Table of Contents Table of Contents
Previous Page  20 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 20 / 156 Next Page
Page Background

患者支援センター

検 査 項 目

月 火 水 木 金

注 意 事 項

上部消化管内視鏡検査

○ ○ ○ ○ ○ 注1 午前のみ実施

血圧脈波検査(ABPI)

○ ○ ○ ○ ○

ホルター型長時間心電図

○ ○ ○ ○ ○

長時間連続血圧心拍測定(ABPM) ○ ○ ○ ○ ○

断層心エコー(UCG)パルスドップ

ラー法加算

○ ○ ○ ○ ○ 注2 火・金 午後は小児対象

脳波(EEG)

○ ○ ○ ○ ○ 注3

聴性脳幹反応(ABR)*1

○ ○ ○ ○ ○

視覚誘発電位(VEP)*2

○ ○ ○ ○ ○

体性感覚誘発電位(SEP.SSEP)*3 ○ ○ ○ ○ ○

肺気量分画測定(VC)

○ ○ ○ ○ ○

フローボリューム・強制呼出曲線

(FVC)

○ ○ ○ ○ ○ 注4

機能的残気量測定(FRC)

○ ○ ○ ○ ○

指示ガス洗い出し(N2-wash out) ○ ○ ○ ○ ○

クロージング・ボリュウム(CV) ○ ○ ○ ○ ○

肺拡散能力検査(DLCO)

○ ○ ○ ○ ○

頸動脈エコー

○ × ○ ○ ○ ………午後のみ実施

携帯型呼吸モニター*4

○ ○ ○ ○ ○

注1 下部消化器内視鏡検査については、消化器内科受診をご指示ください。

注2 15才以下の方の断層心エコー検査については、小児科(心臓外来)受診をご指示ください。

注3 15才以下の方の脳波については、小児科(神経外来)受診をご指示ください。

注4 これらの検査は、レポートのみでのご報告となります。

*1 聴性脳幹反応(Auditory Brainstem Response, ABR)は外耳から音刺激を与えることによって得られる聴性誘発反

応の早期成分をとらえることにより、脳幹障害の診断・予後予測や意識レベルのモニターのために行う検査です。

*2 視覚誘発電位(Visual Evoked Potential、VEP)は網膜受容器に光刺激を与えたときに大脳皮質に生じる反応で、視

覚神経路障害の診断や半盲の診断の補助に利用できます。

*3 体性感覚誘発電位(Somatosensory Evoked Potential、SEP)と短潜時体性感覚誘発電位(Short latency

Somatosensory Evoked Potential, SSEP)は、刺激と反対側の大脳皮質感覚野直上の頭皮部分に最も魅了に出現す

る電位で、次のような疾患の診断に有用です。

  内科疾患:多発性硬化症、脳血管障害、糖尿病性神経障害、末梢神経障害など

  整形外科・脳神経外科疾患:椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、変形性頸椎症、脳腫瘍など

*4 携帯型呼吸モニターは、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome, SAS)などの睡眠時呼吸障害のスクリー

ニングに用います。

* 気管支鏡検査については呼吸器外科受診を、筋電図検査が必要な場合は神経内科受診をご指示ください。

* 運動負荷(トレッドミルテスト)については循環器内科(15才以下の方は小児科・心臓外来)受診をご指示ください。

検査項目

(検査部その他関係)

19

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内