Table of Contents Table of Contents
Previous Page  85 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 85 / 156 Next Page
Page Background

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 当科では、中耳炎、咽喉頭炎(かぜ)や副鼻腔炎(ちくのう症)など一般的

な耳鼻咽喉科疾患から、難聴・耳鳴、めまい、アレルギー性鼻炎、顔面神経麻

痺、などの内科的疾患、耳鼻咽喉頭の腫瘍や甲状腺腫瘍を含む頭頸部腫瘍など、

耳鼻咽喉科全般について幅広く取り扱っています。聴覚、嗅覚、味覚、音声、

えん下などQOL(生活の質)に十分配慮した検査・治療体制を整えています。

頭頸部腫瘍のうち、舌癌や歯肉癌などの口腔癌も耳鼻咽喉科で取り扱う疾患です。

 研究面では上気道の免疫やアレルギーをテーマとしています。臨床面では中耳炎の手術療法や鼻アレル

ギー・慢性副鼻腔炎の治療、音声外科に関わる手術療法、頭頸部悪性腫瘍手術などで水準の高い治療を行っ

ています。

〈チーム医療〉

 悪性腫瘍症例は、医局員全員で検討を行った上で最適な治療法を決定し、手術・化学療法・放射線治療を

組み合わせた集学的な治療を行い、良好な成績を得ています。放射線科や形成外科、歯科口腔外科、消化器

外科など他科の医師との連携を生かしたチーム医療を行っています。

〈診療実績〉

 年間に約400~450件の手術を行っており、その内容は、中耳炎に対する鼓室形成術、人工内耳埋め込み術、

慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻副鼻腔手術、口蓋扁桃摘出術、顔面骨折整復術、声帯ポリープ切除術、甲

状腺・頭頸部腫瘍手術、悪性腫瘍摘出・再建手術など多岐にわたっています。

〈専門外来〉

 外来診療は、初診・再診外来とともに専門外来を設けて、手術や専門的な検査、長期間の経過観察などを

必要とする症例について、より高度な医療を実践しています。 以下の各専門外来にて、現時点で最高の医療

を提供できるように努めています。

◦難聴・めまい

◦慢性中耳炎

◦えん下

◦補聴器

◦音声

◦鼻副鼻腔・顔面外傷

◦人工内耳

◦甲状腺・頭頸部腫瘍 ◦嗅覚・味覚

◦アレルギー性鼻炎 ◦睡眠

診療内容・専門分野

〈中耳・内耳手術〉

 真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎に対する手術が中心ですが、他に耳硬化症、耳小骨離断、外リンパ漏などの

より高度な手術も行っています。耳漏停止、聴力改善を達成しつつ、入院期間も1~2週間と短いのが特徴

です。中耳炎手術の目的は耳漏の停止と聴力改善にあります。聴力改善手術の進歩により、100%近い耳漏

の停止と、中耳炎による伝音性難聴であれば、80%程度の割合で聴力改善が期待できるようになりました。

 また、両側高度感音性難聴に対する人工内耳埋め込み術も行っています。人工内耳埋め込み術と術後のリ

ハビリにより、それまで全く聞こえなかった人が聞こえるようになり、難聴者に大きな福音をもたらしました。

補聴器も役に立たない全ろうの難聴者が対象になり、すでに全国で数千人の人が手術を受けています。

84

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内