Shiga University of Medical Science >ENGLISH
国立大学法人:滋賀医科大学
大学紹介 講座・施設 入試情報 教育・研究 産学連携 国際連携 学生生活 附属病院
情報公開・広報誌
各種募集・採用情報
滋賀医科大学TOP > 大学紹介 > 理念、使命 > 大学院医学系研究科修士課程
TOPへ
理念、使命
 
大学院医学系研究科修士課程
教育目標
 本学大学院修士課程看護学専攻は、21世紀における社会の健康問題に関連した多様な要請に斬新的・創造的かつ先駆的に対応するため、滋賀県で最初に設置された看護系高等教育機関である。
 本学がこれまでに蓄積してきた研究や教育のノウハウ、さらに看護実践の成果や医学部看護学科ならびに附属病院と関連施設の教育資源を活用して、高度で先進的看護サービスを支える確かな専門的知識と看護技術をもつ優れた看護ケアの専門家、教育者及び研究者を育成し、実践と研究を通して看護学の発展に寄与することを目標としている。

 上記の目標を基盤に、人間の尊厳や権利を尊重しながら、その存在を自然・社会・生活環境との関係において捉え、個人あるいは集団に有用かつ効果的な看護の理論と方法論を修得することで、国内はもとより海外においても活躍しうる人材の育成を目的とする。  
 また修士課程は、看護学の基礎を修めた者がさらに広い視野に立って専門分野の学識を深め、科学的思考能力や問題解決能力、基礎的な研究能力及び看護実践、看護教育、看護管理、看護行政等における指導能力を養うことを目的としている。

 専門科目及び共通科目における講義、演習、臨地実習ならびに特別研究を通して、以下の能力を養う。
1) 看護における知識や技術及び倫理を、科学的な根拠をもって各専門領域の看護実践に応用することができる。
2) ヘルスケアシステムの中で、看護実践及び看護管理に関する高度な専門知識と技術を発揮することができる。
3) 保健・医療・福祉の専門職との協働において、看護専門職としての意志決定と主体的行動が執れるとともに、様々な状況においてリーダーシップを発揮することができる。
4)

看護教育の理念と方法に関する高度な知識と技術を修得し、看護の専門性に誇りをもちながら優れた教育活動を実施することができる。

5) 看護上の問題を見出し、主体的・創造的に研究活動を推進することできる。
6) 新たな看護技術を開発し、また看護倫理を検証することにより、臨床へ応用することができる。
7) 複雑で多様な人々の健康問題に柔軟に対応し、学術的及び国際的に活躍することができる。
 
 講座紹介
 
3つのポリシー
 アドミッションポリシー(入学者受入方針)
求める学生像
    健康科学分野での教育・研究者や先進的なヒューマンケアサービスを提供する専門家としての資質を有する者を求める。
入学者選抜の基本方針
    問題解決能力や倫理性を備え教育・研究者を目指す者、あるいは豊富な実践経験を持ち高度専門職を目指す者。

 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)
    1専攻2コース(教育研究コース、高度専門職コース)を設けることで、看護学の新たな知見の構築と
  看護職の教育を担いうる教育・研究者ならびに高度で先進的看護サービスを支える確かな専門的知識と技
  術をもつ優れた看護ケアの専門家を育成する。
1. 教育研究コースでは、基本的及び最先端の研究方法の教授に加えて、複数教員指導制による研究課題についての講義・演習・討論を行い、創造的な研究能力や国際的活動力を養成する。
2. 高度専門職コースでは、講義、演習、特別研究ならびに臨地実習を通して、問題解決能力、看護実践における指導能力、科学的根拠の実践への応用力を育成し、看護の現場でリーダーとして活躍でる能力を養成する。

 ディプロマポリシー(学位授与方針)
    修士課程では、看護学研究者としての十分な知識、研究技術および研究倫理を身につけていること。
    これに加え、コース毎に下記の能力や姿勢を有することを修了の要件とする。
1. 教育研究コースでは、新たな研究課題を見出す能力を有し、健康科学分野において基本的な研究手法を理解し実行することができる。さらに保健・医療・福祉分野の課題における自身の専門領域の位置けを理解し、社会に貢献しうる知見の構築を行うことができる。
2. 高度専門職コースでは、看護職としての十分な知識に基づいて実践的課題を見出す能力を有し、その解決のために必要な方法を理解し実行することができる。さらに社会が求める保健・医療・福祉分野の課題における自身の専門領域の位置づけを理解し、高度な看護実践を提供することができる。

 
Page Top
 
 
交通・アクセス キャンパスマップ お問い合せ先 サイトマップ このサイトについて
  Copyright(C)2005 Shiga University of Medical Science All Rights Reserved.
>附属病院へお越しの方はこちらへ