Table of Contents Table of Contents
Previous Page  104 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 104 / 156 Next Page
Page Background

麻酔科

麻酔科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 麻酔科は高齢者から小児まで、手術における全身管理、麻酔管理を行っています。手術前の麻酔科的評価、

術中管理、さらには術後管理、特に術後疼痛管理まで含めた周術期管理を対象としています。また、手術に

おける麻酔管理ばかりではなく、検査における全身管理、鎮静も必要に応じて行っています。また、麻酔科

外来では麻酔科的問題がある症例での術前評価とアドバイスを行っています。

 当院は日本麻酔科学会認定指導病院であり、麻酔指導医の厳格な監視のもとで研修医とともに麻酔を担当

することで、未来の麻酔専門医を育成しています。さらに、県内の救急救命士を対象に気管挿管実習を実施し、

地域救急医療を支えています。

 滋賀県における地域中核病院の麻酔部門として、手術麻酔の他に疼痛管理もペインクリニック科にて行っ

ています。

診療内容・専門分野

 院内で行うすべての手術診療分野を対象とした麻酔を行っています。特に麻酔を受ける際に問題のある患

者さん、例えば過去の麻酔時に異常が生じたことがある患者さん、喘息など呼吸器系疾患、心不全、局所麻

酔薬アレルギー、神経・精神的障害を有する患者さんにも専門性をもって対応できるよう万全の体制を整え

ています。さらに、MRI室における麻酔、インターベンション(カテーテルを血管に挿入して行う治療法)

の麻酔など手術室外にも麻酔医を派遣しています。

 術前に持病のある方や麻酔に問題がある方を対象に、外科系の先生からの紹介により麻酔コンサルタント

を行っています。さらに手術前日には手術を受けるすべての方を対象に麻酔科医による最終の術前評価と麻

酔の説明同意を行っています。また、周術期管理チームによる術前の医療介入を行い、術後早期回復に努め

ています。

臨床研究

〈後方視的研究〉

 当科ではカルテデータなどの既存資料を用いた観察研究を行っております。以下の表題の研究を行ってお

り、該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、研究課題詳細PDFに記載しておりま

す、個々の問い合わせ先にお申し出をいただきますようお願いします。

◦承認研究

承認年月

研究課題名

2014年2月

大血管疾患患者の手術室直接搬入例の予後と問題点の検証

倫理委員会承認番号:25-191

(http://www.shiga-med.ac.jp/hospital/doc/department/department/stupefaction/files/987.pdf

2014年2月

経食道心エコーによる僧帽弁逆流症修復術時の術中所見と予後の関係

倫理委員会承認番号:25-192

(http://www.shiga-med.ac.jp/hospital/doc/department/department/stupefaction/files/986.pdf

2014年1月

帝王切開での所要時間調査

倫理委員会承認番号:25-171

(http://www.shiga-med.ac.jp/hospital/doc/department/department/stupefaction/files/984.pdf

103

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内