活動と実績

教育プログラムの開発

臨床教育看護師育成プログラム

「臨床教育看護師」はジェネラリストを臨床で教育する役割を担います。本センターはH22年度より育成プログラムを開始しました。
このプログラムは、受講者条件を原則クリニカルラダーⅢ以上としているため、キャリア段階を初期1~5年、中期6~10年、後期11年目以上とすると、中期~後期のジェネラリストが受講します。受講者が、各自の実践や体験を他者との対話を通してリフレクションし、最終的に自身の看護実践から独自の持論や見解を抽出できるように、プログラムは経験から学習できる内容としています。受講者は自身から距離を置いて、今まで考えていたこと、思っていたことを問い直し、自身の課題や看護師として進む方向性を見出す機会になります。そして、それをすることであらためて、ジェネラリストが自身の実践を問い直すことの重要性と、その問い直しのサポートがジェネラリスト教育になることを受講者は認識していくことになります。
授業はプロセスレコードやロールプレイ、討議、ケースメソッドなどにより、批判的思考の滋養も目的に協調学習として行われます。

臨床教育助産師育成プログラム

平成24年度より、正常妊婦の妊娠中から分娩、産褥期および新生児を継続的にトータルケアし、かつ系統立てた助産師教育が実践できる臨床教育助産師育成を目的とした、臨床教育助産師育成プログラムを開始しています。

このプログラムは、臨床教育看護師育成プログラムと協同で開発されたもので、受講対象者も臨床教育看護師育成プログラムと同様の、原則クリニカルラダーⅢ以上の中期~後期の助産師としています。プログラムは、専門の異なる者が集うことの利点を活かせる授業が多いので、臨床教育看護師育成プログラムを受講する看護師と一緒の受講が多いですが、助産実習も組まれています。

  • 母子女性診療科外来にて妊婦健診および保健指導5例
  • 母子女性診療科病棟にて分娩介助3例
  • 上記外来および病棟にて継続事例1例

新人看護師教育プログラム

新人看護師教育プログラムは、安全な看護技術を提供できる臨床実践能力の育成、多重課題を抱えながら看護を安全に提供するための臨床実践能力の育成、職場適応のための精神的支援を目的として実施しています。各研修は1回20名程度の受講者とし、センター教員が継続的に担当しています。


新人看護師教育プログラムの中でも看護技術プログラムは、看護実践手順にそった基本型を反復練習し、原則を踏まえた看護技術の習得を目指す演習型研修が主になりますが、研修で与えられたテーマをグループで考える時間や、新人自身が実践している看護行為を自己内対話するためのリフレクションシートに記載する時間も組み込まれたものになっています。

看護技術項目は、インシデントの傾向、新人のアンケート結果や病棟の指導者たちの意見―慣れていない機器を使用する不安、実習では触れないが臨床ではすぐに必要な技術―などを参考にして、シンプルなプログラムを年度の前半に、複雑なものを年度の後半に組み込んでいます。新人看護師の看護技術習得には、集合研修としてのプログラムに加えて日々のOJT(on the job training)が特に重要であり、本センターは研修以外の病棟で行われる技術演習にも対応できるように、部署の新人教育担当者からの要望や相談をいつでも受け付け、連携を心掛けています。

また、多重課題を抱えながら看護を安全に提供する実践能力を育成するために、シミュレーション教育を取り入れています。看護職員は、複数の患者対応の中で、同時に発生する複数業務を安全にできるように優先順位を考えて行動する必要があります。新人看護職員は、シミュレーションでそのような場面を体験し、振り返りで体験したことの裏付けとなる知識と技術と態度を確認し、より良い行動へ変容させるトレーニングをします。

新人の精神的支援はリエゾン専門看護師が、新人看護師のアンケート調査やカウンセリングから新人看護師の傾向や新人看護師のニーズを判断し、それに対応したプログラムを開発・実施しています。

新人看護師教育プログラムの評価は、研修前後の小テスト、新人看護職員の研修目標達成度の自己評価、新人看護師のインシデント報告件数とインシデント内容、ストレス調査の結果、離職率、新人看護職員の意見、部署の新人教育担当者の意見などを分析しています。それらの評価を看護臨床教育センター運営会議、新人教育担当者会を通してさらに検討を加え、適宜プログラムの修正をしています。

② 教育指導者の養成

臨床教育看護師の養成

平成21年度より平成25年度までの5年間で、臨床教育看護師を各部署に2名程度(約25名)配置することを目標に、臨床教育看護師育成プログラムを実施しています。
また、平成25年度からは、学内のみならず学外の看護師の方も参加していただけます。

プログラムの進行にあたり本センターは、
1)受講者が受容され尊敬され支持されているという気持ちになれるよう学習する場の雰囲気をつくる
2)受講者のニーズや学習状況に応じたプログラムテーマの修正や内容の変更
3)受講者個々の学習状況に応じた個別的な支援
などを行っています。

