本文のみ印刷する

 ホーム  >  サポート  > セキュリティ  >  Windowsアップデート

Windowsアップデート

2017年10月のWindowsセキュリティ更新プログラム、「緊急」含む更新あり

 

注意アップデートによって発生したいかなる不具合・損害等についてもマルチメディアセンターは責任を負いません。

 

  1. 対象範囲
  2. 関連リンク
  3. 想定し得る危険性
  4. 対策手順

 

対象範囲

学内LAN利用者

院内LANに接続のコンピュータ、およびマルチメディアセンター内に設置のコンピュータは対象外ですのでご注意ください。

 なお、業務用サーバについてはベンダーに確認の上、対処くださいますようお願いいたします。

このページの先頭へ

 

脆弱性の評価について

深刻度評価システムでは、コンピューターの脆弱性を「緊急」「重要」「警告」「注意」の 4 段階で評価されています。

このページの先頭へ

 

関連リンク

2017.6.19更新

このページの先頭へ

 

想定し得る危険性

このセキュリティホールには、細工が施されたWebページやHTMLメールを閲覧しただけで被害に遭う(ウィルスを実行させられる)問題が含まれています。被害を受けた場合、データを破壊される・機密情報が漏えいする・遠隔からコンピュータを操作されるといった危険性があります。

このページの先頭へ

 

対策手順

Microsoft Update または、Windows Update を実施してください。
(参考ページ:Microsoft Security ホーム(Microsoft)新しいウィンドウで開く外部リンク

 

※シャットダウン時に「更新後、シャットダウンする」を選択して、パソコンをそのままにして帰宅され、出勤するとパソコンが正常に動作しないというトラブルが発生しています。
Windows Updateを行う時は、パソコンから離れずに更新を行い、更新終了を確認してください。

Microsoft Updateの実施方法
Windows Updateの実施方法

「スタート」 → 「すべてのプログラム」 → 「Windows Update」

※「すべてのプログラム」に「Windows Update」がない方

「スタート」 → 「コントロールパネル」

→ 「セキュリティ」を含む項目、または「システム」を含む項目など

→ 「Windows Update」を含む項目

(環境によって項目名が異なります)

 

WindowsUpdateが初めての方は次のURLを参照してください。

 

リンクWindows 10 - Windows Update を手動で実行する方法新しいウィンドウで開く外部リンク

リンクWindows 8でのWindows Update新しいウィンドウで開く外部リンク

リンクWindows 7でのWindows Update新しいウィンドウで開く外部リンク

 

このページの先頭へ