Table of Contents Table of Contents
Previous Page  53 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 53 / 156 Next Page
Page Background

精神科

精神科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 厚生労働省は2013年より、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病に精神疾患を加えた5大疾病を地域医

療計画に盛り込む疾病として認定しました。精神疾患により治療を受けられる方が年々増加し、現在年間約

350万人、すなわち30-40人に1人の方が入院もしくは外来通院をされています。

 かつてクレペリンが、躁うつ病(双極性障害)、統合失調症、てんかんを三大精神病と呼びましたが、現在

ではこれに加えて認知症や不安障害(パニック障害、社交不安障害など)、強迫性障害、ストレス関連障害、

発達障害(注意欠陥多動障害、自閉症スペクトラム障害など)、依存症など様々な疾患が世間で知られるよう

になりました。特に自殺の増加が社会問題化している現状を見ても、精神疾患に対する医療の重要性が見て

取れます。

 当科ではこれらの精神疾患に対し、より充実した生活を取り戻すことができるように早期回復を目指して

います。

 精神疾患の初期症状として重要な睡眠障害に対する診療に力を入れ(睡眠学会認定施設Aを取得)、うつ病

に対しては標準的薬物療法に加えて修正型電気けいれん療法を導入し高い寛解率を誇ります。統合失調症に

対しては治療抵抗性統合失調症に対する治療薬クロザピン(商品名クロザリル)を使用できる滋賀県で数少

ない施設です。

 かつて精神疾患は治らないものと考えられてきました。しかし、現在では治療法も進歩し、早期介入でき

れば高い割合で治癒が望めるように変わってきています。発症してから治療に至るまでの時間が長いのが日

本の特徴ですが、皆さんが長い時間我慢しないで病院に来られるように、そして皆さんが治療を受けられた

ときにはできるだけ早く元の生活に戻れるように、スタッフ全員が努力しています。

 なお、他の医療機関では行えない高度な診断及び治療を行うために、新来患者さんに関しては完全予約制

を導入し、ご賛同いただける方には診断治療法の発展をめざした研究参加をお願いしております。予約のな

い場合には、診察をお断りする事があります。

診療内容・専門分野

〈気分障害〉

 うつ病や躁うつ病の生物学的な治療には、以下があります。

1.薬物療法

2.修正型電気けいれん療法

3.反復経頭蓋磁気刺激法(rTMS)

4.高照度光療法

 近赤外線光トポグラフィー(NIRS)を用いて精神疾患の

鑑別診断に役立てています。(入院のみ)

 平成24年度に60名の気分障害の患者さんが受診されまし

た。治療開始後6ヶ月で、52名(86.7%)は治療が終了、

寬解もしくは軽快されました。そのうち、発症前に職を有した23名のうち20名(87.0%)は復職されました。

〈統合失調症〉

 滋賀県内でクロザピン(商品名クロザリル)が使用可能な数少ない医療機関として登録されています。ク

ロザピンは治療抵抗性統合失調症に対して高い有効性が確認されている薬で、数種類の抗精神病薬を使用し

気分障害外来 復職率

87% 復職

〈気分障害に対する治療成績(平成24年)〉

52

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内