Table of Contents Table of Contents
Previous Page  99 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 99 / 156 Next Page
Page Background

眼科

眼科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 専門性の高い診療体制を整えるため、当科では、網膜硝子体疾患

や斜視・弱視、神経眼科疾患、緑内障の診療拠点として高いレベル

での臨床を行っています。

 また、白内障をはじめ眼科全般でも一般外来や各専門外来のス

タッフがきめ細かい対応を行い、高い実績をあげています。眼科手

術件数も年々増加しており、網膜硝子体手術、白内障手術、斜視手

術、緑内障手術を中心に年間で千数百件を実施しています。

 一般外来は紹介または予約患者さんを優先に診察しています。また、専門外来を開設し、予約制で診察し

ています。各診察ブースには多数のモニターを配しており、診察時にその日の検査結果や撮影画像などのデー

タを画面に提示しながら、よりわかりやすい外来診察を心がけております。

 また、光干渉断層計(SS-OCT)、Scanning Laser Ophthalmoscope

(HRA2)、超広角走査レーザー検眼鏡(Optos200Tx)、多局所網膜電図

(VERIS)、デジタル眼底撮影装置、角膜形状解析装置などの検査装置に加

え、手術用顕微鏡、硝子体手術装置、白内障手術装置、マルチカラーレー

ザー、光線力学療法用レーザーなどの治療に必要な装置を導入するだけで

はなく随時最新のものに更新することによってさらなる診療レベルの向上

を図っています。

専門外来

〈網膜硝子体外来〉

 糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑疾患(加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑上膜)などの網膜の病気を専門に診

る専門外来です。眼底カメラ、フルオレセイン眼底造影検査、インドシアニングリーン眼底造影検査、光干

渉断層計(OCT)、微小視野測定装置、多局所網膜電図(VERIS)などの最新の検査機器を用いて診断します。

 網膜剥離、糖尿病網膜症及び黄斑円孔や黄斑前膜などの黄斑疾患には、経験豊富な術者により多数の手術

を行っています。加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症などに対する抗VEGF(血管内皮増殖因子)療法や光線力

学療法(PDT)、糖尿病網膜症に対する光凝固も積極的に行っています。

 糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症などの網膜疾患に対しては、抗VEGF薬やステロイド薬を硝子体内に投

与する局所の薬物治療を行っています。

・抗VEGF療法とは?

加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫、近視性脈絡膜新性血管の発症にVEGFが関与してい

るといわれていますが、そのVEGFを抑える薬剤を眼球の中に注射する治療法です。病気の血管や網膜

の腫れが小さくなり、視力の維持あるいは改善が期待できます。

・光線力学療法(PDT)とは?

光に反応する薬剤を静脈に注射し、黄斑にできた病気の血管に薬剤があつまったところにレーザーをあ

てて病気の血管を小さくする治療法で、視力の悪化を防ぎます。

98

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内