臨床教育看護師養成の実施体制

臨床教育看護師養成の実施体制(学内用)
認定制度
応募資格
1)滋賀医科大学医学部附属病院看護部クリニカルラダーⅢ以上を取得している。
2)実践での教育に関心があり、学ぶ意欲がある。
3)所属部署看護師長の推薦がある。
4)臨床教育看護師認定後、原則3年間は滋賀医科大学医学部附属病院で貢献できる。
募集人員
10名
応募期間
平成29年3月1日~14日
応募方法
1)申し込み提出書類 (本学様式の書類は以下よりダウンロードしてください)
PDFアイコン臨床教育看護師育成プログラム受講申込書(本学様式) [PDF]
・クリニカルラダー認定書のコピー
PDFアイコン所属部署看護師長の推薦書(本学様式) [PDF]
2)提出先
看護臨床教育センター
認定
1年間の臨床教育看護師育成プログラムを受講後、1年間プレとして活動し、立案した部署の教育計画を実施・評価する。
認定条件は、課題レポートの評価がC以上であること。(評定はA・B・C・Dの4段階)
更新
1年毎の更新制とする。
更新条件は、部署の教育計画立案・実施とする。
認定後の活動
臨床教育看護師の教育活動
それぞれが所属する部署、および部署のジェネラリストに対する教育
大学看護学科学生に対する授業(演習)への参加
院内で行われる研修での教育
認定後の活動支援
臨床教育看護師の活動に対する支援
臨床教育看護師会、臨床教育看護師(プレ)会を定期的に開催し、センター教員とともに、教育活動報告、活動課題の検討を実施し、教育活動をピアサポートする。
臨床教育看護師養成の実施体制(学外用)
応募資格
1)看護師業務に従事し、実践で臨床教育に関心があり、学ぶ意欲がある者。
2)所属部署長の推薦がある。
3)プログラム修了後は、所属部署で貢献できる者。
募集人員
5名
応募期間
平成29年3月1日~28日
応募方法
1)申し込み提出書類 (本学様式の書類は以下よりダウンロードしてください)
PDFアイコン所属長推薦書(本学様式) [PDF]
PDFアイコン履歴書(本学様式) [PDF]
PDFアイコン臨床教育看護師育成プログラム受講申込書(本学様式) [PDF]
PDFアイコン誓約書(本学様式) [PDF]
・看護師免許証コピー
2)提出先
〒520-2192 滋賀県大津市瀬田月輪町 滋賀医科大学医学部附属病院 看護臨床教育センター
認定
1年間の臨床教育看護師育成プログラムを受講後、1年間プレとして活動し、立案した部署の教育計画を実施・評価すること。
課題レポートの評価がC以上であること。(評定はA・B・C・Dの4段階)

臨床教育助産師の養成

平成24年度より開始している臨床教育助産師育成プログラムは、学内のみならず学外の助産師の方も参加していただけます。

臨床教育助産師養成の実施体制(学内用)
認定制度
応募資格
1)滋賀医科大学医学部附属病院看護部クリニカルラダーⅢ以上を取得している。
2)実践での教育に関心があり、学ぶ意欲がある。
3)所属部署看護師長の推薦がある。
4)臨床教育助産師認定後は、所属部署で貢献できる者。
募集人員
2名
応募期間
平成29年3月1日~14日
応募方法
1)申し込み提出書類 (本学様式の書類は以下よりダウンロードしてください)
PDFアイコン臨床教育助産師育成プログラム受講申込書(本学様式) [PDF]
・クリニカルラダー認定書のコピー
PDFアイコン所属部署看護師長の推薦書(本学様式) [PDF]
2)提出先
看護臨床教育センター
認定
1年間の臨床教育助産師育成プログラムを受講し、立案した部署の教育計画を実施・評価すること。
課題レポートの評価がC以上であること。(評定はA・B・C・Dの四段階)
更新
1年毎の更新制とする。
更新条件は、部署の教育計画立案・実施・評価とする。
認定後の活動
臨床教育助産師の教育活動
それぞれが所属する部署、および部署の助産師に対する教育
潜在助産師の就労支援
大学の看護学科・助産科学生に対する授業(演習)への参加
認定後の活動支援
臨床教育助産師の活動に対する支援
臨床教育助産師会、臨床教育助産師(プレ)会を定期的に開催し、臨床教育助産師担当者とともに、教育活動報告、活動課題の検討を実施し、教育活動をピアサポートする。
臨床教育助産師養成の実施体制(学外用)
応募資格
1)助産師業務に従事し、実践で臨床教育に関心があり、学ぶ意欲がある者。
2)所属部署看護師長の推薦がある。
3)臨床教育助産師認定後は、所属部署で貢献できる者。
4)近畿圏内に在住している者。
募集人員
2名
応募期間
平成29年3月1日~28日
応募方法
1)申し込み提出書類 (本学様式の書類は以下よりダウンロードしてください)
PDFアイコン所属長推薦書(本学様式) [PDF]
PDFアイコン履歴書(本学様式) [PDF]
PDFアイコン臨床助産師育成プログラム受講申込書(本学様式) [PDF]
PDFアイコン誓約書(本学様式)
・看護師・助産師免許証コピー
2)提出先
〒520-2192 滋賀県大津市瀬田月輪町 滋賀医科大学医学部附属病院 看護臨床教育センター
認定
1年間の臨床教育助産師育成プログラムを受講後、1年間プレとして活動し、立案した部署の教育計画を実施・評価すること。
課題レポートの評価がC以上であること。(評定はA・B・C・Dの4段階)

