Table of Contents Table of Contents
Previous Page  45 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 45 / 156 Next Page
Page Background

神経内科

神経内科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 神経内科は、脳卒中に代表される救急疾患から、原因や治療法がいまだ確定・確立していない、いわゆる

難病まで、神経系の疾患(精神疾患を除く)の診断と治療に携わる診療科です。

 診断・治療ともに困難であったこの分野でも近年目覚しい進歩があり、診断可能な、あるいは治療可能な

疾患が増えてきています。また、社会の高齢化とともに、脳卒中・パーキンソン病・認知症が増え、神経内

科に対する社会的ニーズも高まっています。これらの疾患に対して、早期診断・早期治療が欠かせません。

滋賀医大神経内科は、救急疾患から神経難病まで、あらゆる疾患を対象とし、高度な診断・治療技術だけで

はなく、患者さんお一人お一人のニーズに対するよりきめ細かな対応ができるよう、各地域の中核病院・診

療所・医院の先生方、在宅介護において主導的な立場であるケアマネージャー・訪問看護師・理学療法士・

ヘルパーの方々とも症例検討会をもちながら、相補的な診療を行っています。

診療内容・専門分野

◦脳血管障害(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)

◦神経変性疾患(パーキンソン病、ALS、脊髄小脳変性症など)

◦認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症など)

◦神経免疫疾患(重症筋無力症・ギランバレー症候群・多発性硬化症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎など)

◦てんかん

◦末梢神経障害(糖尿病や膠原病に伴うニューロパチーなど)

◦筋疾患(筋炎、筋ジストロフィーなど)

◦頭痛・めまい・ふらつき・しびれ等の初期診断

◦ボツリヌス治療対象疾患(顔面痙攣・眼瞼攣縮・痙性斜頸)

〈脳血管障害〉

 脳血管障害には脳に栄養を与える血管が詰まる「脳梗塞」と、血管が破れる「脳出血」に大きく分類され

ます。各々突然に、手足の麻痺や、しびれ感、言葉が喋りにくくなるなどの症状が出現します。直ちに診断

して、治療を開始することが必要です。当科では、脳神経外科講座と連携し、脳梗塞の超急性期の血栓溶解

の適応のある患者さんに線溶療法を行い、再開通しない場合はカテーテルを挿入して血の塊(血栓)を除去

するという血管内治療が速やかに実施できる体制を整えております。

 脳血管障害は高血圧や糖尿病、脂質代謝異常(高コレステロール血症など)を有する中年期以降に発症し

やすい疾患ですが、動脈解離という若年者に発症する血管障害は脳梗塞やクモ膜下出血を合併し、頭痛を伴

うことが特徴です。クモ膜下出血は動脈のコブである動脈瘤の破裂によって起こることも多いため、慢性頭

痛や時折のめまいといった症状の方は「かくれ動脈瘤や動脈解離」が潜んでいる可能性がありますのでMR

検査をお勧めします。

〈神経変性疾患(ALS、パーキンソン病、脊髄小脳変性症など)〉

 従来いわゆる「神経難病」と呼ばれてきた病気ですが、実はこの20年で最も進歩した分野です。ALSは全

身の筋肉が萎縮し、麻痺が進行する病気ですが、原因の全容解明が近い将来なされるでしょうし、進行を遅

らせる薬が新たに登場しています。パーキンソン病は動作が鈍くなり、手足の震えや、歩行時に足が前に出

にくくなる病気です。脳の「ドパミン」と呼ばれる物質が減少して起こる病気ですので、ドパミンを補充す

る治療が主体となります。年々新薬が開発されていますし、加えてリハビリテーションなどの非薬物療法も

お薬に劣らず有効であることも判明し、両者を上手に組み合わせることで、日常生活を送っていただけるよ

44

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内