本文のみ印刷する

 ホーム  >  各種サービス  >  多要素認証

多要素認証

2022年6月14日より、本学における情報セキュリティ対策強化の一環として、「Webメール(Active! mail)」および「e-Learning システム(Webclass)」への「学外」からのサインインに、「多要素認証」が必要となりました

 

「多要素認証」とは、ウェブブラウザ等を利用した各種システムへのサインインにおいて、 「ID+パスワード認証」に加え、「本人しか行えない追加の認証」 を行うことで、本人確認を厳格化するものです。

学内からは従来通りの「ID+パスワード」で、多要素認証は無し。

 

下記対象サービスを「学外」から使用される方は、本ページの手順に従い設定を行ってください。

学部学生(g.shiga-med.ac.jp)が対象となるサービス

  • e-Learningシステム(Webclass)

院生・教職員(belle.shiga-med.ac.jp)が対象となるサービス

  • Webメール(Active! mail)
    URLが変わります。詳細はこちらをご確認ください。
  • e-Learningシステム(Webclass)

 


 

  1. 多要素認証システムとは
  2. 多要素認証システム認証設定方法(学内またはVPNからアクセス下さい)
  3. 多要素認証システムアクセス(学外からのアクセス時に多要素認証が求められます。)
  4. よくあるお問い合わせ/Q&A

 

 

多要素認証システムとは

学外からWebMail/WebClass 利用時に通常の ID 、パスワードのほかに追加の認証を行うものです。
少なくとも1つの認証方式で多要素認証を登録してください。
リンク多要素認証システム概要(PDF)
リンクMulti-factor authentication System Overview(PDF)

認証方式 説明 利用デバイス
【推奨】TOTP認証(ワンタイムパスワード) スマートフォン/タブレット/PCのアプリからワンタイムパスワードが発行され、そのコードを入力して認証する スマートフォン/タブレット/PC
FIDO認証

多要素認証システムに自分のスマートフォン/タブレットを登録し、端末の指紋認証や顔認証を利用する

※VPNからのアクセスでは設定できません。学内にて設定をしてください。

スマートフォン/タブレット
イメージングマトリクス認証

毎回ランダムな並びで画像が表示されるので、事前に自分で決めた画像を順番に選択する

PC

 

詳細は下記項目をクリックしてご確認ください。(図はクリックで拡大します。)

TOTP認証(ワンタイムパスワード)とは リンク

 

FIDO認証とは リンク

 

イメージングマトリクス認証とは リンク

 

このページの先頭へ

 

多要素認証システム認証設定方法(学内またはVPNからアクセス下さい)

※VPNからのアクセス方法については以下をご参照ください。

注意:FIDO認証については、VPNからのアクセスでは設定できません。学内にて設定をしてください。
リンク認証設定画面へのVPNからのアクセス方法(PDF)
リンクMulti-factor authentication System How to access using VPN(PDF)

  1. 【推奨】TOTP認証(ワンタイムパスワード認証)設定にPCまたはスマートフォン・タブレットが必要
  2. FIDO認証(VPNアクセスからの設定不可)設定に【生体認証設定をしている】スマートフォン/タブレットが必要

    ※使用するスマートフォンやタブレットが指紋認証や顔認証などで開く設定をしている必要があります。 パスコード・パターンによる認証設定のみでは使用できません。

  3. イメージングマトリクス認証設定にPCが必要
  4. 多要素認証設定方法解説動画
    ※2022年4月14日に開催した多要素認証使い方セミナーの資料及び設定方法解説動画を掲載したWebclassコースです。


このページの先頭へ

 

多要素認証システムアクセス(学外からのアクセス時に多要素認証が求められます。)

  1. Active Mail (対象:大学院生・教職員)
    ※ブックマークのURLが「medmail」になっている場合は、下記のURLに変更してください。

  2. WebClass (対象:学部学生・大学院生・教職員)

このページの先頭へ

 

よくあるお問い合わせ/Q&A


※多要素認証のサポートについては、マルチメディアセンターカウンター、電話、メール等で対応させていただきます。

このページの先頭へ