Table of Contents Table of Contents
Previous Page  83 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 83 / 156 Next Page
Page Background

脳神経外科

臨床研究

〈後方視的研究〉

 当科ではカルテデータなどの既存資料を用いた観察研究を行っております。以下の表題の研究を行ってお

り、該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、研究課題詳細PDFに記載しておりま

す、個々の問い合わせ先にお申し出をいただきますようお願いします。

◦承認研究

承認年月 研究課題名

2012年3月

脳腫瘍に対する5-アミノレブリン酸(5-ALA)投与の、術中蛍光診断および腫瘍の蛍光可視化によ

る脳腫瘍摘出率向上の評価に関する研究倫理委員会承認番号:23-185-1

2012年7月

滋賀県地域医療再生計画(三次医療圏)による脳卒中診療連携体制整備事業による本学への滋賀脳卒

中データセンター設置及び脳卒中登録事業

倫理委員会承認番号:23-186-1

2012年12月

初発の頭蓋内原発胚細胞腫に対する放射線・化学療法第Ⅱ相臨床試験

倫理委員会承認番号:24-145

2013年3月

洗浄液の組成による慢性硬膜下血腫再発抑制の検討(前向き多施設研究)

倫理委員会承認番号:24-180

2013年4月

ステント支援脳動脈瘤塞栓術の効果と安全性に関する多施設共同前向き観察研究

倫理委員会承認番号:25-10

2013年4月

ステント支援脳動脈瘤塞栓術の効果と安全性に関する多施設共同前向き観察研究-抗血小板薬の効

果と画像所見

倫理委員会承認番号:25-11

2014年3月

未破裂脳動脈瘤のデータベース作成、および、前方視的追跡調査

倫理委員会承認番号:25-213

2014年3月

脳梗塞再発高リスク患者を対象とした抗血小板薬併用療法の有効性及び安全性の検討CSPS.

com(Cilostazol Stroke Prevention Study.Combination)

倫理委員会承認番号:25-205

2014年3月

脳機能部位近傍病変に対する脳神経外科治療に関する研究

倫理委員会承認番号:20-3-1

2014年12月

胚細胞腫の原因遺伝子の研究

倫理委員会承認番号:26-148

2014年12月

一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構)への手術・治療情報登録

における個人情報の取り扱いについて   倫理委員会承認番号:26-160

2015年2月

脳卒中急性期医療の地域格差の可視化と縮小に関する研究

倫理委員会承認番号:26-212

2015年6月

脳・脊髄腫瘍におけるmTOR の活性化に関する研究

倫理委員会承認番号:27-49

UMIN臨床試験ID:UMIN000018184

(http://www.shiga-med.ac.jp/hospital/doc/department/department/neurosurgery/files/1145.pdf

2015年9月

過灌流症候群高リスク例に対する頚動脈ステント留置術に関する後ろ向き研究

倫理委員会承認番号:27-96

(http://www.shiga-med.ac.jp/hospital/doc/department/department/neurosurgery/files/1174.pdf

2017年1月

炎症性脱髄性病変と脳腫瘍のMRI画像についての後ろ向き研究

倫理委員会承認番号:27-190

2017年1月

頭部外傷における血液データと予後の関連についての後ろ向き研究

倫理委員会承認番号:27-191

2017年3月

EDコイルComplexタイプ市販後調査

倫理委員会承認番号:28-205

特に紹介を受けたい対象疾患

◦脳動脈瘤の手術

◦脳動静脈奇形の手術

◦血行再建術

◦悪性脳腫瘍の集学的治療

◦各種良性腫瘍の手術

◦頭蓋底腫瘍の手術

◦間脳下垂体部腫瘍

◦機能外科(顔面痙攣、三叉神経痛など)

◦てんかんの手術

◦脊椎脊髄疾患の手術

◦先天性疾患の手術

◦血管内手術

◦内視鏡手術

◦高次脳機能検査(もの忘れ、認知症など)

82

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内