Table of Contents Table of Contents
Previous Page  144 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 144 / 156 Next Page
Page Background

栄養治療部

栄養治療部

診療・業務内容

〈栄養教育管理部門〉

栄養食事指導

 栄養教育として、入院・外来患者さんを対象に、生活習慣病をはじめとする各種疾患に対する栄養食事指

導を毎日個別に行っています。また、毎月2回の糖尿病教室(入院・外来)は医師、看護師、薬剤師など本

院の医療スタッフと共同して行っています。退院時には患者さんがスムーズに食事療法に取り組めるよう、

食事処方箋(レシピ)をお渡しすることもあります。

 また、患者支援センターを通じて、栄養指導の依頼も受け付けております。開業医の先生で、管理栄養士

による専門的な栄養指導を希望される場合には、ご利用いただくことが可能となっています。

市民公開講座

 年1回、滋賀短期大学と共催で一般市民の方を対象に実施しています。

本講演は2部構成になっております。前半は本院の医師・管理栄養士が

日常生活を健康で楽しく過ごすために必要な医療・栄養・健康・運動な

ど、生活に密着したテーマについてわかりやすく具体的に講演し、後半

は講演内容に準じた調理実習を行っています。

 現状の食生活を是正し、正しい「食習慣」を身につけていただき、生活習慣病をはじめとする慢性疾患の

治療、予防に役立てられることを願っています。

臨地管理栄養士実習施設

 滋賀県立大学をはじめ、県内外から管理栄養士の臨地実習先として8校を受け入れています。

〈栄養治療部門〉

栄養管理計画書

 栄養管理計画書は、入院患者さん1人ひとりについて適切に栄養状態を把握し、栄養計画の立案(入院時

の食事や経腸栄養剤の提案など)、評価、実施を行うために、およそ80%近くの入院患者さんに対して主に

管理栄養士が作成しております。入院時に栄養状態を評価することで、高度の栄養不良や治療により栄養状

態が悪化する可能性のある患者さんに対して栄養サポートを提案しています。また、栄養指導の必要な患者

さんに対して主治医に提案した上で栄養指導を行っています。

病院でのNST活動

 平成15年より栄養サポートチーム(NST)を稼働し、入院患者さんの栄養サ

ポートに積極的に関わっています。NSTは、医師・歯科医師・管理栄養士・看

護師・薬剤師・言語聴覚士・臨床検査技師・歯科衛生士、事務職員から構成さ

れ、各病棟のリンクナースも含めると約50名が参加しています。

 具体的には、入院患者さんの栄養状態を評価し、個々の病態にあった栄養治

療を主治医にアドバイスし、静脈栄養や経腸栄養におけるサポートなど、安全で質の高い栄養治療が提供で

きるためのチーム医療を推進しています。

 なかでも、滋賀医科大学NSTの特徴の1つは、間接熱量測定を用いて、エネルギー代謝の評価を実施し

ていることです。エネルギー消費量のほかに、炭水化物や脂質の消費量も算出することができます。人工呼

吸器管理中でも測定することができ、高度侵襲症例、低体温療法施行症例、炎症

性腸疾患、消化器癌、COPD、摂食障害、心不全などが対象疾患となっています。

個々の病態に応じたエネルギー投与量の設定に、極めて有用な方法です。また、

いろいろな病態のエネルギー代謝の変化についても知ることができます。

143

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内