Table of Contents Table of Contents
Previous Page  100 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 100 / 156 Next Page
Page Background

眼科

〈弱視・斜視外来〉

 小児から成人までを対象とした斜視(外斜視、内斜視、眼振など)や、小児を対象とした弱視(視力の発

達不良)を診る専門外来です。視力、眼位検査、両眼視検査などを行い、多くの弱視治療や、斜視手術を行っ

ています。乳児内斜視や成人斜視に対しても積極的に治療を行っています。

〈緑内障外来〉

 細隙灯顕微鏡、接触型眼圧計、非接触型眼圧計、静的視野計、動的視野計、眼底カメラ、光干渉断層計(前

眼部、後眼部OCT)、微小視野測定装置、などの最新の検査機器を用いて検査・解析します。点眼薬、内服

薬にて眼圧コントロール不良の患者さんや視野障害の進行する方には、経験豊富な術者によりレーザー手術

を含む多数の手術を積極的に行っています。

〈ロービジョン外来〉

 低視力の方に対して、拡大鏡や遮光眼鏡を処方しています。中心に見えないところがある方を対象に、最

新の装置を用いて中心外で見る訓練(偏心固視訓練)も積極的に行っています。

〈コンタクトレンズ外来〉

 円錐角膜や白内障手術後の小児などの高い技術を要する内容を中心に行っています。

〈色覚外来〉

 差別につながると敬遠されがちな問題ですが、色覚異常を持つ本人にとっては大きな問題です。適切な検

査によって色覚の特性を把握し、社会生活で不利が生じないように対策を立てるようにしています。遺伝子

の問題にも取り組んでいます。

〈眼形成外来〉

 眼形成外来では主に眼瞼下垂、内反症、兎眼、眼瞼裂傷といった眼瞼疾患だけでなく、結膜弛緩や翼状片

といった結膜疾患も診察、治療しています。涙道外来では涙道閉塞、涙嚢炎、涙小管断裂などの涙道疾患の

診察と治療を行っています。涙道外来では涙道内視鏡および鼻内視鏡を導入しより正確で低侵襲な治療を行っ

ています。

主な手術

〈網膜硝子体〉

 硝子体手術は硝子体を吸引切除し、様々な網膜硝子体疾患によって引き起こされる増殖組織、出血を除去し、

網膜の機能を改善する手術です。網膜剥離、増殖性硝子体網膜症、増殖糖尿病網膜症、糖尿病黄斑症、硝子

体出血、網膜下血腫、黄斑円孔、黄斑前膜、網膜静脈閉塞症などが適応です。より侵襲の少ない極小切開硝

子体手術システムや広角倒像眼底観察システム、新しい眼内照明システムを用いてより安全かつ確実な手術

を行っております。

〈斜視〉

 本院は斜視手術関連の基幹病院となっています。また、安全で侵襲の少ない術式の開発に取り組んでいます。

〈緑内障〉

 緑内障の手術は眼圧を下げる手術ですが、一般に大きく分けて2種類あります。一つは、眼圧下降効果が

大きいものの合併症が懸念されるハイリスクハイリターンの手術。もう一つは、眼圧下降効果が前者ほどな

いものの合併症の少ないローリスクローリターンの手術です。私たちは、これらを改良しローリスクハイリ

ターンにする方法、すなわち安全かつ効果が大きい方法の開発に取り組んでいます。また、チュ-ブシャン

ト手術も導入し、施行しております。

〈白内障〉

 混濁した水晶体を小さな切開創から超音波で乳化して吸引し眼内レンズを挿入します。術後乱視の少ない

最新の方法で行います。白内障以外の眼合併症をもつ難治例の白内障手術も積極的に行っています。

99

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内