Table of Contents Table of Contents
Previous Page  75 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 75 / 156 Next Page
Page Background

呼吸器外科

〈縦隔腫瘍〉

 良性腫瘍が考えられる際は、胸腔鏡手術で低侵襲に手術を行っています。悪性が考えられる際は、CT下

生検など放射線科と協力のもと、できるだけ手術前に診断がつくよう考慮しています。診断により、手術

に先行して放射線治療や抗癌剤治療を行うこともあります。重症筋無力症に対する拡大胸腺摘出術も行っ

ています。

〈悪性胸膜中皮腫〉

 胸膜生検による診断はもちろん、県内最大の総合病院として手術治療(胸膜肺全摘術)や抗癌剤治療、放

射線治療など集学的治療を行います。

〈自然気胸/肺嚢胞性疾患〉

 肺から空気漏れを起こす気胸の治療については、若年者であれば原則として胸腔鏡下手術を行っています。

手術時に吸収性シートを使用することで再発防止などの工夫を行っています。通常、手術後2日目には退院

可能となっています。

 高齢者の肺気腫に伴う気胸については、患者さんのご病状により手術のみでなく胸膜癒着術など保存的な

治療も含めて治療をすすめています。

〈膿胸〉

 急性膿胸に対する胸腔ドレナージや胸腔内の洗浄だけでなく、慢性膿胸に対する全身麻酔下での膿胸手術

や膿胸開窓術も行っています。

〈胸部外傷〉

 救急部と連携し、交通事故による外傷性血気胸など胸部外傷にも対応しております。

〈手掌多汗症/上肢血行障害〉

 手のひらに大量の汗をかく手掌多汗症やバージャー病などによる手指冷感などに対して、胸腔鏡下胸部交

感神経遮断術などを行っております。最短で入院期間は2日間です。

〈漏斗胸〉

 県内に少数しかない漏斗胸手術可能な施設として、低侵襲かつ美容面にも優れたNuss法を用いて漏斗胸の

矯正を行っております。小学生など小児期の治療が基本ですが、一部の成人例も工夫を加えることで対応し

ております。

〈気管腫瘍/気管・気管支狭窄〉

 当院は呼吸器内視鏡学会認定施設であり、多数の専門医が診療に関わっています。良性・悪性などの気管

腫瘍に対するレーザー焼灼術、高周波治療はもちろん、気管および気管支狭窄に対して全身麻酔下に気道の

拡張やステント留置術を行っています。

・胸腔ドレナージとは?

 胸腔にチェストチューブと呼ばれる管を挿入し、胸腔に溜まっている空気や水・血液などを体の外に

排出する手技です。

・Nuss法とは?

 前もって形作った金属製のバーを漏斗胸の陥凹(かんおう)部

に通して180度回転させ、陥凹を改善する手術です。

・ステント留置術とは?

 気管・気管支にパイプを挿入して空気の通り道を確保する方

法です。

漏斗胸に対する矯正術

74

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内