってください。
参照:パスワードを忘れたら (学内からのみ閲覧可)

なお、以下の場合はアカウント(メールアドレス)が無効になっています。

  • 前年度のe-Learningを受講しなかった:アカウント(メールアドレス)が削除されています。
    ※アカウント(メールアドレス)再開手続きについてはこちらをご確認ください。


受講しなかった場合は?

期限内に修了しない場合は、アカウント(メールアドレス)を停止します。


アカウント(メールアドレス)が停止されるとどうなるの?

アカウント(メールアドレス)を利用した下記サービスにログインできなくなります。

  • 本学のメール(Webメール)
  • e-Learningの受講
  • VPNサービス
  • ネットワークの接続 (学内無線LAN含む)
  • 「マイライブラリ」の使用
  • 学生用WEBサービス(履修登録・成績参照 等)
  • 研究情報データベースシステムの登録・更新(researchmap含む)
  • その他 (学内からのみ閲覧可)

外国語対応は?

英語版を提供しています。

  • 全学メールで英文にて案内を送信しています。
  • 英語版は希望者のみコース追加を行いますので、受講者本人より英語版のコースに参加希望と返信する必要があります。
  • 英語版コースに参加申請を講座で一括して行う場合は、お手数をおかけいたしますが、メールにて下記の内容をご連絡ください。
  • 受講マニュアルはこちら(英文PDF)です。
宛先: ※E-mailアドレスの[at]は@に置き換えてください。
件名:
内容:


満点を取ったら(修了したら)どうしたらいいの?

e-Learningの結果は、管理者で確認しているため、「満点が取れた」「修了した」等の連絡は不要です。


VPNにログインできない場合は?

パスワードはわかっているが、VPNにログインできない場合は、下記をお試しください。

  • VPNサービスのページの「対応OS」及び仕様書を確認する
  • ブラウザを変えてみる (Internet ExplorerからFirefox、safariからchromeなど)
  • パソコン・タブレット等の機器を変えてみる
  • 他大学・他病院などからアクセスしている場合は、自宅でログインしてみる


e-Learningにログインできない・テストの表示がおかしい場合は?

お使いのブラウザが推奨されているバージョンかどうかをご確認ください。
推奨環境でない場合は、ブラウザの変更やアップデートを行ってください。
参照:推奨クライアント環境


受講対象外だが受講を希望する場合は?

受講対象外の方が受講を希望される場合は、お手数をおかけいたしますが、メールにて以下の項目をご連絡ください。

宛先: ※E-mailアドレスの[at]は@に置き換えてください。
件名:
内容:


アカウント(メールアドレス)再開手続きについて

2018年度の「情報倫理とセキュリティ」e-Learning未修了の場合

メールアドレス復活申請(学内からのみ閲覧可)の手続きを行ってください。
所属経由での代理申請可能です。
なお、2019年度の「情報倫理とセキュリティ」のe-Learning受講対象となりますので、期日までに受講してください。
学外からの復活申請は、マルチメディアセンターまでお問い合わせください

2019年度の「情報倫理とセキュリティ」e-Learning未修了の場合

期限までに「情報倫理とセキュリティ」についてのe-Learningを受講しなかった場合は、アカウント(メールアドレス)を停止します。
アカウント(メールアドレス)の利用再開を希望する場合は、所定の手続きを行ってください。
「アカウント(メールアドレス)再開手続き」は、アカウント(メールアドレス)停止された本人が行ってください。※代理申請不可
※アカウント(メールアドレス)は、停止前のものと同じものをお使いいただきます。

  1. 「滋賀医科大学情報ネットワーク停止解除申請書」をダウンロードし、印刷してください。
    必要事項を記入後、所属長(学部学生の場合は、クラス担任・学年担任)の署名をもらった上でマルチメディアセンター窓口までご提出ください。
  2. アカウント(メールアドレス)が再開されたら、所定の期日までに「情報倫理とセキュリティ」のe-Learningを修了してください。
    ※期日までに修了が確認できなかった場合は、再度アカウント(メールアドレス)を停止します。

アカウント(メールアドレス)の停止と削除の違いは?

メールの取り扱いが下記のとおり異なります。

  • 「停止」の場合
    • メールボックスの中身は保持されます
  • 「削除」の場合
    • メールボックスの中身ごと削除されます

注:どちらの場合も「User unknown」エラーメールが送信者に届きます。


受講免除希望を申し出たいときは?

受講対象者が休職中などで「情報セキュリティe-Learning」の受講が困難である場合、所属長名義で「情報セキュリティe-Learning 受講免除申請書」を提出することができます。
申請理由を検討の上、許可されれば当該年度の「情報セキュリティe-Learning」の受講が免除されます。
※休職中などであっても、アカウント(メールアドレス)を利用したサービスを使用する場合は、「情報セキュリティe-Learning」を受講してください。

  1. 「情報セキュリティe-Learning 受講免除申請書」をダウンロードし、印刷してください。
  2. 所属長名で必要事項を記入し、SUMS CSIRT(マルチメディアセンター)までご提出ください。
  3. 申請理由を検討し、「情報セキュリティe-Learning」受講免除の可否をご連絡いたします。

受講案内ページへ戻る