コース概要

がん専門医療人養成コース

 本コースは、医学系研究科(博士課程)医学専攻の中に設置されており、5コースに分かれています。

がん専門医療人養成コース

先進的がん医療開発と個別化医療を担うゲノム医療従事者養成コース (責任者:醍醐 弥太郎教授)

 がんゲノム医療に精通したチーム医療を担う医療従事者(医師、医療スタッフ等)であるとともに、ゲノム情報を用いたがんの薬物療法や緩和ケア等及び先進的がん医療開発に従事できる高度かつ学際的能力を備えた人材を育成する。

ゲノム情報に基づく個別化がん薬物療法を担う薬剤師養成コース (責任者:森田 真也教授)

 ゲノム情報を適切に解析し、個々の患者に合わせて最適な薬物及び投与量を決定する個別化薬物療法へ向けて臨床応用することができる薬剤師を育成する。

小児血液がんの診断法・治療法開発を担う医療従事者養成コース (責任者:丸尾 良浩教授)

 小児血液がんにおける、最新の診断法と最新の治療を熟知し、それを基にして、さらなる小児血液がんの治癒生存率の向上、晩期合併症の軽減をはかるための、新規診断法の開発や、効果的な治療法の開発を遂行できる医療人を育成する。

ライフステージに応じたがん集学的治療と全人的診療を担う医療従事者養成コース (責任者:谷 眞至教授)

 ライフステージに応じた、基礎・臨床腫瘍学の概念を習得し探究する視点と技術を備えるとともに、遺伝性疾患の理解や社会医学と他領域の知識を兼ね備えた全人的医療を行う人材を育成する。

地域の放射線治療を支える医療従事者養成コース (責任者:渡邉 嘉之教授)

 基礎的な放射線治療法に習熟しているばかりでなく、定位放射線治療、強度変調放射線治療などの高度放射線治療にも対応できる高い知識と技能を持った放射線治療医、及び地域医療機関での放射線治療の質的向上のために、他職種とのチーム医療や教育にも熱意と能力を持った医療人を育成する。


インテンシブ・コース

 ライフステージに応じた包括的・全人的がん医療を担う医療従事者養成コース(インテンシブコース)、ゲノム情報に基づく個別化がん薬物療法を担う薬剤師養成コース(インテンシブコース)、ライフステージに応じた集学的医療における放射線治療を担う医療従事者養成コース(インテンシブコース)の3コースがあり、大学で実施する各コース関連のセミナー等を受講することができます。受講希望者は、滋賀医科大学学生課大学院教育支援係(お問い合わせ先参照)にお申し出ください。