留学生さんと、たこ焼きパーティーをしました

久々のブログ更新です。

先週の金曜日に、後期の精神看護学実習が終わりました。看護師長様をはじめ、ご担当いただいた実習指導者様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

さて、17日(月)に精神看護学の研究室では、マレーシアから来られた4名の留学生の方をお招きして、たこ焼きパーティーを行いました。

たこ焼きミックスやソースは、もちろんハラール認定のものを事前に取り寄せて、たこやチーズなどたこ焼きに必要なものは4回生のゼミ生が朝から買い出しに行ってくれました。

留学生の皆さんは、たこ焼きに興味津々。たこ焼きミックスや、ソースなどを写真に撮っていました。

最初はゼミ生が作り方や仕上げのソースなどお手本を示して、留学生の皆さんもたこ焼き作りにいざ挑戦!

たこ焼きを串でひっくり返すのが、皆さんとても上手でした。

大阪の某有名店のたこ焼きを食べたことがあるようですが、今回のたこ焼きは、それよりもおいしいと言ってました。

たこ焼きを食べたあとは、留学生の皆さんはお菓子を食べながらゼミ生と歓談。

留学生の皆さんは、「どこか駅近で回転寿司のお店がないか」ということを聞いていたようで、ゼミ生はスマホで検索。いろいろ日本の食文化を楽しまれているようでした。

最後に、みんなで集合写真を撮って、楽しいひと時を過ごしました。

終わった後、ゼミ室の中がごま油の香ばしい香りで充満していました(笑)

しかも、翌日にも残り香が・・・(笑)

 

 

2018年12月19日