教室紹介 

 超高齢社会の到来により、我が国における高齢者の健康問題は多岐にわたっています。
当教室は、高齢者のフレイルや老年症候群の予防、加齢に伴う健康問題について疫学的手法を用いて研究しています。これまでは、転倒予防やフレイル予防のための新たな予測因子を明らかにしてきました。今後の研究の方向性としては、これらの知見を重ねていくこと、さらにこれらの知見を日常のケア場面に反映させたfeasibility studyによる高齢者の健康及び生活の維持に対する看護介入の効果検証なども進めていきたいと思っています。
 また、高齢者診療における多職種連携の意義は大きいと考えています。研究においても、臨床看護師や他職種の方々の力を借りながら、横断的に研究を進めていきたいと思っています。
 私は2017年4月に当教室に着任しました。スタッフも若く発展途上の研究室ですが、論文を読みエビデンスを発見する面白さや研究を遂行していく中で種々の研究疑問が解決されていく面白さを共有しながら、楽しく研究を進めていければと思っています。 高齢者看護に興味のある方、また日頃の臨床での疑問を解決するための研究手法について学びたい方、当研究室で共に学んでみませんか。スタッフ一同、高齢者の健康問題や研究について、楽しくdiscussionできることを心より願っています

2017年8月吉日
滋賀医科大学 臨床看護学講座老年看護学
准教授 荻田美穂子

大学院(修士課程)受験希望の方へ→こちらへ

スタッフ

 

  准教授 荻田 美穂子

 

主な研究内容  

・フレイル、要介護予防に関する疫学研究
・高齢者の在宅療養移行支援に関する研究
・脳神経疾患患者の歩行障害、転倒に関する研究

 7年ぶりに滋賀に戻ってきました。研究の道を志したこの地で再び仕事ができることを大変うれしく思っています。日々幸せに老いる方法について考えています。

 

  助教 片寄 亮

 

主な研究内容 

・認知症及び認知機能低下予防に関する疫学研究
・地域在住高齢者における社会的健康の維持に関する研究

 熱帯魚の飼育が趣味で、特に淡水フグ(観賞用)が大好きです!!『観賞フグ愛好会』をいつでも開催する予定なのですが参加者が集まらないのが少し寂しいところです。熱帯魚に関する話がしたい方、観賞フグに興味がある方はいつでもご連絡いただけたらと思います!!

 

  客員助教 福井 香代子
  (京都認知症総合センタークリニック所属)


主な研究内容

・高齢者てんかんの看護に関する研究                   

 京都認知症総合センターに所属しています。日々、看護相談では個々の思いをお聞きし患者、家族に沿った看護を実践しています。当センターは研究機関という大きな役割をも担っています。滋賀医大で勤務した経験も生かし認知症予防の研究をともに進めたく当教室に仲間入りさせていただきました。私のセオリーは[臨床と研究をつなぐ人材になる]です。

大学院生

 

  M 2 岡本 智子

 

 臨床経験の中で高齢者看護に興味を持ち、看護研究を学びたいと思い大学院へ進学をしました。研究室の先生の指導を受けながら、研究の楽しさを学んでいきたいと思っています。よろしくお願いします

 

   M 1 金丸 恭子

 

 神経難病発症と栄養の関連についての研究に興味があり、滋賀医科大学で学ばせて頂いています。好きなものは乳製品です。北海道に行って搾乳したしぼりたての牛乳を飲んでみたいです。乳製品同好会メンバー募集中です。乳製品を飲食しながら楽しく語り合う会です。今の所メンバーは一人です。どしどしご参加お待ちしています。