• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

人を対象とする医学系研究に関する情報公開について

臨床研究

加齢黄斑変性に対する治験

 加齢黄斑変性は加齢が原因で起こる眼の病気で、50歳以上の約1.2%(80人に1人)にみられます。日本人に多いタイプでは、脈絡膜から発生するもろく破れやすい新生血管が原因で発症します。日本では緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性に次いで視覚障害者手帳の交付原因疾患の第4位であり、高齢者の失明原因のひとつです。症状としては、ゆがんで見える、中心が暗く見える、ぼやけて見えるなどの症状があります。

現在最も多く行われている治療は、脈絡膜新生血管を成長させる物質(VEGF:血管内皮増殖因子)のはたらきを抑え、脈絡膜新生血管を消退させる薬剤を眼内に注射する「抗VEGF療法」です。当科では、加齢黄斑変性を対象とした新しい薬剤(眼内注射)の有効性、安全性を検証する治験の参加者を募集しています。参加いただくには基準があります。そのため、診察や検査結果によってはご参加いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

加齢黄斑変性に対する臨床研究

 加齢黄斑変性に対して現在、我が国で最も多く行われている治療は、脈絡膜新生血管を成長させる物質(VEGF:血管内皮増殖因子)のはたらきを抑え、脈絡膜新生血管を消退させる薬剤を眼内に注射する「抗VEGF療法」です。

加齢黄斑変性の患者さんの色覚を新しい検査機器を用いて評価する研究を行っています。

後方視的研究

 眼科ではカルテデータなどの既存資料を用いた観察研究を行っております。実施中の研究については、こちらより検索くださいますようお願いいたします。該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、研究課題詳細PDFに記載しております、個々の問い合わせ先にお申し出をいただきますようお願いします。

 


交通アクセス

外来受付時間

  • 医療の質についての指標クオリティ インディケーター
  • 人を対象とする医学系研究に関する情報公開について
  • 診療実績
  • 採用情報
  • 臨床研究支援スタッフ募集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 当院の特定看護師
  • 寄付のお願い
  • 病院敷地内は全面禁煙です
  • 本院は病院機能評価認定病院です