• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

滋賀医大の特色ある医療

がんゲノム医療とは

 ゲノムとは、からだの細胞が持っている、遺伝子をはじめとした遺伝情報の全体を意味します。がんは、何らかの原因で遺伝子に変化が起きた結果、細胞が無秩序に増えることによって起こる病気です。変化を起こした遺伝子の種類によって、がん細胞の特徴や治療薬の効果が違うことなどが分かってきています。がんゲノム医療とは、がん細胞の遺伝子の変化を調べることで、患者さんのがんの特徴を知り、その特徴に応じて、患者さんにより適した治療法を見つけようとするものです。

がん遺伝子パネル検査について

がん遺伝子パネル検査で分かること

 「がん遺伝子パネル検査」では、対象となる患者さんに対して、1回の検査で、がんに関わる100種類以上の遺伝子の変化を調べます。もしも、遺伝子の変化が見つかれば、その結果に応じて、効果が期待できる治療薬や臨床試験の情報を得られる可能性があります。ただし、これまでの研究データでは、本検査の結果に基づいて、新たな治療を受けた患者さんは10%程度と言われています。検査を受けても、遺伝子の変化が見つからない場合や、遺伝子の変化が見つかっても、それに合う治療薬がない場合もあります。

 また、検査を受けた方の3~5%程度で遺伝性腫瘍(生まれつきがんに罹りやすい体質)に関わる遺伝子の変化が見つかることがあります。その場合、血縁者(親、子、きょうだいなど)も同じ遺伝子の変化を持つ可能性があります。

当院で実施しているがん遺伝子パネル検査

 当院では現在、保険適用となったがん遺伝子パネル検査を実施しています。
現在、下記の2つのがん遺伝子パネル検査が保険適用となっています。

OncoGuideTM NCCオンコパネル

 がんに関連した114種類の遺伝子の変化を、がん組織と血液で調べます。血液検査で遺伝性腫瘍に関連した遺伝子の変化が分かることがあります。

FoundationOneTM CDXがんゲノムプロファイル

  がんに関連した324種類の遺伝子の変化を調べます。がん組織の検査のみで、血液検査はありません。

対象になる方

 下記1と2の両方を満たす方が対象になります。

  1. 下記いずれかの診断を受けた方
    • ・現在、からだにがんがあり、標準治療が終了になった(あるいは終了が見込まれる)固形がん(血液のがんは除く)の方
    • ・原発不明がん(がんの転移巣が先にみつかり、もともとの発生臓器が分からないがん)の方
    • ・標準的な治療法が確立されていない希少がん(患者数が少なく稀ながん)の方
  2. 全身状態や臓器の機能などから、本検査の結果を受けた後で、薬物療法が実施できると主治医が判断した方

 

検査費用について

 当該検査につきましては、保険適用となっております。「限度額適用認定証」をご提示いただきますと窓口負担額が軽減されます。
 詳しくは下記お問い合わせ先、もしくは病院窓口にてお尋ねださい。


 ※ほかに診察料(初診、再診)がかかります
 ※検査結果で有効な治療情報が得られなかった場合でも、検査費用はお支払いただきます
 ※遺伝性腫瘍が見つかった際の遺伝カウンセリング費用は別途必要です

当院のがんゲノム医療の診療体制

中核拠点病院と連携しています

 当院は、がんゲノム中核拠点病院である京都大学医学部附属病院と連携してがんゲノム医療を行う「がんゲノム医療連携病院」に指定されています。

エキスパート(専門家)と連携しています

 がんゲノム医療には、がん薬物療法専門医、がん治療認定医、病理専門医、臨床検査技師、薬剤師、看護師、がんゲノム研究者など、多くの専門家が関わっています。

患者さん・ご家族へのサポート体制があります

 検査実施までのお手伝いや検査結果が出るまで、あるいは結果が出てからも患者さん、ご家族のご不安な気持ちに寄り添いサポートする体制が整っています。
 また、当院の臨床遺伝相談科(遺伝相談外来)では、臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーによる遺伝性腫瘍に関する遺伝カウンセリングをおこなっています。

がん遺伝子パネル検査の流れ

受診手続き

検査を受けてみたい、専門家に詳しい話を聞きたいと思われたら、まずは主治医とご相談の上、当院の腫瘍内科がんゲノム外来の診察予約をお取りください。

当院受診中の方

担当医師にご相談ください。

他院から検査を希望される方
担当医師に相談後、医療サービス課
地域医療連携係を通して、当院「腫瘍内科
がんゲノム外来」の受診予約手続きを
してください。

検査の説明

腫瘍内科がんゲノム外来の医師より、がん遺伝子パネル検査についての説明を十分に受けた上で、検査について同意をいただきます。

検査に用いるがん組織の準備

がんと診断されたがん組織が、すでにある場合は、そちらを利用します
もしも、保存されているがん組織が検査に使用できない場合(3年以上前に採取されたがん組織、小さながん組織、がん細胞が少ないがん組織などの場合)には、新たにがん組織の採取(生検)が必要になる場合があります。

検査の種類により採血も必要になります。

検査の実施

検査会社に検体(がん組織や血液)を送り、検査会社が遺伝子の変化を解析します。検査会社から返ってきた結果を、がんゲノム医療に関わる多職種の専門家からなる「エキスパートパネル」という検討会で、適切な治療薬の有無や適応の可能性について検討します。

結果の説明

検査の担当医師より検査結果の説明をいたします。

※検査が順調に進んだ場合、検査に出してから結果の説明まで、約1か月半から2か月の時間がかかります

検査をご希望される方へ

検査をご希望の患者さん
こちらをご覧ください。

医療関係者の方
こちらをご覧ください。

よくあるご質問

Q:がん遺伝子パネル検査を受けたいのですが、どのような手続きが必要ですか?

 

 

Q:検査を受けた方が良いかどうか分からないのですが、検査について詳しく聞いたり、相談するだけでも受診できますか?

 

 

Q:家族のみでも受診できますか?

 

 

Q:保険でできるがん遺伝子パネル検査にはどういったものがありますか?

 

 

Q:検査の対象となるがんの種類は決まっていますか?

 

 

Q:検査には何が必要ですか?

 

 

Q:検査結果が分かるまでには、どのくらいの時間がかかりますか?

 

 

Q:検査で薬が見つかる可能性がどれくらいですか?

 

 

Q:検査結果で有効な治療法が見つかった場合には、どこで治療を受けられるのですか?

 

 

※そのほか、下記もご参照ください。

リンク:国立研究開発法人国立がん研究センター 中央病院HP がんゲノム医療 
よくある質問

https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/genome/050/index.html

お問い合わせ先

  • 【連絡先】
    滋賀医科大学医学部附属病院
    がん患者支援センター
    月~金(祝日除く) 9時~17時
  • 【電話】
    077-548-2859


交通アクセス

外来受付時間

  • 医療の質についての指標クオリティ インディケーター
  • 人を対象とする医学系研究に関する情報公開について
  • 診療実績
  • 採用情報
  • 臨床研究支援スタッフ募集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 当院の特定看護師
  • 寄付のお願い
  • 病院敷地内は全面禁煙です
  • 本院は病院機能評価認定病院です