Table of Contents Table of Contents
Previous Page  49 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 49 / 156 Next Page
Page Background

小児科

小児科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 新生児から思春期に至るまで、あらゆる年齢の小児を診療しています。各分野の専門医を擁し、最新かつ

高度な医療を実践しています。

〈外来について〉

 外来診療は月曜日から金曜日まで、総合外来と各領域ごとの専門医による外来(予約制)を開いています。

滋賀県内をはじめ近隣の医療機関から紹介され、高次医療を必要とする患児に対しては、24時間体制で受け

入れています。

〈入院について〉

 入院は、未熟児・新生児、血液・悪性腫瘍、神経、心臓、代謝内分

泌、腎臓、アレルギー、感染症などの各領域の治療だけではなく、心

臓カテーテル検査、腎生検、内分泌疾患の負荷試験など、検査のため

の入院も行っています。

 小児科病棟には院内学級(大津市立瀬田東小学校、同瀬田中学校)

が併設され、子どもたちに良好な教育環境を提供しています。病棟保

育士を配し、乳幼児の社会性発達にも配慮しています。

診療内容・専門分野

〈神経外来〉

◦てんかんなどの痙攣性疾患、脳炎、脳症、血管障害などの急性疾患、遺伝性脳変性疾患、神経筋疾患の診

療を行っています。

〈発達外来〉

◦主に、注意欠如多動症(ADHD)、自閉症スペクトラムなどの神経発達障害の診療を行う外来を設け、学

校や地域の発達支援センターと連携しています。

〈血液・腫瘍外来〉

 貧血、血小板減少症、血友病、各種出血性素因などの血液疾患から白血病、神経芽腫、横紋筋肉腫、軟部

組織肉腫、骨腫瘍、脳腫瘍などの悪性疾患まで幅広く診療しています。造血幹細胞移植、自己免疫疾患、各

種感染症などの診療も行っています。セカンドオピニオンも受付けています。

〈循環器外来〉

 先天性心疾患、不整脈、川崎病、心筋疾患(心筋炎、心筋症)の専門外来を開設しています。トレッドミ

ル(ルームランナー)、心エコー検査、心臓カテーテル検査も定期的に行っています。

〈新生児外来〉

 ハイリスク新生児のその後の発達、発育のフォローアップを行っています。

〈アレルギー外来〉

 気管支喘息、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどの治療を行っています。夏期には保護者の方々を対

象とした小児アレルギー疾患公開講座を行っています。

〈代謝・内分泌外来〉

 日本内分泌学会の認定教育施設となっており、広く内分泌・代謝疾患の診療を小児内分泌専門医が中心と

なって行っています。先天性代謝異常症のマススクリーニングで陽性となった新生児の精密検査や成長ホル

モン治療の指導も行っています。小児1型糖尿病ではインスリンポンプ療法やカーボカウントといった先端

小児科病棟

48

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内