• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

医療機関の方へ

はじめに

 「無侵襲的出生前遺伝学的検査」は「新型出生前診断」や「NIPT:Noninvasive prenatal genetic testing」とも呼ばれる検査です。NIPTは出生前検査の一つです。母親の血液中には、胎盤由来の胎児のDNAの断片が含まれています。NIPTではこのDNA断片を調べることで21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー、13トリソミーの可能性を推定します。

検査について

本検査は診療の一環として行っております。
受検できる方は、以下のいずれかの条件に該当する方です。

  • 高年齢の妊婦さん
  • 21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーのお子さんを妊娠あるいは出産したことのある妊婦さん
  • 超音波検査などで、現在の胎児に対象疾患の可能性の上昇を指摘された妊婦さん

検査をご希望の患者さんへ

  • 確定診断検査ではありません。確定診断のためには羊水染色体検査が必要です。(羊水染色体検査は当院で実施可能です。)
  • 「出生前診断外来(遺伝カウンセリング)」はご自身および配偶者に相当する方お二人での来院を推奨しています。また、検査結果の開示の際には必ずお二人での来院をお願いしております。
  • 検査に関する費用はすべて自費診療で、健康保険は適応されません。費用は約220,000円です。確定診断検査(羊水染色体検査)が必要な場合は、別途料金が必要です。

予約方法

当院で妊婦健診を受けている妊婦さん

担当医に「出生前診断外来」希望をお伝えください。

他院で妊婦健診を受けている妊婦さん

病院間での予約システムを利用しておりますので、かかりつけの先生に滋賀医科大学医学部附属病院「出生前診断外来」の予約希望を伝えてください。

その他

  • NIPT以外の出生前検査全般に関するご相談も可能です。「出生前診断外来」へご相談ください。
  • 出生前検査をご希望の場合は、早めにご相談ください。検査によって対応可能な妊娠週数が異なります。妊娠16週を越えると対応が難しい場合があります。

ご紹介いただく先生へのお願い

出生前診断外来の予約は妊娠13週6日までを目安にお願いします。
当院の患者支援センターを通じて、予約をお願いします。

1.診察・検査依頼書と出生前診断外来紹介状(診療情報提供書)にご記入の上、FAXで送信してください。

FAX送信先
滋賀医科大学医学部附属病院 患者支援センター
077-548-2792(TEL.077-548-2515)

2.患者支援センターが予約日時を決定します。

3.患者さんに、予約日時をご説明頂き、予約票と出生前診断外来紹介状(診療情報提供書)をお渡しください。

 

※通常の紹介の流れは、紹介・診療予約の手順ページをご確認ください。

NIPT受検フロー
NIPT受検フロー