Shiga University of Medical Science >ENGLISH
国立大学法人:滋賀医科大学
大学紹介 講座・施設 入試情報 教育・研究 産学連携 国際連携 学生生活 附属病院
情報公開・広報誌
各種募集・採用情報
滋賀医科大学TOP > 大学紹介 > 理念、使命 > 大学院医学系研究科博士課程
TOPへ
理念、使命
 
大学院医学系研究科博士課程
教育目標
 大学院博士課程の目標は、豊かな学識と人間性を備え、医学の領域において研究者として自立して創造的研究活動を行うのに必要な高度の研究能力を修得し、医学の進歩と社会福祉の向上に寄与する人材を育成することである。


 講座紹介
 
 
3つのポリシー
 アドミッションポリシー(入学者受入方針)
求める学生像
    自立して創造的研究活動を行うために必要な研究能力と、その基盤となる学識および人間性を備えた者を求める。
入学者選抜の基本方針
    旺盛な創造的研究意欲を持ち、倫理観と使命感を持って医学医療の進歩・発展に寄与し、社会に貢献したいという意欲をもつ者。

 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)
    1専攻3コース(先端医学研究者コース、高度医療人コース、学際的医療人コース)とすることで、本学の
  すべての大学院担当教員による横断的で有機的な教育・研究指導体制とする。
1. 先端医学研究者コースでは、先端的で特色ある研究に触れる機会を設けるとともに、研究倫理の基礎や最先端の研究技法を習得し、自立して研究を遂行できる能力を養成する。
2. 高度医療人コースでは、臨床研究に重点を置き、医療倫理学や法制学を学び、医療現場でリーダーとして活躍できる能力を育成する。さらに専門医としてふさわしい医療技術を習得させ、専門医の資格取得を支援する。
3. 学際的医療人コースでは、医学に加え工学や理学等、学際的な知識と研究方法を教授し、産学連携の場で活躍できる能力を養成する。

 ディプロマポリシー(学位授与方針)
    博士課程では、 医学研究者としての十分な専門的知識と研究技術を持ち、自立して研究を遂行できる
  能力と医学倫理・生命倫理・研究倫理についての十分な知識を身につけていること。
    これに加え、コース毎に下記の能力を有することを修了の要件とする。
1. 先端医学研究者コースでは、専門的知識を持ち、国際的に活躍できる。
2. 高度医療人コースでは、専門医としてふさわしい知識と医療技術を持ち、医療現場でリーダーとして活躍できる。
3. 学際的医療人コースでは、医学と他分野を融合する学際的知識と研究能力を備えている。

 
Page Top
 
 
交通・アクセス キャンパスマップ お問い合せ先 サイトマップ このサイトについて
  Copyright(C)2005 Shiga University of Medical Science All Rights Reserved.
>附属病院へお越しの方はこちらへ