Table of Contents Table of Contents
Previous Page  118 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 118 / 156 Next Page
Page Background

リハビリテーション科

〈専門分野〉

・神経・筋疾患のリハビリテーション

・リウマチ・骨関節疾患のリハビリテーション

・脳卒中・脳外傷のリハビリテーション

・心臓術後・循環器疾患のリハビリテーション

・スポーツ・リハビリテーション

・人工内耳・嚥下障害のリハビリテーション

〈心臓リハビリテーションの効果 〉

1.運動耐容能の向上

2.精神面における改善

3.血管の内プラーク(こぶ)の退縮

4.自律神経のバランスの改善

5.耐糖能(ブドウ糖の処理能力)の改善

6.肥満の改善

7.高血圧症の改善

8.脂質異常の改善

〈高度医療〉

・バイオフィードバック筋電計を導入し、神経・筋活動の再教育訓練を行っています。

・高度変形に対する人工関節置換術や人工関節再置換術術後に対するリハビリテーションを提供しています。

・呼気ガス分析装置、心電モニターエルゴメーターにより、安全で効率的な心臓リハビリテーションを行っ

ています。

・膝関節・肩関節のスポーツ障害に対して、保存療法および鏡視下手術術後のリハビリテーションを行って

います。

・嚥下障害に対しては咽頭喉頭ファイバー・造影の検査結果に基づいて、当院の栄養サポートチーム(NST)

と連携した嚥下リハビリテーションを提供しています。

特に紹介を受けたい対象疾患

 原則として入院患者さんが対象ですが、一部の患者さんは退院後、引き続き外来で経過を診させていただ

きます。外来初診の方の紹介に際しては、紹介状(診療情報提供書)を持参させてください。本院の他の診

療科に受診中の場合は、外来主治医より申込みをして外来初診(対診)の形を取ります。

 リハビリテーション科では、当院の入院患者さんを中心に、関連各科との連携を密にとりながら、骨関節

疾患、脳血管疾患、神経筋疾患、脊椎脊髄疾患、循環器疾患、心臓外科術後、失語症、構音発声障害などに

基づく障害の診断・評価・治療を行っております。急性期治療対象疾患につきましては、各関連診療科とご

相談ください。

117

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内