• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

循環器内科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

スタッフ写真

 患者さん中心の開かれた循環器内科として、安全で質の高い専門医療を提供し、地域社会に貢献するとともに、積極的に新しい診療技術も取り入れています。

 具体的には、急性心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患、不整脈疾患、心不全、心筋症、弁膜症のほか、最近増加してきている閉塞性動脈硬化症、ならびに循環器疾患の最大の原因である高血圧性心疾患の診療です。

 救急医療については、急性心筋梗塞、急性心不全、心室細動、心肺蘇生例を救急部、集中治療室および心臓血管外科と連携して受け入れています。

不整脈診療

カテーテルアブレーション(高周波通電・ホットバルーン・クライオバルーン)

心血管カテーテルインターベンション(カテーテル手術)

 脚の血管から心臓に挿入した電極付きカテーテルで、不整脈の病巣となる異常な心筋を焼灼する治療です。不整脈専門医が集う施設のみで行われる高度な手術ですが、当院には平成6年(滋賀県下で最初)から20年を超える歴史があります。難しい症例も含め毎年約250例の手術を行っており、県下の病院では、トップの症例数を誇っています。
適応疾患としては発作性上室頻拍、心房粗動、心房頻拍、心房細動、心室期外収縮、心室頻拍、心臓手術後不整脈などがありますが、近年ではとくに高齢化社会を反映して、脳梗塞や心不全の主な原因とされる心房細動に対するアブレーション治療が急増しています。根治率は心房細動以外の不整脈で通常95~99%、治療の難しい心房細動でも75%以上と高率です。大きな合併症はなく、退院まで3~5日です。
また当院では、発作性心房細動のアブレーション方法として、従来法の高周波通電のほか、手術時間を短縮できる高周波ホットバルーン(熱焼灼)やクライオバルーン(冷凍焼灼)を導入しており、患者さんの多様なニーズに応えることができる体制となっています。

CARTO・NavX・ExTRa Mappingシステム

写真:マッピング・Carto・navxシステム

 平成12年、当院では全国に先駆けて、不整脈の起源をコンピュータ画面上に3次元表示できるCARTO(カルト)システムを導入し、平成24年からはNavX(ナビックス)という治療ナビゲーションシステムを導入しています。これらのシステムにより、不整脈の原因となる病巣を立体的に表示し、治療の指標とすることができるようになったことで、治療の有効性と安全性が大幅に向上しました。

さらに平成27年度からは、当科の芦原が発明して薬機承認されたExTRa Mapping(エキストラマッピング)という新たなマッピングシステムも導入しております。難治性の持続性(慢性)心房細動のメカニズムを瞬時に映像化できる世界初のシステムです。これまでとくに治療が難しいとされた長期持続性心房細動(1年以上持続する心房細動)に対しても、本システム導入後は、治療の安全性はそのままに、根治率が約30%から約75%にまで高まりました。現在、この治療を受けられるのは当院だけです。

携帯型イベント心電計・植込み型心電計(ICM)

 外来診療において、イベント心電計による不整脈の早期発見と治療評価を行っています。手軽に持ち運べるため、日常生活で動悸、息切れ、胸痛などを自覚したときに、自分で心電図を記録していただき、症状が心臓由来かどうかを診断します。
また、不整脈がごく稀にしか出現しなかったり、原因不明の失神から不整脈が疑われたりする場合には、植込み型の心電図を用いて診断することもあります。約3年にわたり不整脈を監視できる超小型の心電計です。

 

ペースメーカ(PM)・植込み型除細動器(ICD)・心臓再同期療法(CRT-D)・
超小型リードレス・ペースメーカ(Micra 経カテーテルペーシングシステム)

心血管カテーテルインターベンション(カテーテル手術)

 遅くなりすぎた不整脈を電気的な刺激により正常な脈を取り戻す「ペースメーカ(PM)」、心臓突然死に繋がる速くなりすぎた不整脈を自動検出して電気ショックで治療する「植込み型除細動器(ICD)」、心不全治療も行う「両室ペーシング機能付きICD(CRT-D)」(心臓再同期療法)を、前胸部の皮下や筋肉の中に植え込む手術を、年間100例ほど行っています。ICD・CRT-Dの手術数は県下で最多です。
遺伝性不整脈による失神後、心肺蘇生後、心筋梗塞後や心筋症による低心機能例など心臓突然死の危険性が高い場合には、予防的なICD植込みも行っています。
また、当院では平成29年度から最新型の超小型リードレス・ペースメーカ(右写真)の手術も始めました。体にかかるご負担や、感染などの術後合併症の大幅な低減が期待されます。
これらの治療は、当院のような不整脈治療デバイスの認定施設でしか行えません。手術時間は1~3時間で、退院まで数日~1週間です。その後は、当院の専門外来に数カ月おきに通院いただきながら、最適な状態を保てるようにしています。

