文部科学省 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン「高度がん医療を先導するがん医療人養成」

多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プランは、文部科学省が医学部医学科を置く国公私立大学を対象に、大学間の連携による「がん医療人材養成拠点」において、各大学の特色を生かした教育プログラムを構築し、がん医療の新たなニーズに対応できる優れた「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」を養成する取組に対し、財政支援を行うもので、平成29年度から新規に設けられました。今回、京都大学と本学、三重大学、大阪医科大学、京都薬科大学が共同で申請したプログラムである「高度がん医療を先導するがん医療人養成」が採択されました。同プログラムは、各大学がそれぞれの個性や特色、得意分野を活かしながら、相互に連携・補完して教育を活性化し、高度ながん医療、がん研究等を実践できる優れたがん専門医療人の養成を目指す教育プログラムです。本学では、がん専門医療人養成コースを開設しています。