③ 臨床教育支援のための環境整備

スキルズラボの整備・運営
シミュレータや医療用物品、講義用物品の管理
センター専属スタッフによる教育に関するコンサルテーション
センター長

看  護 部
准教授
講 師
副師長
 多川 晴美
 小野 幸子
 平岡 葉子


看護臨床教育センターの運営

教育・キャリアに関するコンサルテーションのご相談やご依頼は、看護臨床教育センターまでご連絡ください。

④ 人事交流

看護学科教員の臨床勤務

看護学科の看護教育をより洗練させるために、臨床と看護学科との交流を図りつつ、看護学科教員の看護技術の更新、および最新の高度な看護技術の修得を目的として、看護学科教員の一定期間の臨床勤務(年間30日以上)を実施しています。

臨床教育看護師・臨床教育助産師の、看護学科・助産科学生に対する臨床教育

臨床教育看護師・臨床教育助産師は、看護学科の演習に参加して臨床の知を伝授しています。

⑤ キャリア支援

キャリアカウンセリング

本センターは、看護部から独立した組織であり、相談者と直接的な利害関係のない教員が常在しておりますので、看護職員の皆様に相談しやすい環境として、看護職員からキャリアについての相談を受け付けています。また、男女参画推進室と協同のカウンセリングも行っているので、センター教員以外が、カウンセリングを担当することも可能です。

大学院進学に向けた支援

本学は、教育と臨床のユニフィケーションとして、大学院看護管理実践コースを看護学専攻高度専門職コースに「看護管理実践」を設置しています。センターは、このコースの入学条件である、日本看護協会認定看護管理者研修セカンドレベル修了者に大学院に、大学院への進学支援を広報します。また、すべての看護職員に対して、大学院への進学支援を広報・相談、進学後の相談にも応じます。

管理者対象の対話カフェ

管理者が部下のスタッフを支援しスタッフのやる気を促進する雰囲気を作り、働きやすい部署や質の高い看護を実践するためには、管理者自身にリフレクティブな思考実践が強く求められます。

管理者になると、組織の中の役割として、他者から意見してもらうことや同じ職位のつながりも希薄になってしまいます。自身の職務上の困難や問題に対して、他者とともに考える機会も非常に少なくなるので、自分で自身の行為を分析しなければなりません。とはいえ、私たちはそもそも他者との関係の中で自分にとって大切なものや自身の行為・態度の傾向性などが見えるものなので、同じ職位で同じ役割を担う人と話すことは、看護管理を実践する上に必要なリフレクティブな思考の滋養や、ちょっとしたことへの気づきにとても重要です。
管理者が組織からの評価を考えずにリフレクションの場としての対話カフェを、独立組織であるセンターがセッティングしています。

⑥地域医療への貢献

現在、滋賀県下の医療施設・教育施設に、その施設における臨床教育の支援を目的にプログラムを検討・実施しています。
すでに実施しているものと今後に実施を予定しているプログラムがありますので、実施しているプログラムへの参加を希望される方、またご質問がある方は、本センターにご連絡ください。

滋賀県下(学外)の新人看護職員研修

滋賀県下の施設に就職した新人看護職員の研修を、平成23年度より実施しています。

滋賀県下(学外)の看護師再就職支援研修

滋賀県下の潜在看護師の研修を平成23年度より実施しています。

滋賀県下(学外)の助産師キャリア支援研修

滋賀県下の潜在看護師の研修を平成25年度より実施しています。

滋賀県在宅看護力育成事業

看護学生が在宅看護学の習熟度を高める機会とするとともに、看護学生の地域医療への理解と関心を高め、在宅療養を担う実践力のある人材の育成と確保を目指すことにより、在宅看護活動の発展に寄与することを目的としており、平成27年度より実施しています。

   塩田学長からのお言葉

滋賀県糖尿病看護資質向上研修

平成22年度から滋賀県の委託を受け糖尿病看護資質向上研修を行っています。この研修は、県内看護師の糖尿病看護分野における臨床能力および多職種連携に関わる能力の向上、糖尿病看護の質の向上を目的としています。
  教育プログラム一覧へ

滋賀県下の看護師等養成所の専任教員フォローアップ研修会

平成24年度より開始しています。