Table of Contents Table of Contents
Previous Page  142 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 142 / 156 Next Page
Page Background

放射線部

輸血部

診療・業務内容

〈診療方針〉

 輸血部には、医師および臨床検査技師が配置されており、血液製剤の適正使用、輸血検査、血液製剤の管理

及び供給、自己血採血などの業務を行っています。

 血液製剤の管理では、コンピューターによる一元管理を行い、安全かつ効率的な血液製剤の供給を行ってい

ます。

 臨床面では、貯血式自己血採血や、各診療科からの輸血や化学療法に関する相談、血液疾患や固形腫瘍に対

する造血幹細胞移植、免疫療法におけるリンパ球採取などを行っています。また、日本骨髄バンク調整医師と

して、非血縁者間骨髄移植の骨髄採取及び骨髄移植に携わっています。

〈適正かつ安全な輸血医療を目指して〉

 輸血検査は、国内でいち早くガラスビーズ法による自動検査機器を導入し、時間外や休日においても精度の

高い検査結果を報告しています。2002年6月よりコンピュータークロスマッチを導入し、検査業務の省力化、

血液製剤準備時間の大幅な短縮、余剰な準備血液製剤の削減を実践しています。検査部の臨床検査技師と合同

で輸血業務の24時間体制を築き、適正かつ安全な輸血医療に努めています。

 また、2006年9月より輸血用血液製剤のオーダーリングシステムを導入し、ベッドサイドでは医療情報端

末を用いた確認照合システムを利用し、輸血過誤防止に努めています。

〈主な業務内容〉

血液型検査、不規則抗体スクリーニングおよび同定

交差適合試験

直接クームス試験

血液製剤保管管理および供給

自己血採取および保管管理

末梢血幹細胞採取および分離、保管管理

骨髄細胞の分離および保管管理

リンパ球採取

造血幹細胞の定量およびコロニーアッセイ

・クームス試験とは?

 赤血球の表面に異常な抗体が結合していないかを調べる検査で、輸血の前に行われる重要な基礎検

査の1つです。

・コロニーアッセイとは?

 造血幹細胞の分化・増殖などを調べるための検査で、定量的な評価を行うことができます。

141

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内