Table of Contents Table of Contents
Previous Page  101 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 101 / 156 Next Page
Page Background

眼科

臨床研究

〈加齢黄斑変性に対する治験〉

 加齢黄斑変性は加齢が原因で起こる眼の病気で、50歳以上の約1.2%(80人に1人)にみられます。日本人

に多いタイプでは、脈絡膜から発生するもろく破れやすい新生血管が原因で発症します。日本では緑内障、

糖尿病網膜症、網膜色素変性に次いで視覚障害者手帳の交付原因疾患の第4位であり、高齢者の失明原因の

ひとつです。症状としては、ゆがんで見える、中心が暗く見える、ぼやけて見えるなどの症状があります。

 現在最も多く行われている治療は、脈絡膜新生血管を成長させる物質(VEGF:血管内皮増殖因子)のは

たらきを抑え、脈絡膜新生血管を消退させる薬剤を眼内に注射する「抗VEGF療法」です。当科では、加齢

黄斑変性を対象とした新しいお薬(眼内注射)の有効性、安全性を検証する治験の参加者を募集しています。

参加いただくには基準があります。そのため、診察や検査結果によってはご参加いただけない場合もござい

ますので、あらかじめご了承ください。

〈加齢黄斑変性に対する臨床研究〉

 加齢黄斑変性に対して現在、我が国で最も多く行われている治療は、脈絡膜新生血管を成長させる物質

(VEGF:血管内皮増殖因子)のはたらきを抑え、脈絡膜新生血管を消退させる薬剤を眼内に注射する「抗

VEGF療法」です。

 「抗VEGF療法」では、眼内注射の注射回数の多さが問題となってきます。投与回数を減らすことができれ

ば、眼内注射に伴う合併症の軽減、患者さんの受診回数の減少に伴う患者さんの経済的負担の軽減にも寄与

できると考えています。そのため、当科では、「抗VEGF療法」に対する最適な投与間隔の確立とその有効性

と安全性の検討を行う臨床研究を行っており、参加者を募集しています。参加いただくには基準があります。

そのため、診察や検査結果によってはご参加いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

〈網膜静脈閉塞症に対する臨床研究〉

 網膜静脈閉塞症は、網膜の静脈が閉塞し、網膜に出血や浮腫をおこします。高血圧の方で発症するリスク

が高いことが知られています。日本人では40歳以上の約50人に1人(2.1%)に発症し、有病率は他のアジア

人や白人より高いです。網膜の出血や浮腫が黄斑におよぶと、視力低下やゆがんで見えるなどの症状があり

ます。

 現在最も多く行われている治療は、静脈からの血液や水分の漏れを抑制する薬剤を眼内に注射する「抗

VEGF療法」です。「抗VEGF療法」では、眼内注射の注射回数の多さが問題となってきます。投与回数を減

らすことができれば、眼内注射に伴う合併症の軽減、患者さんの受診回数の減少に伴う患者さんの経済的負

担の軽減にも寄与できると考えています。そのため、当科では、「抗VEGF療法」に対する最適な投与間隔の

確立とその有効性と安全性の検討を行う臨床研究を行っており、参加者を募集しています。参加いただくに

は基準があります。そのため、診察や検査結果によってはご参加いただけない場合もございますので、あら

かじめご了承ください。

〈斜視に対する臨床研究〉

 斜視は左右の目のバランスがずれる疾患で、麻痺による麻痺性斜視と麻痺を伴わない共同性斜視に分けら

れますが、いずれも整容異常や複視などの症状が問題となります。また斜視に対する治療には、斜視手術や

プリズム眼鏡装用などがあり、そのうち斜視手術は一般的に眼球の周りにある外眼筋を手術することで、目

の位置(眼位)を矯正します。ただし、手術効果の正確な予測は難しく、また術後の経過観察中に斜視が再

度目立ってくる場合があります。

 そのため、当科では斜視手術を施行した患者さんのカルテデータなどを基に、手術効果や長期予後につい

て研究しております。これにより今後の斜視手術の適応や術式選択など、よりよい治療方法の決定に寄与で

きると考えています。

100

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内