Table of Contents Table of Contents
Previous Page  131 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 131 / 156 Next Page
Page Background

救急・集中治療部

光学医療診療部

診療・業務内容

〈診療方針〉

 光学医療診療部は、内視鏡を使用した検査や治療を行う大学病院内の中央診療部門であり、その対象疾患は

多岐にわたります。

 消化器内視鏡検査は上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)といった一般的

な検査とともに、胆道膵臓系の超音波内視鏡検査、小腸疾患に対してはカプセル内視鏡検査、小腸内視鏡検査

なども行っています。また、他院で対処が困難であった内視鏡治療などにも対応しています。

 肺疾患の精査・治療のための気管支鏡検査も同診療部門で行っています。気管支鏡検査では通常の生検のみ

ならず、診断率向上のために縦隔リンパ節腫脹の確定診断等に対して超音波気管支鏡ガイド下針生検を、末梢

の小型腫瘤影の診断率向上を目的にガイドシース併用気管支腔内超音波断層法を用いています。

<検査・治療実績>

 消化器内視鏡検査は消化器内科および光学医療診療部医師が担当、気管

支鏡検査は呼吸器内科および呼吸器外科医師が担当しています。

 上部消化管内視鏡検査は年間約5000例、下部消化管内視鏡検査は年間約

2500例、気管支鏡検査は約250例で年間7500例程度の診断、治療を行っ

ており、年間200件ほど、施行件数が増加してきています。

診療内容・専門分野

<当院の特徴>

・早期癌 (食道・胃・大腸) に対する内視鏡治療

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を年間150例以上行っており、滋賀県でも有数の治療数を誇ります。

・小腸疾患の診断・治療

カプセル内視鏡やバルーン内視鏡など最新の診断・治療体制を整えています。特にクローン病の小腸狭窄に

対するバルーン拡張術は積極的に行っており、国内有数の症例数を誇ります。

・消化管出血の診断・治療

内視鏡的止血術のほか放射線科・外科・救急集中治療部とも連携を図り、病態にあわせた適切な治療を24

時間行える体制を整えています。

・薬剤抵抗性難治性逆流性食道炎の診断・治療

滋賀県下で唯一24時間食道pHモニタリング検査が可能な施設であり、酸逆流の程度を客観的に評価し適切

な治療方針の決定を行います。

・難治性気管支喘息の治療

複数の薬剤を使用しても症状がでる喘息患者さんに対して、滋賀県下で唯一気管支サーモプラスティを行っ

ています。

〈内視鏡検査を受けるには〉

 上部消化管内視鏡検査に関しては、地域連携室を通して予約していただくことが可能です。日本消化器内視

鏡学会専門医が検査・診断にあたり結果のご報告をさせていただきます。

上部消化管内視鏡検査以外の検査や、当院での精密検査・加療等を希望される場合には、消化器内科・呼吸器

内科・呼吸器外科の受診をしていただき、担当医とご相談ください。

患者さんから直接光学医療診療部への検査の申し込みは受け付けていませんのでご注意ください。ご不明な点

は地域連携室にご相談ください。

130

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内