不整脈症例に対する遺伝子解析(先進医療)

 QT延長症候群をはじめとしてBrugada症候群、カテコラミン誘発性多形性心室頻拍、不整脈源性右室心筋症などの遺伝性不整脈のほか、心室細動による心肺蘇生例の遺伝子解析を行っています。 症例は全国から送られてきており、2017年4月時点で4800例の検体が登録されています。不整脈領域では国内最大規模の症例を集積しており、診断や治療に繋がる情報を世界に向けて発信しています。

虚血性心疾患

心血管カテーテルインターベンション(カテーテル手術)

心血管カテーテルインターベンション(カテーテル手術)

 カテーテルインターベンションとは、胸を切らず局所麻酔でカテーテルという細い管を使って、血管を拡張する治療法です。
当院は日本心血管インターベンション治療学会専門医(指導医)が在籍する施設で、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患(冠動脈疾患)に対するカテーテルを用いた血管内手術を積極的に行っています。急性心筋梗塞や不安定狭心症などの救急疾患に対しては、24時間体制で治療を行っています。
従来、カテーテル治療は足の付け根の血管から行われていましたが、本院では多くのケースで手首の血管から検査・治療を行っています。これにより、長時間のベッド上安静が不要で、手術直後からの歩行が可能となるため、腰痛などをお持ちの方にも安心して検査・治療を受けていただけます。また、本院限定で使用可能なロータブレーター(冠動脈狭窄部拡張用ドリル)を有し、高度な石灰化病変にも対応しています。

閉塞性動脈硬化症(ASO・PAD)に対するカテーテルインターベンション(カテーテル手術)

写真:カテーテル手術・閉塞性動脈硬化症(ASO・PAD)

 足の血管・鎖骨下動脈・腎動脈などに対してもカテーテルを用いた血管内手術を数多く手掛けています。足の動脈が動脈硬化で狭くなったり閉塞すると、しばらく歩くだけで足の痛みやだるさを感じたり(間歇性跛行:かんけつせいはこう)、ひどい場合には足の指先や甲、かかとなどが黒く変色したり、小さな穴が開く状態(潰瘍)をおこします。強い痛みを伴う場合が多く、最悪の場合は、下肢を切断しないといけない状態になることがあります。
本院では、このような症状の患者さんに対してもカテーテルを用いた血管内手術を積極的に行い、他院では下肢切断を勧められた患者さんでも切断を回避できた経験を多数有しています。また、フットケアチーム(循環器内科・フットケア専門ナース・皮膚科・整形外科・糖尿病内科)による集学的診療を行っています。
※毎週月曜日の14:00~「閉塞性動脈硬化症専門外来」を開設しています。

320列マルチスライスCTによる心血管の動脈硬化症の診断

320列マルチスライスCTによる心血管の動脈硬化症の診断

 冠動脈CTとしては、64列CTが一般的ですが、本院では最新の320列マルチスライスCTを使用しています。64列CTと比較して、1度に心臓全体をスキャンできるため呼吸停止時間が短く、放射線被曝も極めて低減されます。ご高齢の方で、息止めが長くできない方でも良質な画像を得ることが可能です。
また、画像解析は専任の循環器専門医および放射線科医があたっています。心臓だけでなく肺疾患についても所見を提供しており、偶発的に肺がんが発見されるケースもあります。

弁膜症およびその他の疾患

大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)

 大動脈弁狭窄症は大動脈弁の開きが悪くなり血液の流れが妨げられてしまう疾患で、病状が進むと動悸や息切れなどの症状が現れ、重症になると失神や突然死に至る可能性もある疾患です。TAVIは、胸を開かず心臓が動いている状態でカテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に装着する治療で、体への負担が少ないのが特徴です。ご高齢のため体力が低下していたり、肺などの疾患などで外科手術のリスクが高い患者さんにとっての新しい治療法です。治療はハイブリッド手術室と呼ばれる最新の高機能の手術室において行っています。

閉塞性肥大型心筋症(HOCM)に対する経皮的中隔心筋焼灼術(カテーテル塞栓術)

 閉塞性肥大型心筋症(HOCM)は心室中隔の著名な肥大により心室内で圧較差を生じ、心不全や不整脈、突然死を来す疾患です。強い収縮期雑音、心不全症状などで発見されます。
本院ではHOCMに対して、心室中隔の一部を選択的に焼灼することで心室内圧較差を軽減させる経皮的中隔心筋焼灼術を行っており、非常に良好な治療成績をあげています。

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先